読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマモモが大豊作です。

今回は、久しぶりの更新となりました。ここ数日、旦那さんの予定に新たに加わった出張の計画や準備をしていました。そんなこんなで数日が過ぎ、久々にゆっくり過ごす事が出来た今日、最近にない良いお天気で、絶好のお出掛け日和となりました。と言う事で、近所の公園にお散歩です。

 

↓ 「そろそろ夏のきのこが出る頃かなぁ?」と話しながら歩いていると、ありました!きのこでは無く、ヤマモモです。思い出してみると、毎年この時期にはヤマモモを持ち帰り、ジャムにしています。

f:id:kuksa:20150628220645j:plain

 

今年は、昨年よりも小さい実が多いのですが、数は沢山。大豊作です!!!近所の公園には池があるのですが、その池の周辺をぐるり1周歩き、帰りに採って帰りました。他にも、おじいちゃんおばあちゃんのご夫婦が近くに自転車をとめてスーパーの袋を片手に集めておられました。ヤマモモの木は沢山あるので、別の場所で採っていると、どこからとなく「何を採っているのですか?」「それは何ですか?」「食べられるのですか?」と何人にも話し掛けられました。「これは、生だと酸っぱいですが、ジャムにすると美味しいですよ」「手間が掛かりますが黒っぽい物を選んだ方が美味しいですよ」と説明をしました。中には、「懐かしい味~」とおっしゃる方や、「生きている、新鮮!って感じます」と、妙に感動された方もいらっしゃいました。今年は、旦那さんも頑張ってくれたので、小さな袋2袋分を持ち帰り、瓶1本分のジャムが出来ました。

 

そして、公園の池を1周する間に、きのこも見つけてきました。

 

↓ 『カラカサタケ』です。とても大型のきのこで、高さが30センチ程にもなります。以前、50センチ位に成長したものも見掛けました。

f:id:kuksa:20150628220759j:plain

 

↓ 今回の目的はこちら『ヤマドリタケモドキ』でしたが、ちょっと人通りも多く、わんちゃんのお散歩コースのど真ん中にあったので遠慮しておきました。

f:id:kuksa:20150628220932j:plain

 

ヤマドリタケモドキ』はイグチという仲間のきのこで、『ヤマドリタケ』に似たきのこという意味があります。味や香りで言うと、『ヤマドリタケ』には及ばないものの、美味しく食べられるきのこです。『ヤマドリタケ』はイタリアでは『ポルチーニ』、フランスでは『セップ』と呼ばれ、ちょっと高価なきのこです。また、イタリアやフランスのイメージを持ちますが、ヨーロッパで流通している『ヤマドリタケ』は多くがポーランド産との事。今回調べてみて初めて知りました。

 

↓ 日本では、『ヤマドリタケ』は出ないものの、『ヤマドリタケモドキ』やこちらの『ムラサキヤマドリタケ』を見つける事が出来ます。見つけたものは古く、乾燥してかぴかぴになっていたので、置いて来ました。多くの場合は、古くなってしまったものは、虫が食べたり住んだりしてドロドロになっています。

f:id:kuksa:20150628221017j:plain

 

これらのきのこは、今からが最盛期。近い内に、また探しに行こうと思います。予定では、採集をしたきのこを使って、パスタを作ろと思っていたのですが、結局、エリンギとほうれんそう、サーモンのクリームパスタになってしまいました…。他にも、目的外のきのこも、ちらほらありました。

 

↓ 『アンズタケ』です。フランスでは『ジロール』と呼ばれています。マルシェやスーパー等でも売られ、大変愛されているきのこです。

f:id:kuksa:20150628221112j:plain

 

フランスをはじめ、ヨーロッパでは食べられるきのことして扱われていますが、微量の毒成分があるため、日本では、図鑑によって「美味しい」と書いてある物、「要注意」として有毒きのこに指定されている物の両方があります。実際に、フランスのマルシェで買った物をオムレツにして食べましたが、とても美味しかったです。食べる時の体調や量、調理法によって、「当たる」「当たらない」があるのかもしれません…。

 

↓ 他にも名前の分からない大きなきのこがありました。古くなって反ってしまった『ハツタケ』かな?

f:id:kuksa:20150628222903j:plain

 

1番沢山あったきのこは、ベニタケ系きのこでした。あまりにあちこちにあったので、「また後で…」と思っている内に、今日は写真を撮り忘れてしまいました…。中には、触るとカブトムシの臭いがする『ニオイコベニタケ』もありました。

 

きのこを見て歩いていると、後ろで何やらガサゴソと音がしました。鹿さんがお食事中の様で木の皮をベリベリとはがしています…。

 

↓ 鹿さん親子です。5頭の内、1頭は幼い小鹿ちゃんでした。見た目には可愛らしいのですが、木へのダメージは相当な気がしました。

f:id:kuksa:20150628223009j:plain

 

↓ おしゃれでとてもカッコイイ『ゴマダラカミキリ』も居ました。

f:id:kuksa:20150628223434j:plain

 

帰りには、ヤマモモを採り、公園を抜けて、更に遠回りをして近くの田んぼの傍を歩いて帰りました。少し前に植えられた稲の苗も随分大きくなっていました。

 

↓ 田んぼの中には、カエルになりかけたオタマジャクシが泳ぐ姿を見掛けました。

f:id:kuksa:20150628223544j:plain

 

今日は、久々にのんびりと過ごした1日をお届けしました。

では、また。