読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ菓子と言えば…。

私の大好きなドイツですが、日本人にとってドイツ菓子の定番と言えば『バウムクーヘン』ではないかと思います。『バウムクーヘン』は、ドイツ語で樹木の年輪を意味する〝バウム〟とケーキを意味する〝クーヘン〟が合わさった言葉です。そんな『バウムクーヘン』ですが、私が特に好きなお店は『治一郎』『ズーセス ヴェゲトゥス』『クラブハリエ』の3つです。

『治一郎』は、甘さとしっとり感が絶妙。『ズーセス ヴェゲトゥス』はフレーバーの種類が多くてしっかり詰まった感じがします。『クラブハリエ』は、言わずと知れた人気店ですが、他のお店と違って〝バウム〟では無く〝バーム〟の表記『バームクーヘン』です。どこも、それぞれの魅力があります!

そんな中、いつもの奥様がお見舞いの際に『治一郎』の『バウムクーヘン』を持って来て下さいました。しかも、2回目です!他にもお豆腐や蒸し鶏、前回は『Dai's Deli & Sandwiches(ダイズデリ&サンドイッチ)』の美味しいデリセット等を頂きました。セットについていた人参のスープも最高でした。

 

↓ 頂いた『治一郎』の『バウムクーヘン』です。今日、旦那さんと一緒に、面会室で食べました。久々にゆっくりと2人でのお茶タイムでした。先日も、旦那さんが、さくらんぼの『佐藤錦』を買って来てくれて驚きました。

f:id:kuksa:20160629194115j:plain

 

いつもお見舞いに来てくれる皆さんが色々な物を差し入れてくれます。そのお蔭で、あまり美味しくない病院食だけにならず、何とか頑張れています。無事に退院できた時には、何かお返しが出来れば…と思っています。

 

では、また。