鹿児島の出張に同行①。

先日より、旦那さんの出張に同行して来ました。行き先は、鹿児島でした。旦那さんは学生時代に屋久島へ行った経験があり、その時以来の再訪とのこと。私も同じ頃に、両親と一緒に訪れたことがあり、それぞれ2回目となりました。そんな懐かしい(?)鹿児島への出張に同行した様子をお伝えしたいと思います。今日から数日間、何かしらのテーマを決めてお届けします!!!

では、第1回目の今日は、鹿児島中央駅〜指宿駅を走る観光列車『指宿のたまてばこ』通称〝いぶたま〟とJR日本最南端の駅『西大山(にしおおやま)駅』のご紹介をしたいと思います。

 

↓ 鹿児島中央駅9:58発『指宿のたまてばこ』1号。座席は、行きが2号車14Aと15A(錦江湾と桜島が望める外向きの1人掛けシート)、帰りが2号車2Cと2D(2人並びのシート)で、1ヶ月前の販売開始日に購入することで希望通りのシートを手に入れることができました。

f:id:kuksa:20150318225402j:plain

 

↓ 車体は白と黒。これは、竜宮伝説がテーマとなっていることにちなみ、浦島太郎がたまて箱を開ける前後をあらわしています。なので、黒は黒髪、白は白髪をイメージしたものなのです。扉が開く度に、2両目中央からは、たまて箱が開いた時を表現した白いミストが噴出します。

f:id:kuksa:20150318225441j:plain

 

↓ いよいよ列車の中に入ってみました。内装は九州新幹線を手掛けた工業デザイナー水戸岡鋭治さんによるもの。明るく、開放的です。残念ながら、乗車時のお天気が悪かった為にイマイチな写真となっていますが、晴れた日には明るい車内が感じられるような気がしました。

f:id:kuksa:20150318230032j:plain

 

↓ 車内放送は、ここ、もしくは運転席からされているようでした。ジャケットが掛けられていますが、車掌さんの制服、ベストには大島紬が使われています。

f:id:kuksa:20150318225613j:plain

 

↓ 車内をうろうろと見て歩くだけで、楽しいです。至る所に『浦島太郎』や海をモチーフにしたものが配されています。更に、ソファー席の周囲には本棚が設けられ、子どもから大人までが楽しめる絵本や小説が置いてあります。ソファーに写っているリュックは、どなたかお客さんのものです。

f:id:kuksa:20150318225720j:plain

 

↓ 2両編成の車内を歩いてみると、観光列車らしい工夫や楽しみが仕掛けられていました。こちらは、記念スタンプ。自ら押しに行くもよし、座って待っているもよし、です。なぜなら、車掌さんが「押しませんか〜?」と持って回って来てくれるのです。おもてなし感が満載です。

f:id:kuksa:20150318225526j:plain

 

↓ 他にも、「写真はいかがですか?」と日付入りの記念ボードと車掌さんの帽子を持って回ってくれます。旦那さんと私、列車の前と車内、両方で撮って貰いました!更に、右奥にある黒い箱は〝たまて箱〟です。ここに、メッセージを書いて入れておくと、車内放送で読み上げてくれます。行きの車内、満席であったにも関わらず、書いたのは旦那さんと私だけ。「メッセージありがとうございました!」と記念にJR九州の飴を頂きました。サプライズだったので、嬉しかったです!!!

f:id:kuksa:20150318225927j:plain

 

↓ 車内販売もあります。車内限定のグッズや亀の甲羅になったメロンパン、列車と同じ白黒のプリンがある中、旦那さんと私は色違いで〝いぶたまピンバッチ〟を買いました。色違いと言っても、元々2色の列車、どちらから見たか?という話なのですが、お気に入りです。旦那さんは「黒がいい」とのことで、すぐに帽子につけていました。

f:id:kuksa:20150318225831j:plain

 

↓ そうこうしている内に、1時間も掛からずに終点『指宿駅』に到着です。

f:id:kuksa:20150318233125j:plain

 

『指宿駅』からは、『砂むし温泉』で有名な砂浜のエリアを目指して歩きました。ガイドブックなどを見て、砂浜にて顔だけを出した状態で砂に埋まっている…とイメージしていたのですが、それは大潮の干潮時にしか出来ないとのことで、全天候型の砂むし場のみ利用者がいました。旦那さんとも「な〜んだ、天然の砂むし、外じゃないんだ。だったらいいや…」と駅前にある足湯のみ、利用してきました。それも30分以上。私たちの他に、利用者は1人しかいなかったので、ゆっくりすることができたのです。それにしても困ったことは、お茶をする場所が中々見つからなかったことです。結局、駅から100メートルの場所にあるコンビニでアイスクリームを買い、足湯をしながら食べました。

その後、『指宿駅』から一足のばしてJR日本最南端の駅『西大山(にしおおやま)駅』に向かいました。

 

↓ 駅の正面には、『開聞岳(かいもんだけ)』が見えます。

f:id:kuksa:20150318230141j:plain

 

↓ 駅を降りると、黄色いポストがあります。「幸せの黄色いポスト」と呼ばれているそうです。以前、松江にてピンクのポストを見ましたが、こちらは黄色です。

f:id:kuksa:20150318230326j:plain

 

↓ 写真を撮ったり、駅前の商店を見たりして時間を過ごし、再度『指宿駅』へ戻り、鹿児島中央駅へ向かう〝いぶたま〟の最終便に乗車しました。写真は、旦那さんが持つ乗車駅証明書と『開聞岳』です。『西大山駅』は、無人駅で券売機もない為、精算は『指宿駅』で行います。

f:id:kuksa:20150318230421j:plain

 

鹿児島中央駅』に到着する直前、停車している日本初のクルーズトレイン『ななつ星in九州』を見掛けました。一瞬でしたが、すぐに気がつきました。見掛けただけで、良いことがありそうな気がしました!!!

今日は、観光列車『指宿のたまてばこ』通称〝いぶたま〟とJR日本最南端の駅『西大山(にしおおやま)駅』のご紹介でした。明日のテーマは…秘密です。

では、また。