読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京出張に同行・上巻。

暫くの間、ブログをお休みしてしておりました。その間、旦那さんの東京出張に同行していました。今日から、数回に分けて東京で見聞きして来た物事をご紹介したいと思います。各回かなりの枚数の写真となりますが、お付き合いを頂けると嬉しいです!では、初回の今回は、前半を都内の中心部から少し離れた『世田谷代田(せたがやだいた)』と『吉祥寺』、そして後半を都内のど真ん中『銀座』周辺での思い出がメインです。では先ず『世田谷代田』から…。とは言っても、関西人にとってはあまり聞き覚えの無い地名です。ちょうど『下北沢』のお隣の駅です。こんな場所を訪れた理由、それはここにしかないシュークリームを目指しての事でした。

 

↓ 『白髭のシュークリーム工房』の〝トトロシュークリーム〟です!!!左側の緑の葉っぱを乗せたトトロがオールシーズン販売のカスタード&生クリーム、右側の桜のお花を乗せたトトロは1~6月限定販売、さちのか苺を使ったストロベリークリームです。

f:id:kuksa:20170319181807j:plain

 

親切にも、お店の方がケーキボックスに貼るべきシールを貼らずに「一緒に入れておきますね」と言って下さいました。と言う事は…「開けられる!」のです。帰りにお店の外で撮影して来ました。

 

↓ お店の外観もとても素敵です!!!周辺には大きな木があり、ここだけがすっぽり森の中の様です。ランチもされており、お外のテラス席にて楽しそうに食事をされている方々も見掛けました。

f:id:kuksa:20170319181839j:plain

 

↓ お店に入るとすぐ左側に宮崎駿さんが描かれたのに間違いない絵が飾られています!

f:id:kuksa:20170319181928j:plain

 

↓ 更に進むと左側がショップとなっていて右側の階段はカフェ営業をされている2階へと通じています。写真に写っていないもっと右側は工房でした。

f:id:kuksa:20170319182011j:plain

 

↓ 工房の窓ガラス越しには、クリームでお腹がいっぱいになる前のトトロが待機している様子が見えていました。

f:id:kuksa:20170319182045j:plain

 

↓ ショップの中には、シュークリームの他、焼菓子がほんの少しだけあります。他にはありません。

f:id:kuksa:20170319182123j:plain

 

↓ お店の1番奥には、ナウシカの絵が!宮崎駿さんのサインも見受けられます。何気なく「どうしてこのお店はきちんとジブリに公認されているのだろう?」思い調べてみると、どうやら経営されている方が宮崎駿さんの弟さんご夫妻なんだとか…。納得です。

f:id:kuksa:20170319182158j:plain

 

↓ この日に販売されていたのは4種類。その中から、こちらの2種類をセレクト。今回、どうしてもここに行きたいと考えていたのには理由がありました。

f:id:kuksa:20170319182231j:plain

 

東京滞在中にベビーちゃんが7ヶ月を迎えたのです。随分前から気になっていた〝トトロシュークリーム〟ですが「いつか必ずベビーちゃんの記念の日に買いたい!」と思い続けていたものの、東京にシュークリームだけを買いに行く訳にも行かず、この日を心待ちにしていました。念願、叶いました。それに、見た目が可愛いだけでなく、こちらのシュークリームは本当に美味しかったです。続いては『吉祥寺』です。今回は雑貨屋さん巡りでは無く、旦那さんのおつかいです。

 

↓ 駅から近道をしようと『ハモニカ横丁』を突っ切りました。

f:id:kuksa:20170319182453j:plain

 

↓ 各お店は「そろそろ開けようかな?」と準備をしている頃でした。

f:id:kuksa:20170319182539j:plain

 

↓ 居酒屋さんらしきお店ではお皿も売られている様でした…何故?

f:id:kuksa:20170319182622j:plain

 

↓ 目的地はここ『小ざさ』です。看板には『小ざゝ』の文字があります。羊羹と最中のみ販売する小さな小さなお店。羊羹に至っては、前日からの徹夜や始発での到着で並ばずして手に入らない究極の限定品だそうです。

f:id:kuksa:20170319182656j:plain

 

今回「羊羹に挑戦!」と思わないでもなかったのですが、ベビーちゃんと一緒では難しく、最中にする事にしました。旦那さんも好きな最中です。必要個数を購入した後は、お隣の黄色い看板『塚田水産食品』で練製品も購入しました。これもまた旦那さんお気に入りのお店です。本来であれば、雑貨屋さんの多い『吉祥寺』では、ゆっくりしていきたい所でしたが、旦那さんとの待ち合わせの時間もあり、ホテルに戻りました。

