読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平安騎馬隊のお馬さん。

随分前から、白川通宝ヶ池通の辺りをお馬さんがパカパカ…と歩く姿を何度も見掛けていました。それに、馬を輸送する大型の車を見掛ける事も…。どうしてこんな場所で〝お馬さん関連〟に多々遭遇するのだろう?と思い、調べてみました。すると『宝ヶ池公園』の中に騎馬隊の馬が生活をしている場所がある事が分かりました。その名も『京都府警察平安騎馬隊』です。お天気も良かったので行って来ました!

 

↓ 『鞍馬号』旧名アポロユウシャくんです。

f:id:kuksa:20170225154333j:plain

 

旧名とあるのは、ここのお馬さんたちは皆、中央競馬地方競馬で活躍をしていた経歴を持つのです。京都府警のホームページによると『鞍馬号』は中央競馬などで3勝しているとの事。どの馬にも〝~代目~号〟と表示されているので、ここで付けられる新しい名前は引き継いでいる様です。

 

↓ 訪れた時、ちょうど『鞍馬号(くらまごう)』がお世話をして貰うタイミングでした。「ちょっと前へ出します」と言われ、見守っていると扉が開いて厩舎から出て来てくれました。

f:id:kuksa:20170225154413j:plain

 

スラッっと伸びた脚、力強くて何とも美しいです。「早く走りたい!」と言う様に蹄をコンコンと鳴らし、前へ前へ…とアピールする中「未だだよ」と言う様に体をポンポンとされ、大人しく待っていました。「良かったら触ってみますか?」と声を掛けて頂き、鼻筋の辺りを撫でなでしました。とっても温かかったです!

 

↓ 乗馬する為の馬具が順番に取り付けられます。先ずは脚から。

f:id:kuksa:20170225154511j:plain

 

↓ いよいよ走り出しました!

f:id:kuksa:20170225154557j:plain

 

↓ やはり、走っている姿がカッコイイです。お世話をして乗馬をされている方も警察官との事。ホームページによると、ここで働きたい場合は、京都府警察の採用試験に合格して…と書かれています。

f:id:kuksa:20170225154645j:plain

 

他に5頭、全部で6頭が生活をしています。灰色っぽい『芦毛(あしげ)』の子は『鞍馬号』1頭で他は、黄褐色で茶色の『栗毛(くりげ)』の子が3頭、茶色っぽい『鹿毛(かげ)』の子と焦げ茶色の『黒鹿毛(くろかげ)』の子が1頭ずつでした。残念ながら、厩舎の中が少し暗かったので、写真を撮ったものの茶系の5頭は写りが悪かったです。

 

↓ 比較的、見やすく撮れたのが『笠置号(かさぎごう)』旧名ワンダージョイアくんです。中央競馬で32戦2勝後、兵庫県の乗馬クラブを経て入隊したそうです。

f:id:kuksa:20170225154721j:plain

 

京都府警察平安騎馬隊』の歴史は、大正10年2月7日に始まり、昭和初期には50人程の騎馬警官がいらしたそうです。と言う事は、1人1頭と考えると50頭程度の馬が居たのでしょう。ただ、戦後になると自動車の普及により、騎馬隊も消滅してしまったのですが、平成5年3月に当時の京都府知事より〝平安京遷都1200年記念事業〟として提案され、平成6年2月に『京都競馬場』を拠点に『京都府警察騎馬隊』が創設されたとの事です。現在の場所に移って来たのは平成9年10月、なので随分前からあったにも関わらず気が付いていなかったのです!知らないなんて勿体ない事をしました…。

 

↓ 厩舎の前には〝お馬さんとのこうつうあんぜんのおやくそく〟パンフレットやスタンプがあります。

f:id:kuksa:20170225154834j:plain

 

そして、気になるのが黄色いテープです。刑事ドラマ等で事件が発生した際に規制線をはる際のテープがあちこちに使用されています…。進入禁止や順路を指示する為に張り巡らされているのですが、妙にドキドキしました。交通安全の約束が書かれているのも当然で、騎馬隊のお仕事はパトロールやパレードが主です。有名な物では『葵祭』や『時代祭』の先導があります。身近な物では、小学校の通学路にて騎馬パトロールをされているそうです。きっと、私が見掛けたのはそれらのお仕事の前後だったのだと思います。

 

↓ ゲートには『京都府警察平安騎馬隊』の文字と共に開門時間が貼られています。

f:id:kuksa:20170225154906j:plain

 

ここでは、毎日10~16時の間、自由に見学が出来ます。事前申し込みをすれば、体験騎乗もさせて頂けるそうです。日常生活の中で日々京都の良さを感じる事が出来ますが、パトロールに騎馬隊…これも京都らしさの1つの様に思いました。

 

↓ ゲートの横で休む猫ちゃんは『シャムネコ』的な雰囲気が…。

f:id:kuksa:20170225160726j:plain

 

ふと「顔の黒っぽいこんな猫ってシャムネコだった気が…」と思い、念の為…と『シャムネコ』を検索して初めて知りました!日本に居るミックス猫の多くは『シャムネコ』の血を引いているのですね!昔、日本で大流行した事が背景にあるそうで驚きました。

 

↓ 「思ったより沢山居たね~」と騎馬隊の感想を言いつつ歩いていると、鳥の影が見えました。見上げてみると『アトリ』の姿を発見。

f:id:kuksa:20170225161139j:plain

 

集団で飛び回っていると、1羽が飛ぶと全部が一斉に飛び立ってしまうので中々ゆっくり見学できない『アトリ』ですが、今日は2羽しか居なかったので、1羽がゆっくり姿を見せてくれました。ですが、今日は野鳥観察を目的にしていなかったので、野鳥観察に必要な双眼鏡も望遠レンズのカメラも持ち合わせていませんでした…。

 

今日は、親子3人でお馬さん見学に出掛けました。ベビーちゃんも綺麗なお馬さんに興味津々。目をぱっちり見開いてご機嫌で見入っていました。

最近のベビーちゃんの様子ですが、中々やんちゃです。パパと一緒に遊んでいると「痛っ!」と言う声が頻繁に聞こえます。勿論、この声の主はパパです。生えてきた歯で指を嚙まれるだけで無く、自由に動かせる足で蹴りを入れられてプロレス技を掛けられるのです。昨日も、いつもより大きな声で「痛っ!」と聞こえ、何事?と思い様子を見ると眼鏡がずれる程、蹴られて居ました。旦那さんを助ける前に思わず写真を撮りました…。ごめんね、です。。。

 

では、今日はここまで。