読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お正月休暇も終了です。

遅ればせながら…みなさま、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

新年、最初にお届けをするのは『米子水鳥公園』で観察をした『コハクチョウ』についてのお話です。と言うのも、年末から1日迄は私の実家へ、その後1日の午後の移動を経て旦那さんの故郷の米子・松江に帰省していたのです。そして、私たちにとって米子と言えば『米子水鳥公園』なのです!

 

↓ 初日の出。1月2日ですが…。ネイチャーセンターの〝つばさ池〟から見て来ました。

f:id:kuksa:20160104001231j:plain

 

ここ『米子水鳥公園』を含む中海周辺は、国内で確認されている野鳥の内42%が記録されている山陰に限らず日本屈指の野鳥スポットなのです。中でも、『コハクチョウ』の集団越冬地として名高く『コハクチョウ』は〝市の鳥〟にも制定され、街中の至る所に描かれています。

 

↓ 朝の『コハクチョウ』です。真ん中のグレーの子は、まだ幼い『コハクチョウ』です。今後、徐々に白くて美しい『コハクチョウ』へと変化を遂げます。

f:id:kuksa:20160104001323j:plain

 

集団が順番にお辞儀をする様な仕草を見せると、いよいよ「飛びます!」の合図です。食事の場所は『安来節』で有名な『安来』周辺の田圃です。そこへ向けて、グループ毎に飛び立ちます。

 

↓ 順番にお辞儀をすると、一気に羽根を広げ、水面をペチャペチャと走り出します。あまりスマートな飛び方ではありません。

f:id:kuksa:20160104001547j:plain

 

↓  まだまだ走ります…。

f:id:kuksa:20160104001444j:plain

 

↓ やっと浮いて来ました。もうすぐです。

f:id:kuksa:20160104001637j:plain

 

↓ 大きな羽根を動かして、無事に飛ぶ事が出来ました。

f:id:kuksa:20160104001745j:plain

 

↓ そのまま、『安来』方面へ一直線の集団もあれば、ぐるりと一周をしてネイチャーセンターの目の前を通過して行く集団もあります。

f:id:kuksa:20160104001827j:plain

 

↓ 家族を中心に小グループで飛び立つ様ですが一斉に一つの方向へ飛び行く姿は中々の迫力です。

f:id:kuksa:20160104001935j:plain

 

夕方になると、食事に出掛けていた『コハクチョウ』も戻って来ますが、他にも『マガン』が700羽も戻って来るそうです、その数を聞いて驚きました。700羽の集団、順番に帰って来ても恐ろしい数ですが、一気に戻ってくると空が暗くなりそうです。この日の予想は「17時頃に戻って来るのでは?」 という事でした。旦那さんは『ガン』と聞けば、椋鳩十による童話『大造じいさんとガン』を思い出すそうです。

この日には、他に珍しい鳥を見る事が出来ました。

 

↓ 『ツクシガモ』です。写真では小さくて見にくいのですが、美しい色合いの大型のカモです。

f:id:kuksa:20160104002020j:plain

 

ツクシガモ』を漢字で書くと『筑紫鴨』です。名前の通り、本来、日本では九州北部の有明海周辺にある干潟で多く見られ、本州迄は渡って来る事の少ない鳥だったのですが、近年は東日本でも稀に見られる様になったそうです。

 

↓ こちらは『ハシビロガモ』です。これまた漢字で見ると分かりやすく、嘴の広い鴨と言う意味で『嘴広鴨』と書きます。

f:id:kuksa:20160104002122j:plain

 

〝美しい〟とは言い難いのですが、風格があります。これらの〝カモ類〟を中心に色々な鳥を観察する事が出来ました。旦那さんは、以前から『ミコアイサ』と言う鳥が見たくてしょうがないのですが、今回は『ミコアイサ』のメスだけを見ました。残念ながら、オスと違って『ミコアイサ』らしい特徴は見られなかったのですが、それでもちょっと満足をした様子でした。

そして、うちの可愛い可愛い『姫ウズラ』ですが、私たちの帰省に同行してくれました。電車・高速バス等の乗り物に乗っている間も大人しくしていました。また、松江のおじいちゃんおばあちゃんの所にも遊びに行き、旦那さんの親戚の方々にも可愛がって貰っていました。出会う方々みんなのアイドルだった3羽ですが、特に米子のおばあちゃんには連日何時間も面倒を見て頂きました。そのお陰か、とってもやんちゃでお転婆さん(?)暴れん坊くん(?)だった、いろはちゃんがすっかり賢くなりました。

 

↓ ウズラハウスのお掃除中。3羽揃って外に出て待っています。左から…こはる・いろは・そよごです。

f:id:kuksa:20160105231303j:plain

 

一時期は、羽根があちこちから飛び出し、頭の中心はモヒカン状態にハゲ散らかしていましたが、やっとお見せできる程度に生え揃ってきました。

 

↓ いろはちゃん、掌でコロンと転がる〝ニギコロ〟も出来る様になりました。

f:id:kuksa:20160105231820j:plain

 

↓ ちょっとやそっと、揺らしたり方向を変えても気にしません。本来やんちゃだっただけに、肝が据わっているのでしょうか…?それにしても、幅広モヒカン…。もう少し生えて貰いたいところです。

f:id:kuksa:20160105232221j:plain

 

↓ こはるちゃんは、相変わらず丸々としています。

f:id:kuksa:20160105232344j:plain

 

↓ そよごちゃんは、見事な鹿の子模様だったのですが、少しぼんやりしてきました。

f:id:kuksa:20160105232512j:plain

 

3羽とも、元気にすくすくと成長しています。このまま、仲良くしてくれれば良いのですが、どうなる事でしょうか。年賀状や新年に頂いたメールの多くには、「ひめうずらちゃんは元気ですか?」や「姫ウズラのその後が気になります!」と言ったメッセージが多くありました。有難い事です。今年も、夫婦仲良く姫ウズラと共にやって行こうと思います。

今年1年、みなさまにも、私たちにも良い事が沢山あります様に!そう言えば、新年早々既に良い事がありました。その事はまた後日改めて~☆

 

ではでは、また。