読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々な野菜とヒラタケ。

昨日、京都市左京区の地元野菜を展示即売するイベント『左京区農産物共進会』に行って来ました。最近、とにかく忙しい旦那さんですが、少し前に「一緒に行く?」と聞いてみると「僕も行く!」との返事。旦那さんも野菜やお魚を販売するイベントには興味深々です。

 

↓ 1番最初に目についたのは人参でした。色々な〝賞〟が設けられており、こちらの金のタグが付いた洋人参は何か受賞したようです…。今日の展示即売会、京野菜は案外少ない様です。あれれ???京野菜を期待していたんだけどなぁ。。。

f:id:kuksa:20161116155233j:plain

 

このイベントを知った区民だより(?)では「例年30分程度で完売」とあったので、少ないだろうとは思っていましたが、予想以上に種類も数も少ないです…。

 

↓ 柚子の販売コーナーです。かなり前列の人達が猛ダッシュで狙いに行った作物の一つでした。

f:id:kuksa:20161116155435j:plain

 

不思議と柿や干し柿を狙っている方が多かったです。皆さん、例年お目当ての物がある様です。私たちが到着したのは13時半。展示開始が13時、即売会は14時開始です。到着した時点で既に40人程が並んでいました。初参加の旦那さんと私、それもベビーちゃん連れとあって、私たちは「まだ見た事が無い京野菜があるかな?それに、何か買えたら買えたで嬉しいな~♪」位の気持ちでしたが、皆さん真剣モードです。並び待つ方々の中で私たちはちょうど真ん中辺りでしたが、前後を見渡してみても私たち親子3人が1番若かったです。それでも、入場制限を受けつつ、進めるとなった瞬間に走り出す先輩方はかなりのスピードで驚きました。先程まで椅子に座っておられた方や杖を持っていらした方とは思えません!流石です。

 

↓ 続いて、これぞ京野菜という雰囲気と貫禄がある『堀川ごぼう』です。

f:id:kuksa:20161116155657j:plain

 

「堀川ごぼうだ!」と簡単に呼び捨てるわけにはいかないお値段です。展示の段階では値付け中でしたが、後で見ると2500円でした。それもそのはず『堀川ごぼう』は京野菜の中でも1、2を争う高級品なのです。

 

↓ こんなに沢山の束のネギ、買われた方はどんな調理法をされるのでしょうか?保存しつつ少量ずつ消費するのでしょうか?

f:id:kuksa:20161116160418j:plain

 

↓ かぼちゃです。これは、見た感じでは『菊かぼちゃ』だと思うのですが…。だとしたら、これも京野菜と言うよりは、日本で古くからあるかぼちゃの一種だと思います。京野菜の『鹿ケ谷かぼちゃ』はこれが2段になった様な形をしています。

f:id:kuksa:20161116161529j:plain

 

また、このタイプのかぼちゃは水分が多く、煮物にした際にぺトぺトした仕上がりになります。個人的には、くりくりかぼちゃが好きなので、購入しませんでした。

 

↓ ウリ系も少しありました。左側に写っている薄緑色と白っぽいウリはどちらも『ハヤトウリ』です。右側は何でしょうか?『冬瓜』かな…?

f:id:kuksa:20161116162910j:plain

 

『ハヤトウリ』は、漢字で書くと『隼人瓜』で、日本に初めてもたらされたのが鹿児島だったことに因んで名付けられた野菜です。このウリは、兼業農家だった父方の祖父母宅で子どもの頃に良く見たウリで懐かしく思います。他の野菜は、スーパーでも販売されている一般的な物でしたが、この『ハヤトウリ』だけは、他では見る機会が無く、どうも見た目が苦手でした。

 

↓ 大根や蕪等もありました。一般的な大根は山の様にあり、並んでいる前後の方々が「1人1本はあたるんじゃないかな?」とお話されていました。ですが、珍しい大根は、数が少ないのです。左側は京野菜の『茎だいこん』かな?右側は『聖護院だいこん』らしき形をしています。

f:id:kuksa:20161116163240j:plain

 

