読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝一番のレンブラント。

朝一番に、アムステルダムにある『国立ミュージアム(Rijkmuseum)』へ行きました。時期によっては、入館に長い長い待ち時間を要するところです。事前に、『国立ミュージアム』のホームページからチケットを購入して行きました。実は、ここで注意事項があります。日本の旅行社の中には、現地で引き換えが必要なチケットを販売している所もあるのです。その場合、そのまま入れるチケットを持っている人とは違って、当日に購入する人と途中まで同じ列で待たされたり、引き換えに手間取ったりします。その時に偶然居合わせた係の人次第といった感じです。「そんな理不尽な…」と言うのは、日本の感覚で、こちらでは通用しません。ですので、『国立ミュージアム』などチケットの事前購入可能な場所では、ホームページを確認の上、購入することをおすすめします。

 

↓ 入館後、まず1番にレンブラントの『夜警』を見に行きました。エントランスから、『夜警の部屋』迄への道、階段が分かりにくく、迷われた方が多かったのでしょう。旦那さんと2人、経路を確認して一気に進みました。到着した瞬間です。

f:id:kuksa:20150601133009j:plain

 

未だ、警備の人たちも楽しそうに談笑していました。私の個人的な考えですが、有名作品や人気作品の場合〝大きな作品程早く見に行く〟と言う決め事があります。何故かと言うと、小さな作品は、多少待つことが出来れば1番前で作品全体を楽しむことが出来ます。それと比べ、大きな作品は、全体を見るためには作品から離れて下がらなければなりません。そうすると、前に前に他の見学者が立つことになり、結局見えないのです。今回は大成功、警備の人たちの他、誰もいない、旦那さんとの2人占めが出来ました。他に、人気作品と言えばフェルメールの『牛乳を注ぐ女』などがありますが、そちらもじっくり見学して来ました。『夜警』と同じフロア、すぐ、近くにあります。

 

↓ こちらは、図書館。とても素敵で、旦那さんも大喜び。入った瞬間、古い本の香りが広がりました。

f:id:kuksa:20150601133110j:plain

 

沢山の作品を見学しました。最後には、日本の物を展示したコーナーもありました。長崎の〝出島〟に関するものです。旦那さんは、「出町(京都市内にある地名:出町柳のこと)の模型がある!」と妙に反応。言った後に「〝出〟しか合ってなかった」と恥ずかしがっていました…。

 

↓ 前日の『アンネ・フランクの家』から少し北側へ進んだ場所にある『チューリップ博物館』です。

f:id:kuksa:20150601133446j:plain

 

↓ チューリップの原産地や品種改良などについて紹介しています。とても小さな博物館です。

f:id:kuksa:20150601133155j:plain

 

↓ 今は、チューリップの球根を販売する時期ではないので、『アマリリス』や『シクラメン』の球根が販売されていました。

f:id:kuksa:20150601133240j:plain

 

↓ 『チューリップ博物館』の並びには、『チーズ博物館』もあります。

f:id:kuksa:20150601133550j:plain

 

↓ カラフルなチーズもあります。私は、真っ青のラベンダー入りチーズがお気に入りだったのですが、旦那さんはスモークチーズが良いと言っていました。フランスとは違って、ヤギのミルクから作られたチーズが少なく、全体に食べやすい印象です。

f:id:kuksa:20150601133644j:plain

 

↓ お次はランチ。お世辞にもアムステルダムの食事は「美味しい!」とは言い難いものです。そんな中、『ダム広場』から西側へ走る『Raadhuisstr』と言う通りに美味しいベーグルサンド屋さんを見つけました。

f:id:kuksa:20150601133741j:plain

 

↓ 『BAGELBEANS』というお店のベーグルサンドです。

f:id:kuksa:20150601133826j:plain

 

↓ 次に訪れた場所は『植物園』。サボテンの温室やチョウが飼育された場所など、ゆったりとした気分で過ごすことが出来る場所でした。

f:id:kuksa:20150601133918j:plain

 

↓ こちらは、『レンブラントの家』です。室内は、レンブラントが生活していた当時の様子が再現されています。ここでは、定期的にエッチングの実演が行われています。エッチングの部屋の入口に次回の開始時刻が貼られており、定員15名でいきなり締め切られます。偶然、実演スペースの近くに居たたので、入ることが出来ました。

f:id:kuksa:20150601134012j:plain

 

↓  道具類です。

f:id:kuksa:20150601134404j:plain

 

↓ 実際に実演して下さった際の作品と機械。

f:id:kuksa:20150601134619j:plain

 

↓ 絵の具作りも見ることが出来ます。

f:id:kuksa:20150601134723j:plain

 

日本では、レンブラントと言えば、絵筆を使う画家のイメージが強いですが、こちらではレンブラントエッチング画家としての一面も窺い知ることができます。

この日の夜、旦那さんのお知り合いのお家にお招き頂きました。アメリカ人で、現在はアムステルダム在住の方です。とても明るくて気さくで、楽しい方でした。そのお知り合いの方と、可愛らしくて、でもやんちゃな子どもたち2人に迎えられました。

 

↓ ネギの仲間のリークとひよこ豆のスープ、アスパラ、キッシュにサラダの素敵な夕食となりました。

f:id:kuksa:20150601134810j:plain

 

ですが、残念ながら、お知り合いの方のご主人さんはモロッコのアトラス山脈にお出掛けでした。御主人さん、とてもぶっ飛んだ方です。以前もギターの演奏、しかもエレキギターの演奏をしようとアフリカのスワジランドに出掛けたことがあるとのこと。しかも、現地は電気が通じておらず、演奏が出来なかったようです…。何だか、お会いしたかった様な、あまりに天才肌過ぎてついていけないような…微妙な気持ちになりました。

 

今、オランダ時間で「おはようございます」の時間帯です。現在は、サマータイム中なので、日本-7時間です。1日を終え、頑張って書くことが出来れば、オランダ時間で当日の更新になりますが、日が長いこともあって滞在先に戻ってくると時間も遅く疲れてしまい、結局翌朝の更新になるです。なので、実際は、書いている日の前日の出来事だということはご了承下さい!今日は『国立ミュージアム』から始まる1日でした。

では、また明日~。