お部屋の中で蕪をひく。

今日は1月の最終日。2017年のお正月なんて、随分前に過ぎた様な気もする反面、未だ1月?という何だか不思議な感じです。そんな1月31日、昨日の暖かさとは違い、随分寒い1日でした。必要最低限のお買い物には出たものの、ベビーちゃんとお家で過ごしました。炊事洗濯の家事も終え、さて何をしましょう?と思った時、ちょうど思い出しました!昨年のクリスマスにパパママサンタからベビーちゃんに絵本が届いたのでした。

 

↓ 『おおきなかぶ』です。それも、本当に大きな大きな蕪の絵本なのです。長さが約2mもあります。

f:id:kuksa:20170131191631j:plain

 

箱の中に折った状態で入った1枚物の絵本で、濡れても大丈夫な様に防水加工がなされ、破れにくい仕上がりです。ベビーちゃんのよだれが垂れても問題ありません!左右に日本語と英語の表記もあり、上に乗って読む事が出来ます。そうする事で、蕪の大きさを実感しつつ、物語に浸れる仕掛けです。

 

↓ ベビーちゃんと蕪の大きさを体感中です。ベビーちゃんの右手もバッチリ!

f:id:kuksa:20170131191818j:plain

 

床の上にマットを敷いて、絵本を広げました。そして、一緒になって読むのです。ベビーちゃんは何の事やら「ん?」と微妙な顔をしていましたが、珍しい紙質が気に入った様子で撫でてみたりギュッと握ってみたりして楽しんでいました。

他にも、同じシリーズでもう1種類あります。『うらしまたろう』です。『うらしまたろう』は大きな亀の1枚物です。何度か『おおきなかぶ』で遊んでみて、更に興味が湧けば、追加で購入しようかと思います!!!

 

今日は、お部屋の中で『おおきなかぶ』を読んで蕪をひいてみました。

では、また近い内に。