読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬼さんも世代交代かな。

今日は節分。昨年に続いて『吉田神社』へ行って来ました。一昨年は狸さんでいっぱいの『狸谷不動院』でしたが、豆争いが激しいので、ベビーちゃんが一緒とあって穏やかな『吉田神社』を選びました。

 

↓ 境内の中では、赤鬼さん・青鬼さん・黄色鬼さんが練り歩いていました。最近人見知りを始めたベビーちゃん、鬼さんの姿に驚くかと思いきや全く動じず。手を伸ばしていました…。

f:id:kuksa:20170203233646j:plain

 

↓ 3色の鬼さんですが、何だか昨年と違う様な気がします…。昨年までは全身タイツタイプのカラフルなちょっと恥ずかしいお姿でしたが、今年は何だかビシっと決まっています。鬼さんも世代交代でしょうか?

f:id:kuksa:20170203233724j:plain

 

前の鬼さんと比べて年代は交代されたのかどうか分かりませんが、衣装はすっかり変わった様に思います。境内では、毎年恒例のくじ付き福豆が販売されていました。昨年は旦那さんと私の2袋を購入しましたが、今年は食べる事は出来ませんが縁起物としてベビーちゃんの分も加え3袋買いました。未だ発表されていない当選番号、今年こそ当たると嬉しいのですが…。

 

↓ くじ付きの福豆。

f:id:kuksa:20170203233847j:plain

 

↓ 他にも、御札や矢、おみくじが授与されています。中にはこんな物も…

f:id:kuksa:20170203233809j:plain

 

↓ おみくじも、一般的な六角形?八角形?の木箱をじゃらじゃらさせる分以外に〝だるまみくじ〟なる物がありました。小さな置物の中におみくじが入ったタイプですが、最近の流行でしょうか?色々な置物のタイプを見掛ける様になりました。

f:id:kuksa:20170203234026j:plain

 

吉田神社』の少しそれた場所に末社として『菓祖神社(かそじんじゃ)』があります。こちらは『京都府菓子卸商業組合』の祭神です。毎年〝豆茶〟とお菓子の無料接待があり、今年も頂いて来ました。

 

↓ ちょうど真横に小さな柑橘の木がありました。後ろに並んでおられた方は「金柑が沢山なって…」とおっしゃっていましたが、金柑より横長な様に思います。何の木でしょうか…?

f:id:kuksa:20170203234109j:plain

 

『節分』もある種、お祭りなので、屋台が出ています。京都大学の時計台周辺では、ソース類の焼けた香り、唐揚げ等の揚げ物の香りが漂います…。節分らしい屋台と京都らしい屋台と言えばこの辺りかと思います。

 

↓ 『節分』らしい焼き鰯です。鰯をあまり好まない私は「季節を感じる風物詩…節分だなぁ」とは思いますが、手を出す事はありません。

f:id:kuksa:20170203234202j:plain

 

↓ 京都らしいお漬物屋さん。中でも、年末からこの時期に掛けては〝すぐき漬〟が出回ります。

f:id:kuksa:20170203234237j:plain

 

↓ 木の芽煮を販売する佃煮屋さんもあります。鞍馬名産…との事ですが、叡電鞍馬駅前にある鞍馬天狗の鼻はどうなったのでしょうか?先日の大雪で根元からポッキリと折れて骨折されている様子が全国ニュースになっていました!その後、大きな絆創膏が貼られたそうですが、完治したとは報道されていませんね。気掛かりです。

f:id:kuksa:20170203234319j:plain

 

その他、屋台の定番は大抵揃っていました。近くにて、旦那さんの用事も済ませ、途中でお茶をして帰路に着きました。

 

↓ 帰宅後は恵方巻を頬張りました。勿論豆まきも…と書き掛けて思い出しました!!!未だしていませんでした。日付が変わらぬ内に急いで豆まきをせねばです…。でも…掃除が大変なので、豆〝置き〟にしておこうと思います。

f:id:kuksa:20170203234510j:plain

 

ベビーちゃんにはお多福のお面をつけました。が、しかし…ベビーちゃんは赤い鬼さんのお面がお好みの様で…最後はお面にかじりついていました…。

 

では、今日はここまで。