では、後半は郊外の『吉祥寺』から一転、都会の中の都会『銀座』周辺へ。

 

↓ 食パンで有名な『セントル・ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)』です。場所は、銀座1丁目。今回はメトロでは無くJRで向かったので有楽町から歩きました。どちらにしても徒歩数分です。

f:id:kuksa:20170319183100j:plain

 

↓ 旦那さんがお仕事に出発するのを見送り、急いで準備をして出掛けました。開店と同時の10時に到着しました。既にかなりの行列が出来ていました…結局45分並びました。

f:id:kuksa:20170319183309j:plain

 

販売されているのは、そのまま食べると美味しい日本産小麦粉を使った〝角食パン〟生でも焼いても美味しい〝プルマン〟トーストがおすすめの山型をした〝イギリスパン〟の3種類。

 

↓ 写真にある通り〝イギリスパン〟は、私が受け取りをする際には既に完売でした。とは言っても、やりました!私。随分沢山の方が並んでおられましたが、1人3本迄の制限のお陰か〝イギリスパン〟も購入出来ました。列に並ぶと、お店の方が事前にオーダーを聞いて下さるので「角×1・イギリス×1」と書かれた付箋を持って楽しみに待ちました。

f:id:kuksa:20170319183356j:plain

 

ホテルに戻り、旦那さんと一緒に〝角食パン〟を食べました。これまでに食べた事が無い位にもっちりとした食パンで一口食べると幸せな気持ちになりました。〝イギリスパン〟の方は1日1回しか焼き上げないレア感たっぷりの逸品でしたが、ホテルにトースターが無い為、プレゼントとしました。

 

↓ ちなみに、場所は渋谷ですが、同じオーナーのお店『VIRON(ヴィロン)』にも行きました。バゲットが有名です。

f:id:kuksa:20170319183454j:plain

 

↓ バゲットの他、生ハムと茹で玉子のサンドイッチも購入しました。

f:id:kuksa:20170319183541j:plain

 

話は銀座周辺に戻って…

銀座周辺には日本各地のアンテナショップが集まっています。幾つか行って来ました。

 

↓ 先ずは大きな大きなシーサーが目立つ沖縄県のショップ。

f:id:kuksa:20170319183626j:plain

 

↓ 定番の黒糖が色々…

f:id:kuksa:20170319183749j:plain

 

↓ 日頃見掛けない、沖縄の野菜も揃っていました。

f:id:kuksa:20170319183837j:plain

 

↓ お次は高知県

f:id:kuksa:20170319183930j:plain

 

↓ 高知と言えば『土佐文旦』です。

f:id:kuksa:20170319184020j:plain

 

↓ 福井県はお揚げの扱いがお見事でした。

f:id:kuksa:20170319184253j:plain

 

↓ 一瞬、お豆腐屋さん?と見紛う〝お揚げ専門店〟なみに揃っています。

f:id:kuksa:20170319184330j:plain

 

↓ 華やかな石川県。

f:id:kuksa:20170319184433j:plain

 

石川県と明確な関係がある訳ではありませんが、朝摘みハーブの入ったソーセージを購入しました。今回滞在したホテルは、ミニキッチンが付いていたので、旦那さんと揃う朝ご飯等はお部屋で作って食べていました。その時用のソーセージでした。そして、いつも朝ご飯を作ってくれている旦那さんですが、長期出張になると2日目か3日目頃にはお疲れが…。よって、その時だけは私の出番です!

 

↓ 少し離れた場所に一際目立っていたのが長野県。

f:id:kuksa:20170319184533j:plain

 

↓ 冷凍のおやきです。

f:id:kuksa:20170319184623j:plain

 

↓ 生わさびです。私が見ていると、何人かの方が手に取っていらっしゃいました。

f:id:kuksa:20170319184656j:plain

 

↓ 私が購入したのはこちら。人気ナンバー1〝くるみゆべし〟です。私は〝ゆべし〟が大好きです。

f:id:kuksa:20170319184748j:plain

 

その他、北海道や秋田県等々、全国各地のアンテナショップを見て回りました。銀座周辺に出掛ければ必ず訪れる定番のお店『松屋』に店舗があるウエハースのお店『BABBI(バビ)』、旦那さんお気に入りの『松崎煎餅』にも勿論行って来ました。

 

↓ 最後は『歌舞伎座』を横目に見ながら、ホテルへと戻りました。

f:id:kuksa:20170319184929j:plain

 

次回以降も東京出張での様子をお届けします。京都生活の日常をご紹介するブログですが、少しの間だけ東京もお楽しみ頂けると嬉しいです。

 

では、また。