アートパレード大公開。

今年、ミッフィー生誕60周年を記念し、日本と生まれ故郷のオランダで特別なミッフィーちゃんが展示されています。日本とオランダを中心とした世界中のクリエイターが参加して作られたミッフィーちゃんは、全部で60体。日本で15体とオランダで45体の展示がなされていますが、日本では各地の企画展を一緒に巡回するのに対し、オランダでは各都市に設置されている物を探さなければなりません。また、展示が終了すると、全てオークションに掛けられ、その収益はユニセフを通じて教育的プロジェクトに活用されるとの事です。

 

↓ ユニセフのイベントだそうです。アムステルダムユトレヒトには、期間限定ショップもありました。

f:id:kuksa:20150615224130j:plain

 

今回のオランダ滞在中に〝ほぼ〟全てのミッフィーちゃんを探し出して来ました。今日のご紹介は、アムステルダムのみ。次回は、他の都市に展示中の物をご紹介します。

では、特別感たっぷり、とっても可愛いミッフィーちゃんをご覧下さい。

 

↓ 『Neendje』 Florentijn Hofman

f:id:kuksa:20150615224513j:plain

 

↓ 『Blue Miffy』 Hugo Kaagman

f:id:kuksa:20150615224702j:plain

 

↓ 裏側には、『真珠の耳飾りの少女青いターバンの少女)』が描かれていました。

f:id:kuksa:20150615232353j:plain

 

↓ 『Mr. Manhattan』 Selwyn Senatori

f:id:kuksa:20150615232508j:plain

 

↓ 『Heading towards a suspicious showdown』 Bas Kosters

f:id:kuksa:20150615232640j:plain

 

↓ 『Made in Holland』 Philip Hopman

f:id:kuksa:20150615233256j:plain

 

 『Ik voel me zo ...』 Mies van Hout

f:id:kuksa:20150615233348j:plain

 

↓ 『Who am I?』 Rotraut Susanne Berner

f:id:kuksa:20150615233540j:plain

 

 『Miffy Hug』 Max Kisman

f:id:kuksa:20150615233707j:plain

 

↓ 『nijntjes vogeltjes』 Harrie Geelen

f:id:kuksa:20150616000157j:plain

 

↓ 『Snippets』 Chantal Spit

f:id:kuksa:20150616000404j:plain

 

 『Dick Pluis, een ijzeren formule』 Jacques Tange

f:id:kuksa:20150616001005j:plain

 

↓ 裏側は随分雰囲気が異なります…。

f:id:kuksa:20150616001435j:plain

 

↓ 『Twinkle, twinkle, little star – six suns make my day』 Rik van Iersel

f:id:kuksa:20150616001624j:plain

 

↓ 『Grijs』 Rob Scholte

f:id:kuksa:20150616003458j:plain

 

↓ 『nijntje voor peace』 Irma Boom

f:id:kuksa:20150616003850j:plain

 

↓ 『Paper nijntje』 Mattijs van Bergen

f:id:kuksa:20150616004714j:plain

 

↓ 拡大すると誰か分かりません…。

f:id:kuksa:20150616004808j:plain

 

↓ 『Equilibrio Iconico』 Joseph Klibansky

f:id:kuksa:20150616010252j:plain

 

 『Als de blaadjes vallen』 Joost Swarte

f:id:kuksa:20150616013003j:plain

 

↓ 『nijntjes bloemen』 Madelon Bruna

f:id:kuksa:20150616013455j:plain

 

↓ 『Flora』 Annette Fienieg

f:id:kuksa:20150616014546j:plain

 

 『Diamonddust』 The People of the Labyrinths

f:id:kuksa:20150616015207j:plain

 

 『Gouden nijntje』 Marte Röling

f:id:kuksa:20150616023745j:plain

 

↓ 『Mijn prachtige liefde』 Jackie Sleper

f:id:kuksa:20150616023945j:plain

 

↓ 『Wallflower』 Emilio Kruithof

f:id:kuksa:20150616024341j:plain

 

↓ 『nijntje voor kinderen door kinderen』 Mart Visser

f:id:kuksa:20150616024134j:plain

 

実は、アムステルダムスキポール空港にも2体のミッフィーちゃんがあるはずなのですが、「帰りで大丈夫」と思っていたら、早々と「オークション会場に届けられた」や「見たことがない」等と情報が錯綜し、見つけることが出来ませんでした。ホームページによると、2体の内の1つは数日前まで他の物が展示してあった『クリスティーズ』に移動しているようです。

オランダ政府観光局やKLMオランダ航空のホームページにも「ミッフィー・アートパレードを探せ」と言うイベントとして紹介されています。ですが、ミッフィー好き故に思うのでしょうが、ちょっと杜撰過ぎるイベントです!!!事前に書かれていた設置場所の変更予定には無い、急な変更も中々ホームページに更新されず、現地の期間限定ショップの人たちも場所を知りません。勿論、日本の様に何事もきちんと物事を進めようとする国ばかりでは無い事も理解しているつもりですが、もう少し適切な運営をするべきだと思いました。ホームページに書かれている場所も広大で、ピンポイントではありません。それなのに、設置をしている施設の人も知らない、揚句ホームページに書かれている場所から何故か移動している。これでは「探せ」というよりは、「見つけたらラッキー」です。探し回っていると、悲しくなりました…。未だ紹介していませんが、ミッフィーちゃんの生まれ故郷ユトレヒトの『セントラルミュージアム(ディック・ブルーナ・ハウスと共通券)』は本場中の本場であるにも関わらず、改装工事中との事で、誰も通らない様なエレベーターの前に放置してある状態です。これも、ミュージアムの人に聞き続け、10人目位で「エレベーター前に置いてるのよ」と教えて貰う事が出来、分かった程です。今後、目的を持って見に行こうと考えられている方は、お気を付け下さい。

45体の内、42体見つけ、2体が空港でいつの間にか移動の為見られず、もう1体が修理中と制覇は出来ませんでしたが、随分頑張りました!!!だからこそ、言います!「大好きなミッフィーちゃん、全部見たかった~!!!」

今日は、アムステルダムで見つけた分のご紹介でした。