読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糸屋さんがありました。

今日は久しぶりに『一乗寺(いちじょうじ)』へ行きました。本来であれば寒いので、お家でぬくぬくする所ですが、旦那さんに用事を頼まれたのでお出掛けです。

先ず最初に、何よりも大切な用事を済ませ、てくてく歩いて一乗寺に向かいました。途中、ちょっとこだわりの野菜を売るスーパー『HELP(ヘルプ)』にてカボチャ等を購入しました。これらは、ベビーちゃんの離乳食になる分です!そして、あちこち散策をしていると暫く来ていない内に新しいお店が出来ているのを発見しました。

 

↓ 『AVRIL pepin(アヴリル ぺパン)』と言う糸屋さんです。一乗寺の他、梅田や吉祥寺にもお店がある様です。写真は窓の外から見た糸。

f:id:kuksa:20170124195710j:plain

 

↓ 中にも入って見たかったのですが、何だかワークショップらしき物を開催されていたので、入る勇気がありませんでした。

f:id:kuksa:20170124195754j:plain

 

それでも、中に入らなかった事が少し後悔され、帰宅後に調べてみると、糸の販売の他、販売されている糸と卓上機織を使って素敵な作品を作るワークショップが定期開催されている事が分かりました!糸とりどりの毛糸は外の寒さと相まって一層柔らかく暖かそうに見えました。

 

↓ お店の入口横には、糸を紡ぐ機械らしき物がありました。

f:id:kuksa:20170124195842j:plain

 

糸屋さんの他、一乗寺には色々なお店があります。定番の『恵文社』にも行って来ました。本を中心に色々な雑貨があります。軽く立ち読みをした京都の雑誌に「行ってみたいかも!」と気になるお店がありました。

 

↓ いつ行っても何か発見がある『恵文社』です。

f:id:kuksa:20170124201226j:plain

 

↓ 場所は隣同士ですが、入り口左にあるギャラリーを併設した方では、ウィリアム・モリスの草花デザインの雑貨が目をひきました。

f:id:kuksa:20170124201504j:plain

 

↓ 後は、旦那さんへのお土産です。何を買って帰ろうかな?と思案した結果、近くのお菓子屋さん『むしやしない』へ。写真に写っているちらちらとした白い物は雪です!

f:id:kuksa:20170124201554j:plain

 

柚子の入ったフィナンシェを2つ買ってお店を後にしました。こちらのお店『むしやしない』は色々な場所に〝648471〟と描かれています。読んでそのまま〝む・し・や・し・な・い〟と言う意味です!また、この〝むしやしない〟の言葉の意味ですが、京都を中心に使われる言葉で、お腹の虫を養う程度に食べる物=おやつと言う意味です。何年も前に初めてこの言葉の意味を知った時、とても面白く感じた事が懐かしく思い出されました。

 

↓ 一乗寺周辺を散策していると『叡山電鉄』の走る音、カンカンカン…と踏切の上下する音が聞こえて来ます。そんなローカルな雰囲気も一乗寺の魅力だなぁ~と感じずにはいられません。

f:id:kuksa:20170124202419j:plain

 

最後に…みなさんにご心配をお掛けしているベビーちゃんの風邪ですが、もうすっかり元気になりました!すこぶる元気でやんちゃです。ミルクも離乳食も毎回おかわり希望です。一安心です。

 

では、今日はここまで。