読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都、徒歩耐久レース。

昨日、友達が遊びに来てくれました。そして、2人で春の京都市内を歩き続け、誰と競うでもない〝徒歩耐久レース〟を開催してしまいました。

コースは…『出町柳駅』待ち合わせ→『出町ふたば』→『KAFE工船』→『シズク』→『銀閣寺キャンデー』→『哲学の道』→『碧雲荘』→『南禅寺』→『平安神宮』→『AYANOKOJI』→『京都生ショコラ オーガニックティーハウス』→『一澤信三郎帆布』→『花見小路』→『加加阿365(カカオ 365)』→『アラビカ 京都』→『建仁寺』→『高島屋』→『地下鉄四条駅』解散でした。帰宅後、歩いたコースをグーグルマップ上で計算したところ、最短で15キロ、更にはあっちへフラフラ、こっちへフラフラ…を繰り返していたこと、友達と私それぞれの自宅からの移動を考えるとカナリの距離を歩いていたことになります。自分でも、驚きです。では、訪れた場所から、いくつかをピックアップしてご紹介します。

 

↓ 『シズク』というカフェの豚角煮のランチです。映画『マザーウォーター』にて、タカコ役の小泉今日子さんが営んでいるカフェとして使用されたお店です。とは言っても、私は、この映画をみたことがなく、友達が前々から「行ってみたい!」と言っていた時に聞いただけです。

f:id:kuksa:20150410220135j:plain

 

既に、この時点で『出町ふたば』にて豆餅や桜餅などを買い、『KAFE工船』ではコーヒー豆を買った後とあって、それなりの距離を歩きました。それでも、まだ序の口です。次に、銀閣寺周辺と『哲学の道』を目指しました。途中、先日初めて買う事が出来た『銀閣寺キャンデー』でそれぞれ1本ずつ購入し、食べ歩きを楽しみました。桜の盛りが過ぎたこともあって、観光客は随分少なくなっていましたが、平日の割りには人出がありました。

 

↓ 種類によっては、今が見頃の桜もありました。こちらの種類は、緑の葉が伸び、白い花弁の色が一層引き立てられていました。

f:id:kuksa:20150410220212j:plain

 

↓ 1つのお花の中に、2色の花弁が混じっているものは華やかです。

f:id:kuksa:20150410220247j:plain

 

どんどん歩き進め、『南禅寺』手前の『碧雲荘』へ。こちらは、ちょうど1年前にいつもお世話になっている素敵ご夫妻の奥様に教えて頂いた場所で、枝垂桜の綺麗な場所です。人力車に乗った人々が訪れ、雰囲気のある写真を撮影していました。折角、春に来てくれた友達、「京都の桜も見て欲しいな~」と思って選んだ場所、完璧なタイミングでした。

 

↓ 『碧雲荘』の枝垂桜。

f:id:kuksa:20150410220334j:plain

 

↓ 一つひとつのお花は繊細なものですが、大きな木とあって迫力満点です。

f:id:kuksa:20150410220407j:plain

 

↓ お次は、友達のお気に入りスポット『南禅寺』の法堂です。何故か、友達は「南禅寺は落ち着く…」と言います。

f:id:kuksa:20150410220521j:plain

 

↓ 水道橋では、必ず訪ている人の会話から「ここ、ドラマで出てくる場所でしょ?」という声が聞こえてきます。昨日も、おばちゃま2人組が楽しそうに話していました。

f:id:kuksa:20150410220443j:plain

 

次に、『平安神宮』方面まで移動です。『平安神宮』では、〝桜みくじ(はなみくじ)〟という春限定のおみくじがあり、若い女性を中心に賑わっていました。このおみくじ、単に運勢などが書いてあるものではなく、空いたスペースに願い事を書くようになっています。その後、設置された木に結び付けていくのですが、紙はピンク色、多くの人の願い事によって桜の木が花咲いたようになっていました。色々な願い事によって満開となる〝桜〟は粋なものです。そして、『平安神宮』まで行ったものの、がまぐち財布や鞄を扱う『AYANOKOJI』と気になるカフェがあり、方角的には少々引き返すような形で移動開始です。

 

