潮の香りとバラの香り。

先週金曜日、毎年恒例の潮干狩りに出掛けました。最近、とにかく忙しい旦那さんですが、少し前より「今年の潮干狩りはいつ?」と聞かれ、何が何でも行きたいようでした。そして、潮の加減と予定を睨めっこし、やっと行く事が出来ました。場所は、姫路市にある『的形海水浴場』の潮干狩り場です。

 

↓ 大粒の『アサリ』が沢山とれました。今年は『ハマグリ』が1つも見つかりませんでした。残念…。

f:id:kuksa:20150517204248j:plain

 

↓ ザルで量ると、何杯分でしょうか。トロ箱内にて、砂出し中です。可愛らしい、『ヤドカリ』もついて来ました。写真の中心部よりやや斜め上の巻貝が『ヤドカリ』です。『アサリ』は、全部で3キロ以上あります。昨年程ではなかったものの、まずまずの結果です。

f:id:kuksa:20150517204502j:plain

 

ここの潮干狩り場、旦那さんも私もお気に入りです。潮干狩りシーズンを終えると、海水浴場として使用されている為、休憩スペースも広く、ゆったりとしています。また、とった貝は頑張った分だけ持ち帰る事が出来、『アサリ』自体の身入りも良く中々美味しいのです。山陽電車の『大塩駅』からは、無料の送迎もあって、本当に便利です。

 

↓ 遠浅の砂浜は、潮干狩りにもってこいの場所です。ほんの一部分だけ、赤潮が発生していました…。それを見たとっても派手なお姉さん、友達に向かって一言「見て、みて~!めっちゃきれいなピンク~!!!」と。一瞬、唖然としました。。。心の中で「それは赤潮です…」と呟いたとき、旦那さんもぽか~んとしていました。

f:id:kuksa:20150517205224j:plain

 

↓ こちらは、送迎の車。『大塩駅』の改札を出て、踏切を渡ったところすぐに乗り場があります。この看板にあるフリーダイヤルに電話をすると、すぐにお迎えに来てくれます。とっても親切です。

f:id:kuksa:20150517205441j:plain

 

 お昼過ぎから夕方まで、休憩もせずに頑張りました。その後、戦利品である『アサリ』を持って、私の実家へ直行しました。この日は、お泊りです。久々の実家にて、待ってくれていた母に『アサリ』を見せ、写真を撮った後はお任せです。翌日のお昼ご飯に、旦那さんリクエストの『アサリのボンゴレ』にして出して貰うためです。そして、翌日のお昼には、両親と旦那さん、私の4人で『アサリの酒蒸し』と『ボンゴレ』を堪能しました。 

 

また、実家はちょうど『バラ』の季節で、家中"バラまみれ"でした。先日の台風の影響を心配し、折れてしまわないうちに…と、切り花にして花瓶にいけられた『バラ』がざっと数えて80本程…。「随分咲いたね~」と言うも、「これでも減って、一時期は花瓶9つに入れてたのよ!」と。日頃からお世話に力を入れているだけあって、見事な咲きっぷりでした。

 

↓ 「お風呂に入れたら?」と見頃の過ぎたバラや花弁、きれいな状態のもの、等々たくさん貰って来ました。写真の中にある瓶は、お手製の『バラジャム』です。「レアチーズケーキに合うよ」とセットで貰って来ました。

f:id:kuksa:20150517211033j:plain

 

私以上に女子度の高い旦那さん、お風呂の水面を覆い尽くす程、色とりどりのバラを浮かべ、「満足!お姫様や~」と大喜びしていました。

結局、帰りも「荷物が多いから送ってあげよう!」と言う両親に甘え、車で送って貰いました。滞在中だけでなく、帰路まで甘えてしまったものの、その分、長い時間、一緒に過ごす事が出来ました。また、近い内に帰ろうと思います。楽しい週末でした。

 

今日はここまで。