読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仙台出張・駅弁大集合。

今回は、仙台出張期間中に買った〝駅弁〟についてお届けします。新幹線を使っての移動で最も楽しい時間は、乗車前に駅弁を選んでいる時と過ぎ去る景色を見ながら選んだ駅弁を食べる瞬間だと思います!では、早速…

 

↓ 旦那さんが飲み会の日に食べた私の夜ご飯の駅弁…。今回食べた中では1番美味しい駅弁でした。鳴子温泉の女将さん達が監修されているそうで、宮城らしい食材が多く使用されています。

f:id:kuksa:20160326210829j:plain

 

特に『しそ巻き』や『凍み豆腐(しみどうふ)』は東北ならではです。また、一般的に駅弁に入っているお魚は鮭・サバ・ブリ等の切り身ですが、こちらは珍しい川魚の岩魚(イワナ)の塩焼きでした。

続いては、仙台からの帰りの新幹線で食べた駅弁です。

 

↓ 手前から『政宗公ゆかりの仙臺 伊達辨當』、何故か山形の『牛肉どまん中』、これまた、仙台とは関係のない『JR函館本線 森駅』の『いかめし』です。

f:id:kuksa:20160326210918j:plain

 

↓ 私が選んだ『政宗公ゆかりの仙臺 伊達辨當』からご覧下さい。2段になっていて、上段には竹皮で包まれた巨大なおにぎりが2個。下段には仙台名物の『ずんだ餅』を含むおかずの数々です。

f:id:kuksa:20160326210959j:plain

 

こちらの駅弁はとにかくおにぎりが大きいです。「ご飯をいっぱい食べたい!」と言う方には向いているかと思いますが、このおにぎりを食べるとおかずは食べられない程、満腹になります。

 

↓ 写真の真ん中に写っていた『牛肉どまん中』です。勿論、選んだのは旦那さん。山形県のお米『どまんなか』に牛肉煮をのせた牛丼風の駅弁です。

f:id:kuksa:20160326211047j:plain

 

仙台出発前に「この駅弁って、デパートとかでやってる物産展でも人気なんだって~。仙台駅でも買えるらしいよ。ただし、山形の駅弁だけどね」と話していたのですが、旦那さんは見つけるやいなや、迷う事無くこの駅弁を手にしていました。そして、最も謎なのが、『JR函館本線 森駅』の『いかめし』です。そもそも、どうして北海道の駅弁が買えたのか?と言う事ですが、実は仙台に滞在していた時は、今日3月26日に開業した『北海道新幹線』の運行直前でした。その為、仙台駅周辺では、『北海道新幹線』をPRしつつ、道内各地の物産展を派手に展開していたのです。元々、少しは地方の駅弁を置いておられる様ですが、『いかめし』を見つけた旦那さんの顔は思いっきり緩んでいました。旦那さんはいかめしが大好きなのです。

 

↓ 「そのいかめしは、物産展でも人気のいかめしだよ。私、食べた事あるよ」と言うと、更に買いたそうにしています。「駅弁、2個でも良いよ~。食べるんだったら買おう?」と声を掛けると首を縦にぶんぶん振りながら手にしていました。

f:id:kuksa:20160326211124j:plain

 

結局、旦那さんは『牛肉どまん中』、『いかめし』の2つをたいらげて「お腹いっぱいや~」と満足そうにしていました。流石に、東京駅で「東京駅の駅弁は?いつもの崎陽軒のシウマイはいらないの?」と聞いてみましたが「今日は無理!もう食べられない」とお断りでした。その後は、帰宅後翌日からの次の出張に向けてパソコンをカタカタしつつ一生懸命にお仕事をしていました。その出張は大阪なので私はついて行きません。

 

↓ 最後は京都から仙台へ向かった際の駅弁です。左側が旦那さんの『京のおばんざい』で右側が私の一般的なよくあるお弁当です。もしかしたら、以前も食べた事がある様な気がしました。手前にある巻き寿司は『いづ重』の物で、数量限定とあり、つい買ってしまいました。

f:id:kuksa:20160326211213j:plain

 

以上で、仙台出張に関する内容は終了です。それにしても、気になった事があります。仙台の方は、硬いご飯がお好きなのでしょうか?仙台市内のお店で食べたご飯、お米はどれも硬いめの炊き具合で駅弁も同じなのです。個人的には、もっちりとしたご飯が好きなので、その点はどうも合いませんでした。

次回以降は通常版に戻り、日々の身近な事について綴ります。今朝は窓を開けると「ケキョ」と聞こえました。「あれ?聞こえた?ウグイスの声!」と旦那さんに声を掛けて耳を澄ませていると、次は上手な声で「ホーホケキョケキョ…」と鳴いてくれました。暫く聞き入り、姿を探してみましたが、残念ながら見つける事は出来ませんでした。また、来てくれると嬉しいです。

 

では、また近い内に。