下鴨神社へお宮参りに。

昨日、秋晴れのもと『下鴨神社』へお宮参りに行って来ました。行先の『下鴨神社』は旦那さんの強い希望です。時期的には、少し遅くなってしまいましたが、早く生まれたベビーちゃん、今回のお宮参りは本来の予定日から数えて丁度良い頃、季節も秋になってからとしました。日程が決まってからは、すぐに旦那さんの実家へ連絡をして「お宮参り、来られそうですか?」と聞いてみました。すると、遠方にも関わらず、米子パパとママ、そしておばあちゃん、3人揃って来て下さる事になりました!これで、4世代大集合です。私の実家の両親は、距離も近く、宿泊を伴わないので「行かせてもらうよ~」と即参加表明。大人7人とベビーちゃんの大人数です。

先ず当日は、衣装のレンタルも兼ねて写真屋さんへ。写真屋さんではベビーちゃんは変わらずご機嫌でタンバリン等で遊んで貰いつつ進められました。真っ白のドレスと朱赤ベースにピンクやクリーム色の鮮やかなのしめと呼ばれる和装をしました。まだまだ髪の少ないベビーちゃん、真っ白のドレスは似合わないのでは…と心配になりましたが、頭にも飾りを付けて貰って完璧でした。その後は、レンタル用の赤が華やかなのしめを借りてお店を後にしました。お昼ご飯も済ませて『下鴨神社』に参拝です。

 

↓ こちらは『下鴨神社』より頂いた品々。御札に御守が沢山です。

f:id:kuksa:20161016195939j:plain

 

↓ そして『下鴨神社』にてお宮参りを!決めてから、楽しみにしていたのがこちら。木製の葵の紋入りお食初用食器です。

f:id:kuksa:20161016201154j:plain

 

箱から出すと、木のとても良い香りがしました。お食初ですが、色々と調べてみると準備が大変そうだったので、実家にお願いをして助けて貰う事にしました。その際には、頂いたこれらの器を使わせて頂く予定です。

 ベビーちゃんの写真、沢山撮影しました。写真屋さんでは書きませんでしたが『下鴨神社』では、京都らしく額に文字を書きました。京都では、男児の額には「大」、女児の額には「小」と書く習わしがあります。生粋の京都人では無いものの、京都大好き夫婦である私たち、正式に残しておく記念写真では書きませんでしたが、一部の写真では書いて残しておきました。

また、昨日は大安とあって、結婚式が多かったです。外国人の新郎さんと日本人の新婦さんらしき組み合わせもあり、とても賑わっていました。その後はレンタルしたのしめの返却や夕食を楽しみ、幸せで充実した1日になりました。

そして、昨日はお宮参りだけでなく、特別な記念日にもなりました。それは、米子パパとママ、そしておばあちゃんにベビーちゃんを初めて抱っこして貰った記念日です。前回京都に来て貰った時はベビーちゃんの退院直前で、私たち両親しか抱っこする事が叶わなかったのです。今回、晴れて全員に抱っこをして貰う事が出来ました。特におばあちゃんは、ベビーちゃんをずっと抱っこして下さっていたので、米子に帰ってから、腕が痛くならないか心配です。今度、11月には米子ママのお父さんお母さんである松江のおじいちゃんおばあちゃんが京都に来て下さるので、抱っこをして貰う事が出来ます。今から、その日が楽しみでなりません!!!

昨日に続き、今朝もみんなで集まって朝ご飯を食べに行きました。米子ファミリーを見送った後は『宝ヶ池公園』を散策して帰りました。

 

この週末、ベビーちゃんのお宮参りの為、京都にて大集合しました。とにかく幸せで楽しいひと時でした。