じゃがいもが当たった。

昨日の夜9時少し前、家のインターホンが鳴りました。

「ピーンポーン!」と鳴った瞬間、旦那さんと「今日、届く予定の荷物は無いんだけど、こんな時間に誰?」「僕、出る」と短い会話がなされました。すると、どうやら、いつものクロネコさんのようです。荷物の受け取りを終えて戻ってきた旦那さんの手元には小箱が抱えられており、「当たったよ!」と嬉しそうです。良くよく見てみると、箱の外には「じゃがいも~」の文字が。先日、応募した懸賞で『カルビー』のじゃがいもが当たったのでした。

旦那さんは夏の間、毎日「塩分が足りない」「水分が足りない」と『ポカリスエット』を飲んでいます。ですが、寒くなるにつれて「もぅ、ポカリはあんまり飲めない。これからはポテトチップス!」と塩分を補うために、毎日ポテトチップスを数枚食べています。そのポテトチップスの袋の裏に、じゃがいもと風呂敷が当たる懸賞の説明が書かれており、空き袋がたまっていく中で、「応募してみよう!」と何気ない気持ちで応募してみました。ちなみに、旦那さんは「塩分が足りないと体がしおれる」体質だそうで、その辺りは謎です。

 

↓ 届いたじゃがいも3キロと風呂敷。選んだ柄は、じゃがいも柄で他にトウモロコシ柄とリンゴが柄がありました。

f:id:kuksa:20141201002807j:plain

 

 ↓ じゃがいもの種類は『トヨシロ』とのこと。『カルビー』で中心的に扱われるポテトチップスの原料になるものだそうです。

f:id:kuksa:20141201002852j:plain

 

『トヨシロ』は北海道で育成され、1976年(昭和51年)に命名された品種です。芽が出る部分のへこみが浅く形が美しい、油加工の際に重要な還元糖の含有率が低いといった特徴があります。それもそのはず、やはりこの品種はポテトチップスの原料になるために生まれてきたのです。また、『トヨシロ』が親となって生まれた『ホッカイコガネ』という品種もあるそうで、こちらはフライドポテト用だそうです。やはり、油との相性が良いということのようです。また、煮崩れもしない特徴があること、旦那さんからのリクエストで、早速今日の夜ご飯のおかず『肉じゃが』になりました。ちょっと味が濃くなってしまいましたが、美味しくいただきました。

 

昨日、懸賞でじゃがいもが当たって喜んでいる私ですが、数日前には、さらに嬉しさのあまり、頭がおかしくなるような出来事がありました。旦那さんのお仕事で、大変良いことがあったのです。本人はあまり喜びを表に出さないタイプなので、「嬉しくないの~???」と私に聞かれ、「嬉しいよ」という冷静な反応ですが、とても良かったです。私がはしゃぐ姿をみて「嬉しい?」と聞きつつニコニコしていました。

 

明日からも良いことがあるよう、日々できることを頑張ろうと思ったここ数日でした。

本日はここまで。