左側の『茎だいこん』は形に特徴があるので、多分あっていると思います。下の方が丸く膨らみ、ぬぼ~っとした形をしています。確か、お漬物になると本領を発揮する反面、煮物にはむかない種類だったと思います。

 

↓ こちらも購入しました。中くらいサイズの蕪です。蕪は旦那さんの大好物です。漬けるも良し煮るも良し、何にでも調理できます。特に美味しいのは、焼いてホットサラダにする食べ方です。野菜の甘みが凝縮されるのでおすすめです。

f:id:kuksa:20161116164611j:plain

 

最近は色々なオリーブオイルが売られれていますが、レモンの香りが付いたオリーブオイルが美味しいです。このレモン風味のオリーブオイルと同量のお醤油を混ぜる、ただこれだけで美味しいホットサラダのドレッシングが出来上がるのです!

 

↓ 色鮮やかな『日野菜』です。現在では九州から信越地方と幅広く栽培されていますが、元は滋賀県発祥の野菜で、お漬物として食されます。こちらも蕪系であり、旦那さんが好きな野菜の1つです。勿論購入し、昨日の内に甘酢漬けにしました。淡い桜色になり、甘酸っぱくて独特の苦みがあります。

f:id:kuksa:20161116161012j:plain

 

↓ 一晩漬けたお漬物。季節外れの硝子の器に盛りつけてしまいました。寒々しい…。

f:id:kuksa:20161116170434j:plain

 

他に、水菜も買いました。即売会では、野菜は1人2点迄、加工品は制限なしのルールです。それでも、開始30分どころか15分で全ての品物が無くなりました。私たちは、全部で3つ、中蕪・『日野菜』・水菜を買いました。

 

↓ 色々な野菜を見て楽しむと同時に、周囲の木々を眺め、少しだけ色付いた紅葉も味わい『下鴨神社』の『糺の森』を後にしました。今回の『下鴨神社』訪問、ベビーちゃんにとって2回目です。

f:id:kuksa:20161116170538j:plain

 

そして、昨日は野菜に加え、手に入れた物があります!『ヒラタケ』です。会場へ向かう際に思いもよらない場所で『ヒラタケ』が沢山出ていたのです。「きっと誰も採らないだろうね~」と言いつつ、行きはそのまま、帰りに再度寄り道をして収穫しちゃいました!

 

↓ 『ヒラタケ』です。あちこちに出ていました。 

f:id:kuksa:20161116165225j:plain

 

↓ 雨が降った後すぐ、きっと出て来たばっかりです。その為、どれも新鮮で、虫よりも早く見つけられた様です。

f:id:kuksa:20161116165319j:plain

 

『ヒラタケ』を袋いっぱいに詰め、きのこ狩りを楽しんだ昨日の夜ご飯は、急遽〝みそ仕立てのお鍋〟にしました。『ヒラタケ』のお出汁が美味しく、いつも以上にいっぱい食べました。今晩も残りの野菜を調理して、美味しく頂く事にします。

 

最後に!今日は大学時代の友達からお祝いのプレゼントが届きました~。その友達も、今年の夏前にパパになったばかりとあって、メッセージには「お互い赤ちゃんを連れて会えることを楽しみにしています」と書いてくれていました。

 

↓ カラフルでベビーちゃんが気に入りそうな仕掛けがいっぱいついたぬいぐるみの〝おむつケーキ〟です。ベビーカーにもつけられる様になっています。

f:id:kuksa:20161116200444j:plain

 

透明ラッピング自体がお気に入りでブンブン腕を動かしたり足で蹴ったりして、おむつで作られた部分のバランスが崩れてしまい、泣く泣く分解しました…。普通は、暫く飾る物なのに。。。結局、折角のラッピングから外されたぬいぐるみははなさず、近くに置いて、音が鳴る場所や感触がシャリシャリと楽しい場所を見つけて遊んでいます。大好きな様です!!!

 

では、また。