読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

椎茸狩りと陶芸、ピザ。

先週は、関東方面への出張でしたが、週末は旦那さんと一緒に私の実家へ帰省していました。ここ最近、とにかく忙しく、オランダ出張に行く直前より帰る事が出来ていませんでした。また、父がリフレッシュ休暇とやらで、平日にもお休みを取得していたので、両親と旦那さん、犬さんの合計4人+1匹でのんびり過ごしました。今回は、その内の1日、日帰り旅行の様子をお届けします。

行先は、兵庫県三田市の『しい茸ランドかさや』と篠山市の『丹波伝統工芸公園 立杭 陶の郷』、ピザ屋さんの『クワモンペ(KUWA MONPE)』、『篠山城跡』でした。

では早速、椎茸狩りから…

 

↓ 『しい茸ランドかさや』では、原木椎茸を収穫し、その後BBQで頂く事が出来ます。

f:id:kuksa:20150714004140j:plain

 

↓ 少しカサが開き気味ですが、沢山出ています。

f:id:kuksa:20150714004226j:plain

 

一般的なスーパーで販売されている椎茸は、菌床栽培と言って、おがくず等で栽培したものですが、やはり原木育ちは軸がしっかり。香りと歯応えが格別です。ピンク色の小さな籠に「食べる分だけ採って下さい」と説明を受け、各々好きな椎茸を採ります。

 

↓ BBQスペースに移動して、旦那さんが採った分と私が採った分を並べてみました。左側が旦那さん、右側が私。私は旦那さんの倍近く収穫しました。向かい側に座っていた両親の手元を見てみると、同じ現象が…。母から「お父さん、少ないわ!」と父が突っ込まれていました。

f:id:kuksa:20150714004306j:plain

 

BBQスペースでは、屋内と屋外があり、今回はお天気が良かったので、木漏れ日中、屋外にて自然を満喫して頂いて来ました。収穫した椎茸に加え、三田産黒毛和牛と丹波若鳥、野菜をお腹いっぱい食べて来ました。

また、園内には、『相野あじさい園』や『昆虫標本館』もありました。最もきれいな時期は過ぎてしまっていましたが、色々な種類のあじさいを見ながら、足元に生えているきのこ観察もしてきました。

 

↓ ちょっと食べられてしまった『ヤマドリタケモドキ』です。

f:id:kuksa:20150714004350j:plain

 

↓ 赤くて可愛らしい『アカヤマタケ』かな?あちこちに出ていました。

f:id:kuksa:20150714004431j:plain

 

↓ すらっと美しい姿の『カバイロツルタケ』です。こちらは、頻繁には見られないきのこだったので、嬉しくなりました。

f:id:kuksa:20150714004533j:plain

 

↓ 3つ仲良く並んだ『テングタケ』の仲間です。

f:id:kuksa:20150714004614j:plain

 

↓ こちらの『オニイグチ』も少し珍しい種類です。

f:id:kuksa:20150714004653j:plain

 

『しい茸ランドかさや』では、陶芸の体験もできますが、近くに陶芸の本場『丹波伝統工芸公園 立杭 陶の郷』があるので、そちらへ移動しました。私自身は、小さい頃から、何度も体験していますが、旦那さんは1度しかない、そして、案外やる気だったので、全員で挑戦して来ました。

 

↓ 手前の手は旦那さん。既に1つ目を完成させ、左側に置いています。その作品に引き続き、余った粘土で2つ目を作っています。右奥でろくろに乗っているのは父の作品です。母は、花器として平らで大きな作品を1つ、私は壁掛け型の小さな花瓶を作りました。完成は、8月末との事。どんな色の釉薬で仕上がって来るのか、楽しみです。

f:id:kuksa:20150714224830j:plain

 

幸運な事に、偶然来られていた見るからにお上手で「陶芸が趣味です!」といったおじさまが声を掛けて下さいました。それも、父と旦那さんの2人に…。単純な作品で終わらせる事の無い様に、底の部分〝高台〟の付け方等をご指導下さったのです。残された母と私、「素直そうな2人が呼ばれて行ったね」と思わず笑ってしまいました。ご指導頂いている間の真剣な表情の父と旦那さんを見ながら「私たちは何度も陶芸してるもんね~。頑固そうに見えたのかな?」と更に大笑いしていました。

ここでは、体験の他にも、周辺にある窯元54軒の作品が集められた『窯元横丁』なる物があります。それぞれの窯元の看板商品や主力商品らしき物が展示販売されており、気に入った窯元を見つけるきっかけとなっています。

 

↓ 私は土鍋が大好きです。実家では、いつも土鍋で炊いたご飯です。私にも、母お気に入りの信楽の土鍋を買ってもらっているのですが、ついつい「時間がないわ~」と言い訳をして炊飯器で炊いてしまいます。ですが、ポトフ等の煮込み料理には、大活躍しています。

f:id:kuksa:20150714225254j:plain

 

↓ 沢山の窯元の中で、こちらは少し現代的と言うか、他の作品とは一味異なっていました。こちらの窯元の物ではありませんが、両親が、知らない間に素敵な小皿を買ってくれていたようで、プレゼントしてくれました。

f:id:kuksa:20150714225342j:plain

 

陶芸体験にて楽しんだのち、「未だお腹すいてないんだけど…」と言いつつ、両親おすすめのピザ屋さんに連れて行って貰いました。

 

↓ 緑に囲まれた素敵なお店です。とても人気のお店だそうで、休日のランチに良い時間帯にはお店の周りが待つ人で溢れるそうです。今回は、夕方だったので、すぐに入る事が出来ました。

f:id:kuksa:20150714225429j:plain

 

↓ 窯で焼かれたピザは最高です。このブログにも頻繁に登場する〝ピザ〟ですが、ピザ好きの旦那さんによると、「生地や焼き加減、味、全ての項目で最高点、今までで1番!!!」だそうです。写真は〝フンギ(きのこ)ピザ〟です。

f:id:kuksa:20150714225511j:plain

 

↓ また、デザートのジェラートも美味しかったです。写真は、私の選んだバニラ。

f:id:kuksa:20150714225545j:plain

 

最後に、『篠山城跡』にも立ち寄りました。

 

↓ 小丘陵に築かれた平山城で、国の史跡にも指定されています。中央に見えている三角のとんがり屋根は復元された大書院です。

f:id:kuksa:20150714225624j:plain

 

 周辺には、『旧篠山町役場』が活用された『大正ロマン館』の他、お土産物屋さんや、地元の野菜を扱うお店、牡丹鍋屋さん等があります。

 

久々に実家の両親と旦那さん、みんなで揃っての日帰り旅行、とても楽しいひと時でした。最後に、母がどこかで眼鏡を落とした事が残念ですが、ケガもなかったので、良かったです。また、眼鏡を買う際には、一緒に選ぶことができれば…と思っています。

 

今日はここまで。