カーネーションを選ぶ。

今日は5月の第2日曜日『母の日』です。子どもの頃から『母の日』には母へ『父の日』には父へのささやかなプレゼントを続けて来た私も、遂に祝って貰える立場になって初めての『母の日』です。とは言っても、0歳のベビーちゃんがプレゼントを用意出来るはずも無いので、親子揃ってとびきりおしゃれなお花屋さんへ行きました。そして、色とりどりのカーネーションが販売されている店頭で「ベビーちゃん、ママにはどのカーネーションがいいかな?」と聞いてみたのです。すると、最近は気に入った物を自分で手に取って選べる様になったベビーちゃん、迷わず選んでくれました。

 

↓ それが、こちらの艶やかなワインレッドでギザギザの花びらが珍しく、大きな大きな花姿のカーネーションです。

f:id:kuksa:20170514165731j:plain

 

素敵なバケツに種類と色ごとに分けられたカーネーションの中からたった1本を選ぶのに何とも渋い色味を選びました。〝近いから何となく手に取った〟と言う事も考えられるので、選んだカーネーションを一度元に戻してみるも、やはり同じカーネーションを選びました。間違いなく、これが良いそうです。そして、その選んでくれた1本を見て、旦那さんと共に「中々やるなぁ」と話しました。実はこのカーネーション、お店に並んでいた中で1番高い物だったのです。250円位からある中で2倍しました…。そして、正直に言うと私はカーネーションがあまり好きではありません。と言うのも、一般的な赤やピンク色のお花で、中心部分から白い雌しべ(?)がニョキっと出ているカーネーションナデシコが好みでは無いのです。ですが、やはり初めての『母の日』はカーネーションだ!と思い、今回はカーネーションから選んで貰う事にしてみました。ですが、他のお花に目移りする中で選んで貰ったカーネーション、唯一「これは良い色で綺麗だな~」と思った種類だったのです!私は好きな色を聞かれると、オレンジ色や緑色、もしくはピンク色と答える事が多いのですが、ワインレッドは好きと言うよりは〝大切にしている色〟なのです。結婚式のカラードレスもワインレッドでした。そんな思い出と重なる素敵なカーネーション、この1本とカスミソウが我が家に来ました。今はテーブルの上で綺麗に咲いています。初めての『母の日』はのんびりとした1日になりました。ただし、花言葉に関して言うと濃い赤系や黄色系のカーネーションは、ポジティブな意味では無いので、プレゼントには迷う色かもしれません。

さて、『母の日』と言えば定番のカーネーションですが、そもそも何故カーネーションなのだろう?と気になり、調べてみました。『母の日』は、1907年5月12日にアメリカでAnna Jarvis(アンナ・ジャービス)と言う女性が亡き母を偲び、お母さんが日曜学校の先生をしていた教会で〝お母さんが好きだった花〟として白いカーネーションを贈ったのが始まりだそうです。その後、1914年に5月の第2日曜日がアメリカの正式な『母の日』に制定され、今に至っているそうです。また、世界各国に『母の日』は存在するそうで、オーストラリアやカナダ、ドイツ、台湾等は日本と同じ5月の第2日曜日ですが、1年を通じて世界各国で『母の日』はある様です。また、オーストラリアでは『Mum(マム)の日』と言うお母さんをさすマムとキク科植物のマムに掛け、クリサンセマム(日本では一般にノースポールと言われるお花)を贈るそうです。所変われば…ですね。ちなみに、お花が大好きな実家の母へと父が贈ったのはとても珍しい種類の紫陽花だったそうです。最近は、カーネーションに限らず、紫陽花やクレマチス、ラベンダーを贈る事も増えているそうです。何故か『母の日』に父がプレゼントをしていますが、実家では、これが恒例なのです!!!

 

では、今日はここまで。