近くて遠いパン屋さん。

今日は、お天気が良かったので、パンを買いついでにお散歩をして来ました。パン屋さん迄、普通に行けば20分ですが、あちこち寄り道や遠回りをした為、8倍の時間を要しました…。随分遠いパン屋さんへ行きました。ですが、のんびり歩いているからこそ見つけられる生き物や新しい発見がありました。

 

↓ 『ベニシジミ』です。じーっと動かずにとまっていてくれました。「どうぞ写真撮ってとって」と言ってくれている様です。

f:id:kuksa:20170609170945j:plain

 

↓ タンポポ。ベビーちゃんに持たせると可愛いのでは?と思い、見せてみましたが、即食べようとして断念…。

f:id:kuksa:20170609171016j:plain

 

↓ ハムシも居ました。ハムシは自分の好きな葉っぱに居ますが、このハムシは何ハムシでしょうか?『イモサルハムシ』かな?この種類はサツマイモやヒルガオの葉っぱがお好みです。

f:id:kuksa:20170609171049j:plain

 

↓ パンを買って公園で一休み。空を見上げると『トチノキ』が綺麗でした。

f:id:kuksa:20170609171125j:plain

 

↓ 場所が公園でもあり街路樹と同じ『セイヨウトチノキマロニエ)』かと思いましたが、実を見るとトゲトゲが無いので、普通の『トチノキ』である事が判明しました。

f:id:kuksa:20170609171154j:plain

 

トチノキ』の実は〝栃の実〟です。そして、豆太とじさまのお話、児童文学の『モチモチノ木』のモデルになった木です。こんな身近な場所に『トチノキ』があると分かり、何だか嬉しくなりました。

 

↓ こちらはただの草地に見えます。でも、その草の中には『サンカクイ」が生えています。イグサに似た植物でスゲの仲間です。島のように集まって生えているのが『サンカクイ』なのです。

f:id:kuksa:20170609171219j:plain

 

珍しい植物だな~と思い眺めていると、自転車に乗ったおじいちゃんが「何かええもんでもありますか?」と声を掛けて下さり、それに対し「スゲらしき植物があって…」と答えると「それは、サンカクイ言うんや。触ったら三角になってる~」と言い残し、そのまま自転車をちゃりちゃりと漕いで行かれました…。何だか、凄いです。とっても植物に詳しい方でしたが、あのおじいちゃんは何者だったのでしょうか?その後は、スーパーに寄ってお買い物をして帰宅しました。

 

↓ こちらは、珍しい色合いのテントウムシ。種類は『ナミテントウ』です。

f:id:kuksa:20170609171243j:plain

 

テントウムシは蛹から成虫になって暫くは模様がありません。時間と共に模様がはっきりして来ます。この子も未だ模様が出ていないのかな?と思って見ていましたが、どうやらこの子はこれで完成形。模様がとても控えめな子だった様です。ベランダのネットに居たので、アブラムシ対策に…と、ワイルドストロベリーの植木鉢に置いておきました。

 

↓ そんなワイルドストロベリー、今年も大豊作です。幸せのワイルドストロベリー、ずっとずっと大切にしているのです。とは言いつつ、全然収穫をしていないので、古くなった実も付いています…。

f:id:kuksa:20170609171320j:plain

 

このワイルドストロベリーに、そっと置いたテントウムシですが、きっとすぐに飛び立っていってしまったと思います。アブラムシ対策としたものの、今の所アブラムシは発生していません…。となると、テントウムシはご飯にありつけないのです。なので、今頃はどこかでアブラムシのいる場所を見つけてくれていると良いなぁと思います。

 

では、今日はここまで。