甚平さんを着せてみる。

先週末、またまた北山周辺をお散歩しました。今回は、以前の職場で大変お世話になっていた方とご一緒させて頂きました。なんと、ベビーちゃんに会いに来て下さったのです!しかも、こんなに可愛らしい〝甚平さん〟をプレゼントに持って来て下さったのです。

 

↓ ピンク色の桜と市松模様のベースに『ミキハウス』のうさこちゃんがプリントされています。

f:id:kuksa:20170522205821j:plain

 

また、メッシュ生地の夏用下着ロンパースも付けて頂き、早速着せてみました。本人はとてもご機嫌で、涼しさと動きやすさの両方を兼ね備えた〝甚平さん〟に、すっかりはまった様子でした。また、ラッピングに用いられていた箱も丈夫で、ベビーちゃんが自分の鞄の様に持ってみたり身の回りに置いてみたりして遊んでいました。やはり〝甚平さん〟の様に昔から受け継がれて来た物には、機能美と言う物があると改めて感じさせられました。

ちなみに、甚平と聞いて思い出すのは『ジンベエザメジンベイザメ)』ですが、昔からある甚平の定番デザインは、あの様な白い斑点模様が一般的だったのでしょうか?また、ヨーロッパではチェス盤模様と表現されるそうです。

 

今日は可愛らしい〝甚平さん〟を頂いたので、そのご報告でした。最近は、てぬぐいを使って手作りをする人も多いらしいのですが、確かに、インターネットで検索してみると型紙が出て来ました。

 

では、今日はここまで。