神奈川の出張に同行①。

先日より、旦那さんの〝神奈川県への出張〟に同行してきました。「旦那さんの出張に同行?」と思われてしまいそうですが、ちょっと特別なお仕事をしている旦那さんなので、その辺りも一般的ではありません。いつもの通り、旦那さんが出張先でお仕事をしている間、私は一人旅を楽しみました。そこで早速、神奈川で過ごした思い出を振り返りつつ文字にしていこうと考えています。ですが、ちょっと長くなってしまうので、今日は「食べ物」を中心に、明日は旅行として訪れた『鎌倉』の神社仏閣を中心に書いてみたいと思います。神社仏閣に関する内容は、少しの時間的猶予を得たと思って、きちんと整理をして書きますので、どうぞよろしくお願いします。

 

さて、神奈川県の食べ物ですが…予想以上に美味しかったです。生まれも育ちも関西の私としては、どうしても関東の味に馴染めず、いつも「今回も美味しいお店に出会えなかった。どこに行けば美味しいものが食べられるのだろう…」としょんぼりしながら関西へ戻ってきます。ですが、今回の神奈川では美味しい食べ物、お店に多く出会うことができました。そんなお店の紹介から…。

 

↓ こちらは、石釜でナポリ風のピザを焼き上げてくれるお店『grano(グラーノ)』です。写真は、水牛のモツァレラを使ったマルゲリータ。もちもちの生地にとろとろのチーズ、バジルの香りがひきたっていました。他に、旦那さんセレクトのサラミたっぷりのピザも注文しました。

f:id:kuksa:20141122230008j:plain

 

↓ こんなに可愛らしい石釜です。カウンター席に座ったので、とっても良く見えました。他のお客さんが注文したサラダにチーズを削ってかけるようすなども見ました。

f:id:kuksa:20141122230225j:plain

 

↓ このお店の特徴は、クラフトビールが充実しているということ。常時、海外・国内ともに数種類ずつ置いてあります。樽がなくなり次第、次の入荷はいつになるか分からない…といった感じのようです。写真では、既に旦那さんが一口飲んでしまった後のアメリカのビール『アトラス アプリコットサイダー』(←多分…)です。手前のプロシュートはイタリアから輸入されたもので、パルマ協会お墨付きのものを目の前でスライスしてくれました。

f:id:kuksa:20141122230453j:plain

 

このお店、人気店のようです。出張に向かう前に、調べていたのですが、旦那さんが出張先の人たちに「藤沢(ホテルを予約していた場所)で美味しいお店は?」といった話をした際に複数名の方が教えてくれたり知っていたりしたそうです。お店の方も感じが良く、いろいろな話をしていると「僕、西宮やねん!」と実は関西人だったことも判明しました!「関西人」と聞いた瞬間、身近に感じてしまいました。ピザを中心にちょっと塩分強めですが、どのお料理も美味しかったです。

 

夜ご飯だけでなく、翌日の朝ご飯も頑張ってきました!

お店は『bills(ビルズ)七里ヶ浜』です。このお店、オンシーズンの休日には、4時間待ちも普通のようです。中でも、〝リコッタパンケーキ〟と〝フルオージーブレックファスト〟が有名です。朝7時にオープンのため、藤沢駅前のホテルを早朝に出たのち、江ノ電にて『江ノ島駅』で途中下車をしてから向かいました。お店には6時50分に到着しましたが、既にお客さんがおられ、1番のりは叶わず、2番目でした。

 

↓ お店の内装。自分たちの座っていた席からお店の中を見たようすです。2番目でしたが、「あそこがいいかな~」と思っていた席に座ることができ、目の前には相模湾の一部である七里ヶ浜の海が広がっていました。

f:id:kuksa:20141122231427j:plain

 

↓ 注文時に「スコーンも焼きたてですよ」とおすすめされ、つい注文してしまいました。食事後には「いかがでしたか?」と声を掛けてくださる素敵な接客です。テーブルのガラス面には、青空が反射しています!

f:id:kuksa:20141122231435j:plain

 

↓ その後、パンケーキが苦手な旦那さんが選んだ〝フルオージーブレックファスト〟が来ました。

f:id:kuksa:20141122231443j:plain

 

↓ 私も、パンケーキが好きというわけではないのですが…挑戦せずにはおられず、人気の〝リコッタパンケーキ〟を注文しました。ふわふわ感よりも、もっちり感が半端ない食感でした。

f:id:kuksa:20141122231451j:plain

 

ちょっとお高いのですが、海を見ながら食べる朝ご飯は贅沢そのもので、旦那さんもご機嫌さんでした。

 

↓ そのまま、砂浜に出てみました。左奥に浮かんでいるように見えるのは、『江の島』です。砂浜はとてもきれいに保たれていました。それもそのはず、ボランティアと思われるたくさんの方がクリーン活動をされていました。素敵です。

f:id:kuksa:20141122231500j:plain

 

