読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミッフィーの街へ行く。

デン・ハーグを後にし、ユトレヒトに移動しました。ユトレヒトは、以前からずっと行きたいと思っていた街です。その理由は…私が大好きな『ミッフィー』のふるさとだからです。現在も、作者のディック・ブルーナさんが住んでおられます。そして、何と、今滞在している所の近くにお住まいがあるとのこと。感動です。

 

↓ ブルーナコレクションが勢揃いする博物館『ディック・ブルーナ・ハウス』の展示です。

f:id:kuksa:20150604155515j:plain

 

↓ 2階の展示室では、スポーツに関する展示がなされていました。

f:id:kuksa:20150604155822j:plain

 

↓ ミッフィーグッズのショップでは、60周年グッズも販売されていました。「もしかしたら、日本の巡回展でも買えるかも…」と、今回は買いませんでした。ですが、優しい旦那さん、私が「可愛い!」と気に入った〝デルフトブルーのワンピース〟を着たミッフィーちゃんを買ってくれました。

f:id:kuksa:20150604160336j:plain

 

↓ 買ってもらったミッフィーちゃんはこちら。

f:id:kuksa:20150604160859j:plain

 

↓ 他にも、ぬいぐるみ会社として有名な『シュタイフ社』の限定ミッフィーちゃんもありました。流石、もふもふの質感です!

f:id:kuksa:20150604160712j:plain

 

↓ エントランスには、日本語も書かれていました。写真にもある通り、こちらのチケットは、向かい側にある『セントラルミュージアム』との共通券です。

f:id:kuksa:20150604160044j:plain

 

ディック・ブルーナ・ハウス』と『セントラルミュージアム』はどちらも近日から改装工事にはいります。その為、既にあちこちが取り壊されていたり、縮小展示がなされていたりします。ちょっと残念でしたが、念願の場所に来れただけでも嬉しく思いました。

今日は、とにかく忙しい1日、時間が無いのでここまで!!!

次回、盛りだくさんの内容になってしまいますが、お許しください。

 

では、また。