草木染め体験、第5弾。

久しぶりに〝草木染め〟に行って来ました。とは言っても、私は入院中の身なので行く事は出来ませんでした。実際に訪れたのは、午前中に私の両親2人、午後に旦那さんとそのお仕事仲間の外国人関係者6名の方々でした。

今回は、以前から機会があれば1度はやってみたいと考えていた『バラ染め』です。本来であれば、父はお仕事がある平日でしたが、お休みをして『バラ染め』の染色液作りに行ってくれました。バラが大好きな両親だけあります!そして、午後には、旦那さんのグループが、その『バラ染め』の染色液と既にご用意くださっていた『藍染め』の染色液を元に、体験を楽しんだそうです。

 

↓ 両親から「工房の方が撮影して下さった写真だよ」と数枚貰いました。こんなにも美しい『バラ』を使ったそうです。

f:id:kuksa:20160727213602j:plain

 

全部で300本もあったとの事。1枚ずつ花弁を外し、丁寧に扱ったそうです。

 

何度も何度も染色液に浸けたそうで、前回の『杉染め』や『ウコン』、『スオウ』等よりも、時間を要したそうです。

 

↓ 両親が染めた完成作品はこちら。美しいピンク色です。

f:id:kuksa:20160727214004j:plain

 

今回は、シルクのスカーフです。地模様にバラがあしらわれているデザインだったとの事。何と、午後から訪れた旦那さんも同じスカーフを染めていました。私へのプレゼントだそうです。嬉しいです!旦那さんから送られてきた写真では、もう少し淡いピンク色をしていました。どちらにしても、素敵です。

午後に訪れた、外国からのメンバーを中心にしたお客さんは、主にフランスとアメリカからでした。午前中には、大原の『三千院』を観光して来たそうで、市内よりも少し涼しい落ち着いた京都を楽しんだそうです。そして、外国からのお客さんは、やはり『藍染め』に魅かれた様で、多くは『藍染め』ストールを染め上げた様でした。明日には、そのお客さん達と一緒に、旦那さんはまたまた大仕事です。いつもであれば、お手伝いが出来るのですが、今回は難しそうです…。ですが、病院から近い場所でのお仕事なので、一瞬抜け出して行く事は叶わないかなぁ~と密かに思っています。

 

では、今日はここまで。