お次は、偶然通りかかり、しかも2度も足を運んでしまった〝三浦半島のとれたて野菜〟を扱うお店です。その名も『Sasuke Store 鎌倉』と言い、鎌倉市佐助1丁目にあります。

 

↓ 1度目は一人で、雨の中を歩いている時に見つけました。小さな小さなお店です。入ってすぐの棚にはいろいろな朝どれ野菜が置かれ、ケースの中には、手作りのデリが並んでいました。

f:id:kuksa:20141122235306j:plain

 

↓ 思わず、「美味しそう!」と声が出てしまいました。親切なお店の方が「食べてみませんか?」と声を掛けてくださり、お皿に次々とのせてくれました。「こ、これは試食では無い量ですが…」というくらい、あれこれいただいてしまいました。そのいただいたお野菜、とにかくどれも甘くて美味しいのです!

f:id:kuksa:20141122235450j:plain

 

↓ レモンは〝グラム単位〟の販売で、黄色と緑色の2個を購入しました。皮が美味しいレモンとのことなので、既に砂糖漬けにしています。

f:id:kuksa:20141123003701j:plain

 

旦那さんは、決して認めませんが、カボチャがあまり好きではありません。私は、きっぱりと認めますが、「カリフラワーが嫌いです!!!」もちろん食べることはできますが、極力食べたくはありません。というのも、給食のカレー粉をまぶしたボロボロとした食感の印象が拭えないのです…。そんな私が、「このカリフラワーは生でどうぞ」と出され、「げぇ!」と怯みながら、断ることもできずに食べてしまいました。結論から言うと…美味しくて美味しくて。結局、2回目に訪れたときに買ってしまいました。カリフラワーを買うなんて人生初です。1度目に訪れたとき、ちょうど旦那さんから「仕事が終わったよ~」と電話を貰いました。そして、待ち合わせた後に「野菜屋さんに行ったよ!」と話すと、「僕も行ってみたい!」となり、再訪したのです。

 

↓ 買って帰った野菜。カリフラワーは大きな葉に覆われた状態で売られていました。真ん中の黒いものは黒大根です。切ってみると、中は普通の大根よりもさらに白く、香りの良さが印象的です。人参は左から黄色、紫色、オレンジ色とありますが、私は紫色のものが1番甘みが強いように感じました。

f:id:kuksa:20141123000401j:plain

 

これらの野菜は、シンプルに焼き野菜としてホタテのソテーと共に、さらにタマネギは丸ごと使ってポトフにしました。旦那さんによると、ここのお店は「いい仕事!」と最高の評価です。「鎌倉に訪れることがあれば、必ず行くべきお店だ」とも言っています。

 

神奈川出張の「食べ物」を中心とした内容はここまでですが、ちょっとおまけです。旦那さんが出張先に出ている間、私は一人旅になるのですが、「どこかいいところはないかな?」といつも事前に探します。そして、旦那さんに「こんないいところがあったよ!」と報告すると、旦那さんは必ず「僕も行きたい…」と言います。そして、今回、いくつか見つけた場所の中で旦那さんが「僕は、機会があればでいいかな~」と言い、「僕も!」とならなかった場所がありました。それは、横須賀港で毎日行われている『軍港めぐり』です。私自身もそれほど興味はなかったのですが、神奈川県の人気観光地として必ず挙がっているものです。しかも、週末などは予約がとれないほどの人気ぶりとのこと。行ってみました。

 

↓ 船体に書かれている番号で、どの船か分かるそうです。クルーズ中には可愛らしいお姉さんが日によって違う停泊中の護衛艦や潜水艦について詳しく説明してくれます。この写真の中で最も大きな左から2番目の船は試験艦『あすか』だそうで、新しい技術が開発されると、まずこの船で実験されるそうです。

f:id:kuksa:20141123001618j:plain

 

↓ 大きな船というよりは地面の一部のような巨大な護衛艦『ひゅうが』です。全長197メートル、幅は33メートルもあるとのこと。

f:id:kuksa:20141123002331j:plain

 

↓ この日、アメリカの原子力潜水艦オリンピア』が寄港していました。潜水艦の一部は、海に浮かぶ黒いクジラの背中のように見えています。案内の方は、軍事機密なので、「いつ寄港し、出港するのかはわからない。同じ艦体を次いつ見ることができるのかは分かりません」と話されていました。

f:id:kuksa:20141123003155j:plain

 

どの艦体にしても、いろいろな活動をする上で、最も適した色になっているのだとは思いますが、全てグレー系。色にこだわりのある私としては、どうしても"ちょっと怖い…"、"なんだか不気味…"と思わずにはいられないものでした。たくさんのお客さんが『軍港めぐり』に参加してはいましたが、私としては、素直に「かっこいい!」とは思えぬまま45分を終えました。

 

今日はここまで。

明日は、鎌倉の神社仏閣を中心にお届けします。