晴明神社にておみくじ。

今日は、いつも会いに来てくれる友達、私とベビーちゃんの3人で『晴明神社』へ行って来ました。私にとって『晴明神社』は2度目です。一度目は学生時代に『陰陽師』が大流行した際に、母と一緒に訪れたのでした。そして、今回は友達と一緒です。友達は、午前中に『下鴨神社』へ参拝して来るとの事で、お昼前に出町柳駅で待ち合わせ、その後『晴明神社』がある堀川今出川迄はバスで移動、続いて西陣周辺をお散歩したのでした。 

 

↓ 『晴明神社』の一の鳥居です。

f:id:kuksa:20170222195352j:plain

 

↓ 中へ進むと、昔の『一条戻橋』が移築されています。漢字は〝一條〟が用いられています。横には式神さんのお姿も…。式神さんは、陰陽師が使役する鬼神の事です。

f:id:kuksa:20170222195438j:plain

 

↓ 続いて、二の鳥居。『晴明神社』の本殿も見えて来ました。

f:id:kuksa:20170222195508j:plain

 

↓ 二の鳥居のすぐ右側には『晴明井』があり、上段の部分はぐるぐる回転します。水の流れ出る所は、その年の恵方を向いており、毎年立春の日に向きが変えられます。

f:id:kuksa:20170222195546j:plain

 

また、豊臣秀吉が『晴明神社』の南側に『聚楽第』を建てた頃、千利休の屋敷がこの地にあり、利休はこの辺りで自害し、終焉を迎えたそうです。何かと歴史のある場所は同じ場所で時代を変えて色々な事件が起こる様な気がします…。

 

↓ 本殿を挟んで左側に『安倍晴明』の像、右側には『厄除桃』があります。

f:id:kuksa:20170222195624j:plain

 

『厄除桃』は参拝客によって撫でられ続け、金色のテカテカに光った桃になっていました。『厄除桃』の上にある木は楠です。

 

↓ 御神木とされ、樹皮の質感を確かめる様に書かれています。柔らかい様なしっとりとした独特の触り心地です。

f:id:kuksa:20170222195715j:plain

 

今日は珍しく、おみくじをひきました。昔は良くひいていたのですが、最近はあまり「おみくじをひきたい!」と思う事も無く、友達がひいているのを見ている事が多かったのですが…。

 

↓ 結果は〝吉〟でした。友達は〝中吉〟です。

f:id:kuksa:20170222195758j:plain

 

おみくじをひいた後、友達は御守を買うか、御朱印集めをスタートする為に御朱印帳を買うか…と迷っていました。そんな様子を見守ったり、有名人によって書かれた絵馬を見ながら待っていました。結局、既に今日も『下鴨神社』で御守を買っていた等の理由から、買わずに終わりました。そして、待っている間に気になった事が…「何だか晴明神社の御守は綺麗だなぁ」と。そう思っていると、謎が解けました。何と『晴明神社』は西陣にあることから、御守等は全て『西陣織』が使用されているのだそうです。それは、綺麗なはずです!

 

↓ ついでに、今の『一条戻橋』にも行って見ました。『晴明神社』から100メートル程の場所です。

f:id:kuksa:20170222195925j:plain

 

↓ こちらが実際の橋。

f:id:kuksa:20170222200041j:plain

 

〝戻る〟に因み、お嫁さんや嫁入り道具等は、今でもこの橋を渡る事はしないと言われています。反対に、戦争の出兵等、戻って来て欲しいと願う場合には渡られたそうです。

ここ迄が今日の『晴明神社』のお話。後半は、西陣にあるカフェや焼菓子屋さん巡りをしました。そのお話はまた次回に。

 

↓ 最後に忘れてはならないのが今日のランチ!『さるぅ屋カフェ』です。出町柳で待ち合わせてすぐ『晴明神社』に向かう前に寄りました。

f:id:kuksa:20170222200125j:plain

 

ハンバーガーやサンドイッチが人気のお店です。パンの生地に特徴があり、美味しかったです。町家の建物も良い感じ。初めて訪れたと思っていましたが、旦那さんに「前、行ったことあるよ。一階だけど」と言われました。

 

↓ 梁が見えていると開放感があります。

f:id:kuksa:20170222200208j:plain

 

↓ 畳もあり、ベビーちゃんが一緒だったのでこちらをお借りしました。

f:id:kuksa:20170222200244j:plain

 

畳のスペースはベビーちゃんもゆっくり出来るので有難いです。そして、驚いた事に、最近〝人見知り〟を始め、絶賛人見知りキャンペーン中のベビーちゃんが友達には一切人見知りをしなかったのです。抱っこをして貰い、膝の上で立ったり座ったりとご機嫌で過ごしていました。

では、西陣でのカフェと焼菓子屋さん巡りのお話は次回に。