ドーナツ専門店へ行く。

ずっとずっと前から気になっていたドーナツの専門店『ひつじ』さんへ、やっと行く事が出来ました。もう本当に、ずっと前から「いつか行く!」と心に決め、とにかく行きたいと思っていたのです。ですが、自宅から行くにはちょっと離れている事、営業日が少ない事から、これまで御縁がありませんでした。特に営業日に関しては、定休日が月曜・火曜・水曜+臨時休業だそうで、月の約半分しかあいていません…。その為、口コミサイトでの人気以上に、個人的な期待値も高まります。と、言いつつも、実は今日も「どうしようかなぁ?」と思い悩んでいたのですが、ベビーちゃんの健診の結果がとても良かった事で気分も良く、お散歩も兼ねて~と、テクテク歩いて行って来たのです。

 

↓ そして、遂に手に入れたドーナツがこちら!『ひつじ』さんのドーナツ4個と一緒に販売されていた食パン。

f:id:kuksa:20161216205331j:plain

 

ドーナツは、どれにしようか「ん~」と悩みましたが、パン好きの私としては、食パンを見つけた瞬間に先ず購入です。ですが、「ここは、ドーナツ専門店では?」とまたしても余分な事が気になり始めましたが、ドーナツ選びに集中です!結局、黒豆きなこ(?)・チョコレート・和三盆・ホワイトチョコレートに決定。お店の方に、2時間以内に食べるかどうかと聞かれましたが、今日は旦那さんの帰宅が遅いので「はい、すぐにでも!」と答えたい気持ちをぐっと抑えて「夜に…」と答えると、きなこや和三盆のトッピングを別添えにして下さいました。なんと、時間と共に溶けてしまう事への配慮だったのです!また、種類と数についてですが、そう多くはありません。主に、モチモチ食感の〝発芽玄米ドーナツ〟とフワフワ食感の〝天然酵母ドーナツ〟の2種類で、リング状の物には、後からトッピングをする感じです。また、他にも、クリームチーズやサツマイモが入った丸いドーナツもありました。

肝心のお味ですが、美味しいです!ホワイトチョコレートのドーナツを一口食べました。しっとりしていて本当に美味しいです。どうして一口か…それは、旦那さんが「今日は食べられない」と言ったからです…待ってたのに(涙)飲み会帰りでも、何か食べる時があれば食べない時も…今日は「夜に…」とお店の人に答えたので、それを果たす為にも(?)本当に夜に食べておきました。一口だけ、ですが。

 

↓ お店の外観はこんな感じ。夷川通富小路の交わる所にあります。素敵な椅子の上に『ひつじ』と営業中の文字が書かれた案内が置かれています。

f:id:kuksa:20161216205415j:plain

 

↓ 店内のドーナツ写真も撮りたかったのですが、何故か私の後にお客さんが多く来店し、小さなお店がいっぱいになり、並べられたドーナツ同士の間隔の方が広く感じる程で、諦めて外から撮影しました。

f:id:kuksa:20161216205448j:plain

 

『ひつじ』の最寄駅は、地下鉄だと『丸太町』か『京都市役所前』、京阪だと『京阪丸太町』、その他、バスがいくつかありますが、どちらにしても微妙な距離であり、利便性は高くないのですが、それもまた良いのかもしれません。お店が面している夷川通は、家具の街としても有名です。

 

↓ その為、こんなに味があり過ぎる(?)雰囲気の机専門店も斜め前にありました。

f:id:kuksa:20161216205521j:plain

 

机専門店なんて、初めて見ました!この夷川通、新しい家具からアンティークの家具と色々なお店がありました。中には、古そうなガラスや焼き物を扱うお店があり、ふと父方の祖父母宅を思い出しました。古いガラスはちょっと濁った独特の雰囲気があり、巨大なお皿は何を盛りつければ良いのだ(?)と心底悩みそうなとびきりサイズ、しかも、お皿の大きさにぴったりな巨大な鯉や松竹梅の絵が描かれているのでした。。。

ドーナツを買ってご機嫌で帰ったものの、今日はベビーちゃんがぐずる日で散々でした。午前中の病院では賢く、先生や看護師さんにも褒められたのですが、時々あります。ミルクを飲んでも飲んでも、手を口に入れたり哺乳瓶を離さなかったりと「もっと!ミルク!」と要求するのです。それに対して「飲みすぎだよ!」と応じなければ大泣きです。と言うのも、今までに2回、今回で3回目のこのパターン、結果は目に見えているのです。飲み過ぎて、飲んだミルクを全部吐き、ニタ~と笑って、爆睡。それが結末であり、ぐずりの終焉合図です。最初は、誤嚥しないかと心配しましたが、大丈夫そうです。今も、起きてはいますが、ご機嫌です。

更にもう1つ気になり、驚いた事が!街中の至る所に明日12月17日公開の映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のポスターが貼ってあるのです。最近、あちこち出掛ける様にはなったものの、子連れでの映画は厳しいのでチェックをしておらず、何となく「京都でロケしたのかも?」位に思い、通り過ぎ続けていました。そして、ふと気になってホームページを見てみると!驚いた事に、ロケ地のどこもかしこも身近な場所だったのです。加えて、ずっと前の事ですが、頻繁に通る場所で、撮影をしている場面に遭遇しました。明らかにドラマでは無く、映画の撮影っぽい雰囲気で、写り込んでしまっては大変!と足早に離れた事があったのです。今思えば、きっとこの映画だったのだと思います…。ホームページを見ると、ロケ地巡りの地図が出ていました。期間限定で福士蒼汰さんと小松菜奈さんのサイン入りベンチのセットが置かれたり、限定の叡電が走るそうです。そう聞くと、何故か急にこの映画を見たくなりました…。〝身近な場所〟がロケ地って、妙に好奇心が駆り立てられてしまいます!!!

 

↓ 最後に、ベビーちゃんもドーナツの様なリングを握りしめているのでした。

f:id:kuksa:20161216231638j:plain

 

では、今日はドーナツと映画のロケ地のお話でした。

また近い内に。