読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬の成長はとても早い。

今月も気が付けば今日で終わり。明日からは6月です。そろそろ梅雨の時期がやって来ます。嫌だなぁ…。それにしても、一般的に12月を『師走』と言いますが、今月はとにかく忙しく、旦那さんが走る『旦那走』の月でした。ってこんな漢字、何て読むのでしょうか?

そんな中、溜めにためていた写真の整理をしました。すると、実家の〝さんちゃん〟の懐かしい写真が出て来ました。とは言っても、彼の正式な名前は〝さんちゃん〟ではありません。血統書に書かれた名前は何だか難しく、実家ではきちんとした愛称があります。にも関わらず、旦那さんと私は訳あって、いつも「さ~んちゃん♪」と呼びます。

 

↓ さんちゃん。随分たくましくなりました。2013年7月29日生まれなので、あと2ヶ月もすれば3歳です。この写真は、旦那さんに飛びつこうと、滑り台から狙いを定めている所です。獲物を狙う視線は、ちょっと強面です。

f:id:kuksa:20160531210106j:plain

 

唯一、子どもの頃から遊び続けているおもちゃは、な、なんと…犬用の〝鹿の骨〟です!成長してからはとにかく賢く、おもちゃ以外の物を噛む事はありませんが、布製のおもちゃなんて、ひとたまりもありません。以前、東京の銀座に立ち寄った際、素敵なペットショップを見つけたので、とってもおしゃれなおもちゃをお土産に買いました。が、しかし、瞬く間に形が無くなり、無残な姿になりました…。

 

↓ 『ミニチュア・ダックスフント』にも関わらず、今では、中型犬並みのパワーを発揮している子も、実家に来た頃は、こんなに小さくて、歯ブラシが大好きなコロコロのじゃがいもの様な子でした。

f:id:kuksa:20160531211258j:plain

 

それが、今では、見事な成犬です。

 

↓ 呼びかけた時にこちらを見た何気ない表情。実家の両親からは「もっと可愛い!」と言われてしまいそうですが…。

f:id:kuksa:20160531211025j:plain

 

家族と一緒に写っている写真だと可愛らしいものが沢山あったのですが、さんちゃん単体では中々難しいのです。また、ゆっくりと帰省した際に、撮影したいと思います。それにしても、犬って、何をもって、言う事を「きく」「きかない」を決めているのでしょうか?母と私の言う事は、しっかりききます。でも、父と旦那さんの言う事はイマイチききません…。特に、旦那さんには、甘えたい放題です。それでも、旦那さんは「さ~んちゃん♪」といつも可愛がってくれています。暫く会っていないと、旦那さんも「さんちゃん、元気かなー?」が口癖になります。そろそろ会いたい頃かもしれません。

 

では、また近い内に。