おしゃれなタンブラー。

今日、おしゃれなタンブラーを頂きました。近々、旦那さんと私にとって大切な日を迎えるということで、送ってくれたのです。そのタンブラー、『dictionary Tumbler(ディクショナリータンブラー)』というシリーズで、全12種類あるそうです。

 

↓ 「T」と「K」を頂きました。「T」はTEAR=涙、「K」はKING=王様で、手前には頭文字、反対側にはそれぞれのシルエットが描かれています。箱もおしゃれです。下に敷いたマリメッコのクロスの折皺が気になりますが…。

f:id:kuksa:20150306190635j:plain

 

↓ グラスだけにするとこんな感じ。涼しげでなんとも素敵です。シンプルな形に、ゴールドの頭文字が映えます。

f:id:kuksa:20150306191806j:plain

 

↓ 旦那さんも一目見てお気に入りに。早速「使ってみよう!」ということになり、今日届いたばかりの「ハイチ産コーヒー」を淹れて貰いました。

f:id:kuksa:20150306192339j:plain

 

他にも、「A・AIR=空気」や「C・CROSS=十字架」もあるようです。デザインから言うと、「J・JEWEL=宝石」も素敵でしたが、やはり「T」と「K」が気に入りました!!!ありがとうございました☆

 

今日、届いた『ハイチ産コーヒー』ですが、とても珍しいようです。旦那さんと一緒に「どこの豆を買う?」と言いつつ、リストにあった産地を順番に読み上げていくと、「ハイチがいい。未だ飲んだことない」という返事が。確かに貴重なようで、価格も他の産地より随分高い設定になっていました。ハイチ産コーヒーの特徴は、さわやかでマイルドな甘みです。実際に飲んでみると、やや薄く、ちょっとコーヒーらしくない(?)ほど、苦みがありませんでした。季節で言うと春~初夏のイメージでしょうか。本場では、数滴のラム酒を加えて飲むそうです。そうすることで、コーヒーの香りがより引き立ち、楽しめるとのこと。豆があるうちに、やってみたいと思います!!!

 

今日は、おしゃれなタンブラーとハイチ産コーヒーのお話でした。