読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

府立植物園と春の訪れ。

今日は、旦那さんと一緒に『京都府立植物園』へお散歩に行きました。この時期のお天気は気まぐれで、暖かい日もあれば朝晩を中心にぐっと冷え込む日があります。それでも「植物園であれば、そろそろ春らしくなっているのかなぁ~?」と期待を込めて行ってみました。

 

↓ 園内全体は、まだまだ「春だ!」とはいきませんが、企画展として〝早春の草花展〟が開かれていました。まさに、その特設温室の中だけは春満開でした。そよ風に揺れる菜の花です。

f:id:kuksa:20160216230629j:plain

 

↓ 春のお花…と言えば、やはりチューリップです。

f:id:kuksa:20160216230716j:plain

 

↓ 珍しい品種はありませんでしたが、シンプルでチューリップらしい形をした定番の物が沢山配置されていました。

f:id:kuksa:20160216230809j:plain

 

↓ 〝春らしさ〟と言いうよりは、企画展の名の通り〝早春〟のお花の代名詞、福寿草です。福寿草は、1月1日の誕生花としても有名です!

f:id:kuksa:20160216230929j:plain

 

↓ スズランもありました。白いお花が可憐で、大好きなお花のひとつですが、先程の福寿草同様、強い毒成分があります。どうして綺麗なお花には毒があるのでしょうか…。

f:id:kuksa:20160216231038j:plain

 

↓ ここからは、企画展を離れ、園内に咲いていたお花です。スズランと同じ様に白くて俯き加減に咲くこちらは、スノードロップです。

f:id:kuksa:20160216231214j:plain

 

↓ 園内で咲いているお花、その中で最も見頃を迎えていたのは、梅でした。梅は、色々な種類がある為、満開の木があるかと思えば、横で硬い蕾を付けている木もありました。その分、今後も長い間楽しむ事が出来そうでした。

f:id:kuksa:20160216231552j:plain

 

↓ 梅の木を眺めながら、以前見た『ルリビタキ』は居ないかな…と探していると、オレンジ色が鮮やかな『ジョウビタキ』が舞い降りて来てくれました。紅梅にとまってこちらの様子を窺っています。

f:id:kuksa:20160216232043j:plain

 

↓ カメラを構えながら、じっと待っていると、どんどん近付いて来てくれました。人懐こい性格の様です。

f:id:kuksa:20160216232238j:plain

 

↓ 『ジョウビタキ』の〝ジョウ〟は〝尉〟の漢字で、意味としては「銀髪」を表しているそうです。確かに、角度によっては頭のてっぺんが角刈りの銀髪に輝いています。

f:id:kuksa:20160216232502j:plain

 

↓ 「そんなに近付いたら撮れないよ!」と言いたくなる様な距離に入って来ます。手を伸ばせば、掴めてしまえそうです。

f:id:kuksa:20160216232617j:plain

 

↓ 最後には、お尻をふりふり、尻尾を広げて見せてくれてから「さようなら~」と飛び立って行きました。

f:id:kuksa:20160216232823j:plain

 

↓ 他にも、色々な種類の野鳥観察が出来ました。あまり色鮮やかで美しい鳥ではありませんが『ツグミ』です。地面を歩いている事が多く、落ち葉などを突いてウロウロしています。

f:id:kuksa:20160216233021j:plain

 

↓ 『モズ』です。とっても嘴が鋭く「モズのはやにえ」をするのに、適した形をしています。「はやにえ」とは、捕まえた餌である昆虫や両生類等を木の枝に刺す事です。比較的小さい体の割に、そこそこ凶暴な性格の様です。

f:id:kuksa:20160216233936j:plain

 

旦那さんに「私って鳥に例えたら何~?」と聞いた事があるのですが、旦那さんは迷わず「モズ!」と答えました…。また、動物だったら?と同様の質問をした際にも「コアラ!」と答えました。「何でコアラ?」と聞いてみると「一見おっとりしているけど、コアラって爪がガシってしてるでしょ。結構凶暴…」だそうで…。どうやら、私の事を〝実際は凶暴だ〟と、そういう風に思っている様です。。。

 

↓ 最後に、植物園から帰ろうとすると、バサバサ~っと凄い音を立てて100羽位の鳥の大群が飛び立ちました。何だろう?と小走りで追いかけてみると、何と『イカル』でした。

f:id:kuksa:20160216234116j:plain

 

↓ 鳥の集団=『ムクドリ』のイメージでしたが、ここでは『イカル』が集団を作っていました。『イカル』は、先日『岡崎神社』にて羽根を拾った鳥です。

f:id:kuksa:20160216234702j:plain

 

警戒心が強い様で、すぐに逃げてしまい、きちんと撮影できませんでしたが、2枚目の写真であれば、前回拾った羽根がどの辺りの物かがお分かり頂けると思います。体の側面にある黒地に白い点、その部分の羽根を拾ったのでした。

 

今日は『京都府立植物園』で見つけた〝春〟と野鳥のお話でした。

では、また。