アドベントカレンダー。

今日から12月です。と、言うことは、いよいよ『アドベントカレンダー』を始める日がやってきたのです。

アドベントカレンダー』とは、12月1日から24日までの日数を数えるために、24個の窓が開いたカレンダーのことです。中には、25日までのものもあります。その窓の中には、お菓子が入っていたり、絵が描いてあったりします。今年、私たちの家で使用するものは、キャンドルカバーになったタイプのもので、ドイツ製です。

 

↓ 今日は「1」を開きました。明日は「2」です。

f:id:kuksa:20141201233606j:plain

 

アドベントカレンダー』はイエス・キリストの降臨を待ち望む期間(アドベント)に毎日1つずつ窓を開けていきますが、ついつい「明日の分も…」と手が伸びてしまいそうになります。『クリスマス』を単なるイベントと捉えているため、こんなことをしてしまいそうになるのだなぁ~と反省です。

また、北欧では、『アドベントカレンダー』を『ユールカレンダー』と言うそうです。

 

詳しいことはさておき、これからしばらくの間、キャンドルの揺らめきを楽しむ夜が続きそうです。

 

では、また。