カワトンボの翅が開く。

今日は梅雨の晴れ間。天気予報によると明日から暫くの間、梅雨らしい雨が続くとの事。その間はお散歩も叶わない為、親子3人で近くの公園へ出掛けました。すると、いつも休憩をするベンチの近くで、黒っぽいカワトンボがひらひらと近付いて来ました。

 

↓ 『ミヤマカワトンボ』です。

f:id:kuksa:20170624214848j:plain

 

カワトンボの仲間は皆、しゅっとした姿が特徴的です。トンボらしいトンボと言えば『オニヤンマ』や『シオカラトンボ』ですが、カワトンボの仲間も魅力的です。そして、ふと気になった事が…それらの〝トンボらしいトンボ〟は翅の模様が見やすい状態でとまりますが、カワトンボの仲間はぴったりと翅を閉じた状態でとまります。となると、開いた姿が見たくなり、そして模様が気になりました。

 

↓ 少し待っていると、開いてくれました!『ミヤマカワトンボ』は開いても目立つ模様がありませんでしたが、きちんと見る事が出来て満足です。

f:id:kuksa:20170624215144j:plain

 

ベビーちゃんにも「トンボを見せてあげよう!」と思い、肩にとまらせてみましたが、全く興味無しで冷たい反応…。それを知ってか、トンボもまたひらひらと飛んで行ってしまいました。

更にお散歩を続けていると、何だか手に当たった物が!ちょっと湿気た様なこんにゃくの様な謎の感触の物でした。何だろう?と辺りを見回してみると…

 

↓ 当たった物が落ちた場所に『トノサマガエル』がいました。何て珍しい事でしょう?お散歩中に手とカエルの接触事故が発生したのです。私はカエルが大好き、だからこそ大丈夫でしたが、一般的な方からすると最悪の事故だと思います。

f:id:kuksa:20170624220606j:plain

 

お散歩をしていると、生き物の他にも沢山の植物と出会う事が出来ます。そんな植物の中で一際強い香り、それも独特の香りを放っていたのはクチナシでした。

 

↓ 少し、花の時期が過ぎていたのか、今まさに咲いているのは1つだけでしたが、十分に香りの主張をしていました。

f:id:kuksa:20170624220705j:plain

 

↓ 石と石の間からは、萩の花が咲いていました。詳しい種類は調べていないので分かりません。

f:id:kuksa:20170624220900j:plain

 

少し前には、見られなかったのですが、遂に出て来た様です。萩と言えば〝秋の七草〟の一種であり、季節はどんどん先へと進んでいるのだな~と感じました。

 

↓ 萩は、花も可愛らしいのですが、個人的には萩は葉っぱが可愛い様に思います。ハートの様な丸いコロンとした形をしています。

f:id:kuksa:20170624221237j:plain

 

今日は、他にも色々な植物を見掛けました。新しい植物を見つけてはベビーちゃんに見せるを繰り返している旦那さんですが、ベビーちゃんは今の所〝食べる〟事の方が興味がある様で、受け取るとすぐに食べようとしています…。少し汗ばむ様な蒸し暑い1日でしたが、本格的な雨を前にして、ゆっくりとお散歩を楽しむ事が出来ました。

 

ではまた、近い内に更新します。

今回はここまで。