大根だきで絵馬を貰う。

先日の12月7日に『二十四節気』の第21『大雪(たいせつ)』も過ぎ、随分寒くなってきました。京都市内にある自宅周辺では、未だ雪は降っていませんが、雪に代わってここ数日は「虹が出ていた」と耳にします。私自身も、6日に比叡山に向かって架かる大きな虹を見ました。虹に出会うと不思議と良い事がある様な気がします。また、科学的に言うと「虹は、太陽の光が空気中の水滴によって屈折…」と説明される様ですが、一気に現実に引き戻されて夢が無くなります…。今日の午前中も虹が見られそうな霧雨が降ったり止んだりしていましたが、そんな中『妙満寺』へ行って来ました。昨年もこの時期に訪れましたが、目的は『大根だき』です。

 

↓ 無病息災や中風除けの『大根だき』は京都各地で行われます。

f:id:kuksa:20161210172104j:plain

 

最も有名なのは『千本釈迦堂』かと思いますが、昨年からの新しい恒例として、私たちは『妙満寺』に行く事にしています。写真には2人分の大根と絵馬が写っています。大根が描かれているのは、昨年には無かった『絵馬』です!何故か他のお寺よりも安価な1杯500円だった『妙満寺』も今年から一気に倍額の1000円になった代わりに『絵馬』が付き、無料で庭園を見学する事が出来る様になっていました。写真の奥にある包みは別売りの〝おこわ〟です。また、柚子が散らばってしまっているのも愛嬌です!

 

↓ 『絵馬』だけの購入も可能な様です。ですが、この『絵馬』どうしたら良いのでしょうか?特に説明がありませんでした。本堂の一部にて掛けられている様にも見えましたが、書いている参拝客は見掛けませんでした…。

f:id:kuksa:20161210172139j:plain

 

購入した『大根だき』は2人分ですが、勿論ベビーちゃんも一緒です。私の前でエルゴに包まれてカンガルー状態です。到着と同時に早速頂いた『大根だき』、その後は一通りお参りもして来ました。

 

↓ 本堂にて3人でお参りの後、振り返ると『仏舎利大塔』と『大根だき』をしている様子が見えました。空いている様にも見えますが、昨年の倍程度の人出がありました。

f:id:kuksa:20161210172210j:plain

 

↓『仏舎利大塔』の中には、釈迦如来のお姿が見られます。

f:id:kuksa:20161210172816j:plain

 

昨年は見学させて頂いた『雪の庭』や『安珍・清姫の鐘』は見学しませんでした。これらの詳細は昨年にも書いたので省略です!

 

↓ 街中の銀杏もすっかり葉が落ち、紅葉も終わりですが、一部のモミジが綺麗なオレンジ色をしていました。オレンジ色に色付く種類は見頃が少し遅いのでしょうか。

f:id:kuksa:20161210172859j:plain

 

↓ 木の足元に行って見上てみると、一層綺麗に見えました。

f:id:kuksa:20161210182007j:plain

 

3人で写真を撮ろうと思い、タイマーで撮影して来ました。ベビーちゃんは相変わらず爆睡中。エルゴの中から手と足をぶらぶらして後姿での撮影となりました。

 

これからの季節は寒さが一層増す反面、冬ならではの楽しみに期待が膨らみます。次の『二十四節気』は『冬至』ですが、今年は12月21日の様です。忘れずに『柚子』の準備をしておかねば!と思いますが、良く考えてみれば〝柚子好き〟の旦那さんが喜ぶ「柚子風味」のお料理が出来る様にと常備しているのでした…。

 

最後に話は変わって…先日、実家の母から「新聞にCombimini(Combiのお洋服ブランド)から、着せ替えがしやすい服のお試しが募集が出ているよ」と教えて貰いました。どんな物かは分かりませんでしたが、送られて来たホームページを見てみると、年齢と性別に相応しい着せ替えやすい服が当たるかも!と言う事が分かりました。「まぁ、そんな簡単には当たらないだろう♪」と思い、応募をして数日…。昨日届きました!当たったのです。ちょっと不思議な組み合わせの色合いでしたが、着せ替えやすい(?)ポイントが詰まったお洋服です。いざ、着せてみると…初めてなので手間取りました。きっと、何度か着せていると慣れるのだと思いますが、お試しが出来て良かったです。。。それにしても最近、懸賞が良く当たります。

 

では、今日はここまで。