↓ 『AYANOKOJI』では、「あれもかわいい!」「この生地でこの形やったらいいのに…』などと散々悩んだ挙句、購入は見送り、近くのカフェに到着しました。それがここ。『京都生ショコラ オーガニックティーハウス』です。

f:id:kuksa:20150410220627j:plain

 

↓ 一瞬、「入って良いものか?」と悩みますが、看板は出ています。入口には、穏やかな表情の犬さんがお出迎えをしてくれていました。

f:id:kuksa:20150410220728j:plain

 

中に入ると、縁側が見える席へご案内して頂きました。すると、店員さんが徐にストーブをつけてくれました。「確かに、肌寒いけどストーブをつける程かな?」と思っていると、ストーブの前に他とは色の違うお座布団が敷かれました。「ん?これはどういうことかなぁ?」と眺めていると…

 

↓ ね、ねこさん用でした。どうやら、猫カフェ的なサービスがあるようです…。

f:id:kuksa:20150410220809j:plain

 

私は、大概の生き物は大丈夫なのですが、唯一といって良い程、猫さんだけは苦手なのです。ですが、こちらの猫さんは、大変お行儀の良い猫さんでした。戸惑いつつも写真を撮ろうと距離を縮める様子を見ていた友達は「珍しいものを見た」と猫さんと私の関わりを楽しんでいました。

 

↓ 最近、町家や古民家をリノベーションしたお店が増えつつありますが、こちらはありのままで使用中です。ちょっと隙間のあいた障子は、猫さんの仕業です。

f:id:kuksa:20150410220852j:plain

 

↓ 注文後、しばらくすると生チョコが出てきました。同じものですが、手前が私、奥が友達のもの。4種類あります。予想以上に滑らかで美味しかったです。お持ち帰りも出来るとあって、私たちがお茶をしている間にも何組か来られました。

f:id:kuksa:20150410220939j:plain

 

猫さんと触れ合う貴重(?)な体験も終え、再度歩き出しました。次の目的地は『アラビカ 京都』という以前から気になっていたコーヒーショップです。友達も気になっていたそうで「%(パーセント)みたいなマークのカフェ知ってる?」という話から、訪れることになりました。ですが、『京都生ショコラ オーガニックティーハウス』は『平安神宮』の近く、『アラビカ 京都』は『八坂神社』を越えて『高台寺』の近くです。「この距離、どうしたものか?」と思いつつ、混雑したバスを横目に「徒歩で!」と意を決して進みました。途中、『一澤信三郎帆布』や『花見小路』、マールブランシュのチョコレートショップ『加加阿365(カカオ 365)』にも寄り道をしました。友達は『一澤信三郎帆布』にて、レトロでおしゃれな斜め掛け鞄を購入しました。

 

↓ いよいよ到着した『アラビカ 京都』です。〝八坂の塔〟と呼ばれる『法観寺』の塔が真正面に見える場所に位置しています。

f:id:kuksa:20150410221101j:plain

 

↓ 一杯いっぱい、丁寧に淹れて頂くコーヒー。癖のない飲みやすいコーヒーでした。

f:id:kuksa:20150410221156j:plain

 

本日2番目の目的地『KAFE工船』にて、既にコーヒー豆を購入していた友達、その際には浅煎りしかなかったので買っていなかった私、2人して「ここで豆、買えば良かったかも!」と言っていたのですが、結局、友達も私も豆を買うことはありませんでした。だって…特徴が無いコーヒーなんですもの…。自分では、ラテアートとか出来ないし、見た目では勝負できない…ということで、今回は見送りました。その後、薄暗くなった『建仁寺』を抜け、四条通を歩いて『高島屋』でお買い物をして、地下鉄四条駅へ向かいました。四条駅にて、友達とお別れをした後、私はあと少しだけ周辺を寄り道して帰路つきました。いつもであれば、帰ってから夜ご飯の支度をするのですが、昨日は急遽「飲み会に参加します」と旦那さんから連絡があったので、私ものんびりしてから帰りました。

これで、昨日の誰とも競わない〝徒歩耐久レース〟が終わりです。よく歩き、よく食べ、よく笑い、楽しい1日となりました。

友達には、また京都に来て貰いたいと思っています!!!

 

では、また。