読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃の節句とウズラ風呂。

今日は、『桃の節句』です。スーパーに出掛けてみると、ちらし寿司を彩るお刺身やお吸い物用の『ハマグリ』が売られていました。そんな中、実家の母からは「床の間に飾っている、桃と雪柳が咲いているよ~」と聞きました。ふと「懐かしい…。うちも、何かしよう!」と思い立ち、ささやか過ぎる『桃の節句』ですが〝お雛さん柄〟の手拭とポストカード、桜餅と菱餅を飾ってみました。

 

↓ アイロンをあてても、ピン!とせず、諦めました…。折皺は中々手強いです。

f:id:kuksa:20160303231041j:plain

 

本物の美しい雛人形は、先日『安藤人形店』にてじっくりと観賞させて頂きました。そのせいか、妙に満足してしまい、今年は『三十三間堂』で開催される『桃の法会』にも足を運びませんでした。横着な事です…。それも「まだまだ寒いから…」と気温のせいにしています。明後日、3月5日は『啓蟄(けいちつ)』です。冬籠りの虫たちと一緒に、私も活動の時期を迎えようと思います。

 

昨日の事、旦那さんが姫ウズラたちをお風呂に入れました。お風呂と言っても、足湯です。

 

↓ 爪に土がついて固まってしまいました…。「何をされるのだ?」と身構えている、こはるです。

f:id:kuksa:20160303231153j:plain

 

↓ そよご(左)とこはる(右)は固まっています。

f:id:kuksa:20160303231243j:plain

 

結局、1番風呂になったのは、いろはです。とにかく、いろはの足が1番汚かったので、一気にお風呂にしたプラケースのお水が濁りました…。

 

↓ お風呂上りのいろは。日頃、羽根で隠れている部分が見えているので、足長です。2人して「え?こんなに足って長かったの?」と驚きました。

f:id:kuksa:20160303233025j:plain

 

爪が綺麗になってからは、姫ウズラと言うよりは、首をすくめた小さな『ダチョウ』や『エミュー』の様な姿勢で歩き回っていました。姫ウズラたちにとって、お風呂が気持ち良いのかどうかは分かりませんが、清潔にしておいて貰う事は大切なので、今後も定期的に足湯をして貰おうと思います。

今日は、カメラの設定が初期化され、撮影した写真が迷子になりました。探しても探しても見つからず、ブログの更新にとても長い時間を要しました。あれやこれやと色々なファイルを開いてやっと見つけた場所、それはなんと1番古いファイルの中でした…。カメラの設定を戻しておかなければなりません!

 

今日は『桃の節句』と姫ウズラのお風呂についてでした。

では、また近い内に。