和食通じて季節感じる。

先日、以前働いていた先でお世話になっていた方と待ち合わせ、ランチに出掛けました。「どんなお店が良いですか?」とお聞きした所、和食を希望されたので、知っているお店を幾つかピックアップして予約の電話をしました。が、しかし…片っ端から電話するも全く予約がとれませんでした!最近の京都人気は確かな様で、有名店や人気店は随分前から予約をしなければ、希望の日時をおさえる事が出来ないのです。結局、初めてのお店ではありましたが、以前から気になっていた『祇園 東山 つじ華(ぎおん とうざん つじはな)』に行く事にしました。こちらのお店〝東山〟と書いて〝とうざん〟と読むんだそうです。一般的には〝ひがしやま〟かなぁ?と思うのですが、珍しいです。

 

場所は『八坂神社』の南楼門を抜けて『石塀小路』方面へ歩く事、約5分です。少し早い到着でしたが、既にお店前では、ご案内をして下さるお店の方が待って下さっていました。入口の雰囲気も京都らしく、素敵です。「写真を撮ろうかなぁ~」とも思いましたが、中へ促して下さったので、帰りに撮る事にしました。

中へ入ると、個室へ案内されます。こちらは、全て個室の様です。飲み物の希望を聞きに来られた後、ハチミツとお酢のさっぱりとした一杯を出して下さり、お料理の配膳となりました。

 

↓ 写真上段は左から、トウモロコシのお豆腐。鯛の蓮蒸し。写真下段は同じく左から夏野菜の胡麻豆腐餡?だし巻き卵に鰆の幽庵焼と茗荷の酢漬け、カステラ風…?でした。蓮蒸しの蓋に乗せられた緑のモミジが涼し気でした。

f:id:kuksa:20160522205333j:plain

 

↓ 続いて、奥の硝子の器は、鮪と鯛の炙りと芋茎(ずいき)のスライスに香味野菜とドレッシングの創作お造りです。手前は熱々が美味しい胡麻豆腐の揚げ出しでした。胡麻豆腐の揚げ出しは、少し濃い目の味付けでしたが、あられ風の衣だったので、それも美味しく頂く事が出来ました。

f:id:kuksa:20160522205411j:plain

 

↓ 最後に、ご飯は鱧の天丼、赤だしと昆布でした。

f:id:kuksa:20160522205447j:plain

 

デザートでは、ヨーグルトとマンゴーのムースが綺麗なグラスで出て来ましたが、ついつい食べてしまったので、写真はありません。

個室と言う事もあって、周囲の方々に気遣う事無くのんびりと色々な話を楽しむ事が出来ました。お部屋にてお会計を済ませた後、お店を出る際に「忘れないように玄関の写真!」と思っていましたが、お出迎え同様にお見送りも姿が見えなくなるまでしっかりとして下さったので、やはり諦める事にしました…。

場所も良く、個室にて、季節を感じられるお料理が楽しめるお店でした!

 

話は変わって…。

私がランチでお出掛けをしている間、申し訳ない事に旦那さんはお家でお留守番、お仕事をしていました。最近はとにかく忙しく、元々関係のない「曜日」という概念がすっかりぶっ飛んでいます。その間に、実家から『空豆』がたんまりと届きました。とはいっても、実家で『空豆』は作っていません。毎年、牡丹の花をお願いしている島根県の『大根島』にある牡丹屋さんから届いたのです。その『空豆』をお裾分けして貰いました。今晩のおかずとして『空豆』に新玉葱や三つ葉等を加え、かき揚げにして頂きました。美味しかったです。

 

今回は、食べ物に関するお話でした。