お腹を休めるはずが…。

今日は『七草粥』の日です。『七草粥』を食べる理由は、その年1年の無病息災と共に、お正月の間に食べたごちそうで疲れた胃を休める為とも言われています。本来であれば、野山で摘んで集めたい所ですが、寒空の下でベビーちゃんと一緒に探す事は到底叶いません。そんな時は、スーパーで購入です!1パックに『セリ』・『ナズナ』・『ゴギョウ』・『ハコベラ』・『ホトケノザ』・『スズナ』・『スズシロ』の七草全てが入って300~400円程度で売っています。

 

↓ プラスチックのパックのままでは味気ないので炊く前に竹の入れ物にちょっと移動させました。

f:id:kuksa:20170107223124j:plain

 

スズナ』・『スズシロ』である蕪と大根の白い部分は〝おかゆ〟と一緒に炊き上げ、それ以外の七草の緑の部分は刻んで炊き上げた後に混ぜました。そうすることで、緑の色も悪くならず、綺麗に仕上がりました。ただ、問題はお味です。〝おかゆ〟は、それだけを食べてそんなに美味しい物ではありません。確かにお米の甘みと七草の葉っぱ特有のほろ苦い感じは楽しめるのですが…。そこで、梅干・昆布の佃煮・津田かぶのお漬物・とんばら漬を添えました。すると「これがお粥?」と思える美味しさで、結局沢山食べてしまいました。お粥でお腹いっぱいです。でも、よく考えてみたら『七草粥』を食べる理由の1つは疲れた胃、お腹を休めるはずでした。。。そんな事をすっかり忘れて満腹です。本末転倒の『七草粥』でしたが、沢山頂いたので、今年1年の無病息災は間違いなさそうです。

 

では、今日はここまで。