読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリューワインの季節。

今年も行ってきました『ドイツ・クリスマスマーケット大阪』です!

昨年は12月18日に訪れましたが、今年は4日遅い今日、22日にやっとの事で時間を確保する事が出来ました。ここ数日は、旦那さんの出張に伴ってとにかく忙しい日々でした。では、久々の休日の様子をお届けします。

 

↓ 目的の『グリューワイン』です。昨年に比べると、スパイスの香りが少し弱かった様に思いますが、ヨーロッパの冬の味です。

f:id:kuksa:20151222215135j:plain

 

フランスでは『ヴァンショー』と呼ばれ親しまれています。作り方は、各家庭やお店によってオリジナルレシピがある様ですが、概ね共通しているのは、お手軽価格の赤ワイン(白ワインを使う場合もあります)に、オレンジピール・アニス(八角)・クローブ(丁子)・シナモン等のスパイスを入れる事です。ただ、ドイツ等では、温めるだけの状態に調合され、瓶に入っている物や「グリューワインの素」なる物があります。ヨーロッパ各地で開かれるクリスマスマーケット同様に、大阪のクリスマスマーケットでも、毎年『グリューワイン』のマグカップが変わります。これ迄に、毎年集めて来た物がいくつかありますが、実用性で言うならば今年の物は後々使いやすい形をしていました。

 

↓ こちらもクリスマスマーケットの定番〝焼ソーセージ〟です。

f:id:kuksa:20151222215220j:plain

 

既に、お昼ご飯として『お好み焼き』を食べた後だったのですが、見たら食べずにはいられません。私が「お腹いっぱいやから、全部見た後、帰りに食べよ~」と提案し、旦那さんも「そうしよう!」と、すぐに決まりました。

 

↓ 他にも、可愛らしい機関車が来ていました。各種物品販売をする為のヒュッテ(山小屋)を含む全てがドイツから毎年運ばれているそうです。個人的には「置いておいた方がコスト的に安いのでは?」と思わずにはいられませんが、毎年往復を繰り返しているそうです。特に、木製『メリーゴーランド』は貴重な物なので、コスト面以上に壊れてしまわないか心配です…。

f:id:kuksa:20151222215256j:plain

 

↓ 小さな家の置物。中のランプを付けたり、組み合わせて街を作ったりして楽しみます。

f:id:kuksa:20151222215340j:plain

 

これら、お家の置物の他にも〝煙だし人形〟が売られていました。中でも気になったのは、私の大好きな『KWO社』のコロコロとしたフォルムの〝煙だし人形〟です。個人的には、ドイツに行く度に、ひとつずつ増やしている、お宝です。木で丁寧に作られたお人形で、何かしらの職業をモチーフにしています。体の中にお香を入れ、必ず加えているパイプから煙が出る物です。ドイツでは、この時期〝モミの木の香り〟のお香が良く見られます。

 

↓ 写真が良くありませんが〝煙だし人形〟です。偶然にも、実家に置いている〝狩人〟が売られていました。双眼鏡を掛けている分です。背中には、狩られた『カモ』がぶら下がっていたはずです。

f:id:kuksa:20151222222257j:plain

 

↓ そして、今年初めて(?)のお店も見つけました。キャンドル作りが出来るお店です。大きさによって値段の異なる白いキャンドルを購入し、温めて溶かしてあるカラフルなロウの中に入れる事で色付けをするそうです。

f:id:kuksa:20151222215512j:plain

 

↓ ちょうど子どもさんが挑戦しようとしている所でした。出来上がったキャンドルは、しばらく飾った後にクリスマスに使用するのも良いのでは?と思いました。

f:id:kuksa:20151222215600j:plain

 

『グリューワイン』と〝焼きソーセージ〟で満足していてはなりません!色々なナッツにスパイス入りの飴の様な物をコーティングしたお菓子を買わねばならないのです!!勿論、今年も買って来ました。

クリスマスマーケットを楽しんだ後、大阪で必ず行く場所にも立ち寄りました。色々な野菜が売られている『SHUN*SHOKU LOUNGE BY GURUNAVI』です。場所は、グランフロント大阪うめきた広場1階になります。

 

↓ 可愛らしいピンク色の『カブ』を選んでいると『つだかぶ』の文字が目に入りました。『津田かぶ』は旦那さんの故郷、山陰地方、特に松江東部の名産品です。残念ながら、売り切れてありませんでした。

f:id:kuksa:20151222215809j:plain

 

旦那さんに「つだかぶって書いてあるよ~」と声を掛けようとした所、珍しく『トマト』を眺めていました。「はてさて?旦那さんはトマトソース等の火が通ったトマトは好きだけど、普通のトマトを気にするなんて珍しい」と思い、「どうしたの?トマト買う?」と声を掛けました。すると…「これ、僕。子どもの頃、おじいさんに言われていた」と訳の分からない事を言うのです。「え?意味が分かんないんだけど…」と聞き返すと『トマト』の入った袋を指さすのです。

 

↓ 『ほんそ娘(ほんそご)』と言う『トマト』です。

f:id:kuksa:20151222215726j:plain

 

ラベルには〝島根県産〟とあります。そして、詳しく聞いてみると、山陰の方言で「ほんそ」は「大事に」と言う意味だそうで、「ほんそご」は「ほんそ」+「ご(子ども)」となり「大切な子ども・最愛の子ども」と言う意味だそうです。それを聞いて『トマト』の袋を指さして、「これ、僕」の意味が分かりました。旦那さんが、おじいちゃんに大切に思われていた事が改めて分かった事で「折角だから、このトマト買ってみる?」と聞いたのですが、「いらなーい」との返事。やはり、『トマト』そのものには、興味が無かった様です…。

大阪でのクリスマスマーケット等の用事を済ませ、早々に京都へ戻りました。京都に戻った後は、食料品や日用品の買い物をして帰宅しました。

今日は『冬至』です。〝柚子風呂〟にも入り〝柚子茶〟も頂きました。後は、ゆっくり寝るだけです。今年もあと数日、楽しい時間を過ごしたいと思います。

 

では、また。