国際会館の花火を鑑賞。

今日は、『国立国際会館』にて開催された〝乾杯の夕べ 2015 Ciao イタリア!〟のイベントに際して打ち上げられた花火を❝便乗鑑賞❞して来ました。実は、『国立国際会館』では、何かしらのイベントや外国からの特別なお客様がお見えになった時に花火をあげる習慣(?)があります。イベントの場合には、入場券等の準備が必要ですが、近くから見る、❝便乗鑑賞❞は自由に出来てしまいます。

 

↓ 大きな花火が沢山あがりました。

f:id:kuksa:20150801222753j:plain

 

↓ 京都市内で打ち上げ花火が見られるのは、ここだけのようです。

f:id:kuksa:20150801222838j:plain

 

↓ 美しい瞬間も良いのですが、消えかかった時の儚さも素敵です。旦那さんは「宇宙の銀河の様だ!」と言っていました。

f:id:kuksa:20150801222923j:plain

 

↓ にこちゃんマークやハート形も打ち上がりましたが、変な方向を向いている事が多く、普通の花火らしい物の方が好みでした。

f:id:kuksa:20150801222957j:plain

 

↓ 緑色の花火は次々と上がり、夜空を明るくしていました。

f:id:kuksa:20150801223037j:plain

 

↓ 短い時間ではありましたが、美しい花火を観賞して夏を楽しみました。

f:id:kuksa:20150801223835j:plain

 

趣向を凝らした打ち上げ花火も良いのですが、久しぶりに手持ちの〝線香花火〟をしたくなりました。前回、家で花火をした際には、「火花が飛んで危ないかも…」と言いつつ、足元に置いていたバケツを動かしてくれた旦那さん。その動かしてくれた手とは反対の手元には火の付いた花火があり…本来では絶対に燃えるはずの無いベランダのネットを溶かしてしまっていました。今年も花火をするかどうか…迷いどころです。

 

夏の京都は暑い。それにしても40度目前とあって、体に堪えますが、明日からも暑さに負けず元気に過ごそうと思います。

では、また。