読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四世代で歩く!南禅寺。

今日は、旦那さんのお母さんである米子ママと松江のおじいちゃんおばあちゃんが来て下さいました。旦那さんから見て、お母さんとおじいちゃんおばあちゃんなので、ベビーちゃんからするとお父さん方のおばあちゃん、ひいおじいちゃんとひいおばあちゃんです。何と、四世代です!ベビーちゃんは幸せな事に、おじいちゃんおばあちゃんが4人、ひいおじいちゃんとひいおばあちゃんも3人なのです。

今回のご旅行、米子と松江からそれぞれ高速バスで京都へ、最終目的地は福井県です。福井へは、旦那さんの従妹ちゃんの舞台を見学に行かれるのですが、その前後に乗換えも兼ねて京都に立ち寄って下さったのです。

先ずはホテルに荷物を預け、お昼ご飯をご馳走になり「観光はどこへ行こう?」となりました。「紅葉と言えば南禅寺永観堂かな?」と言うご意見を受け、地下鉄にて『南禅寺』へ向かいました。

 

↓ 『南禅寺』の紅葉は、ちょうど見頃でした。

f:id:kuksa:20161118234413j:plain

 

↓ 同じ『三門』も見る角度が違えば、紅葉の進み具合が異なります。

f:id:kuksa:20161118234459j:plain

 

↓ 真っ赤も良いですが、優しいオレンジ色も素敵です。

f:id:kuksa:20161118234532j:plain

 

↓ 紅葉の葉の数のごとく、観光客も多いのです。写真右端には紅葉の様子に目を向ける観光客が写っています。

f:id:kuksa:20161118234604j:plain

 

↓ 一枚一枚に光が当たり、透けて〝光の色〟が見える様です。

f:id:kuksa:20161118234639j:plain

 

↓ 『南禅寺』と言えば、ここ!琵琶湖疎水の流れる『水路閣』です。テレビ、特にサスペンス系のドラマのロケ地として有名です。観光客の会話の中からも「ここがサスペンスの…」「ここね!」と話す声が聞こえていました。

f:id:kuksa:20161118234719j:plain

 

この様に、綺麗な『南禅寺』を見学しましたが、実は未だこの段階で旦那さんは到着していませんでした。前日になって、急に抜けられない仕事がある事が分かり、この後にやっと合流したのです。旦那さんも「仕事が終わったら行くから、ベビーちゃん連れて予定通り行って来て~」と。普通であれば旦那さん方の皆さんの中に、私がぽつんと混じって心細いところですが、とにかく優しい米子ママたちとあって本当に楽しい時間を過ごす事が出来ました。旦那さんが合流したのは『南禅寺』近くのカフェで、その後、皆さんはタクシーでホテルへ。結局、ゆっくりお話出来なかった旦那さんは残念がり、「明日もお見送りに出掛ける!」と意気込んでいます。ベビーちゃんが自分に似ていると言って貰えた事も嬉しかった様です。

 

ではまた、近い内に。