読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大漁旗で華やぐ魚の棚。

今日は〝大晦日〟です。そんな1年の締めくくりの1日に相応しく(?)大漁旗で華やかに彩られた商店街『魚の棚(うおんたな)』に行って来ました。地元明石の人々には『うおんたな』と親しまれる場所ですが、やはり年末の賑わいは特別な物です。 今日は、そんな『うおんたな』周辺と年末のご飯についてです。

 

↓ アーケードの天井近くには、鮮やかな大漁旗が掛けられていました。多くの買い物客により、通行するだけで精一杯でしたが、何度も見上げ、色とりどりの旗に見入ってしまいました。

f:id:kuksa:20151231190431j:plain

 

↓ 今日、『うおんたな』へ出掛けた目的はこちら〝明石タコの柔らか煮〟を買う為でした。もう、ほとんどありません…。

f:id:kuksa:20151231192429j:plain

 

とにかく旦那さんの大好物で「今迄はイカ派だったけど、タコ派になった!」と言わしめた一品です。他にも〝ニシガイの煮物〟や〝子持イカの煮物〟等がありますが、旦那さんは断トツ〝明石タコの柔らか煮〟です。何が何でもこれ〝明石タコの柔らか煮〟を食べたいと言う旦那さんの為にと、母が昨日の朝1番6時前に買いに行ってくれていました。その日の出来立て、1番大きなタコを2杯と他に色々、ずっしりとお買い上げです。そのお蔭で今回も、お腹いっぱいに食べる事が出来ましたが、今日はお土産用を買いに行ったのです。

 

↓ 〝子持イカの煮物〟です。〝明石タコの柔らか煮〟は残り僅かでした。

f:id:kuksa:20151231193257j:plain

 

昨日の夜は『すき焼き』で今晩は『カニ』と寄せ鍋でした。そして、勿論〝明石タコの柔らか煮〟は毎回登場です…。

 

↓ 『カニ』は旦那さんのご両親米子パパと米子ママの所から送って頂いた物です。

f:id:kuksa:20151231223636j:plain

 

私の父は30日に「鯛を釣る!」と日頃からお世話になっている釣り仲間の方々と臨みましたが、参加者全員が釣果ゼロのぼうずに終わってしまい『にらみ鯛』を拝む事が叶いませんでした。ですが、美味しい美味しい『カニ』を楽しむ事が出来、みんな大満足です!

話は戻って…『うおんたな』を含む周辺には、明石の名物『明石焼』のお店が沢山あります。明石では『玉子焼』と呼ばれ、身近な物ですが、こちらも年末は特別でした。

 

↓ 有名なお店『きむらや』さん。私も初めて訪れましたが、今日の行列は凄まじく、1時間45分も並びました。

f:id:kuksa:20151231210349j:plain

 

寒空の下で1時間45分です。旦那さんがいつ諦めるか…と思いながら待っていたのですが、文句ひとつ言わずに「美味しいかな~?」と楽しみに待っていました。驚きです。

 

↓ 1人前20個です。普通の『たこやき』とは違ってお出汁で頂きますが、ソースや塩もありました。

f:id:kuksa:20151231211853j:plain

 

熱々を頬張ると、じんわりお出汁の味がしみわたります。旦那さんも「これ、美味しい!」と前回頂いたお店との違いを感じつつ味わっていました。そして、店内には多くの著名人のサイン色紙が飾られているのですが、その近くに水色の紙が貼られ『関東煮』のメニューが書かれていました。旦那さんに「関東煮もあるんだって~」と声を掛けると「食べたい!」との返事。

 

↓ どれも大きな大きな1切れです。ここでも「やっぱりタコだね!」と〝タコ串・牛スジ・大根〟を選んでいました。私は〝ちくわ〟を選びました。

f:id:kuksa:20151231213118j:plain

 

待っている時は、寒さが堪えましたが、お店を出た後は体がポカポカに温まり、2人で「もう、食べれない」と言いつつ帰路につきました。

紅白歌合戦』を見ながらブログを書いている今ですが、後1時間もすれば今年も終わりです。残すは『年越しそば』を食べるのみとなりました。今年も本当に楽しい1年となりました。色々な事がありましたが、充実した毎日を送る事が出来た事や周りの方々への感謝の気持ちを持ちつつ、新しい年を迎えたいと思います。

 

本年も大変お世話になり、ありがとうございました。

来年も、旦那さんと私の日常の様子を綴りお伝えして参りますので、これまで通り、温かく見守ってください。

みなさま、どうぞ良いお年をお迎え下さい!!!