日帰り奈良出張に同行。

 昨日、旦那さんの「日帰り奈良出張」に同行してきました。とは言っても、今回は本当に一緒に行っただけで、お仕事の面では特に何も貢献していません…。

旦那さんが前日から体調を崩し、「ちゃんと行けるかなぁ?」と心配していましたが、何とか予定通りに終えることができました。しかも、疲れているはずの帰りになってから「結構、治ってきた」と逆に元気になっていました。今日も出勤していましたが、随分元気そうです。「咳が止まれば、多分治る!」と言いつつ、「明日はどこの山に行こう?」と言っています…。

 

さて、奈良出張についてですが…

奈良と言えば『鹿』です。私は『鹿』が大好き!生き物は何でも好きですが、街中に普通に歩いている〝鹿の国〟奈良、幸せな気分になります。

 

↓ 東大寺前にて撮影した鹿さん。今回の奈良滞在では、鹿さんと戯れていた時間が最も長いかもしれません。とにかく可愛らしいです。ですが、午後から出張先に入らなければならなかった旦那さんは、午前中に『ならまち』周辺を主に散策したため、会うことができませんでした。残念!

f:id:kuksa:20141024215536j:plain

  

いきなり、鹿さんの写真からスタートしてしまいましたが、昨日の午前中は旦那さんと一緒に奈良観光、午後は旦那さんはお仕事で私は一人旅でした。

朝、1番に向かったのは『ならまち』エリアです。

『ならまち』には、おしゃれな雑貨屋さんやカフェ、お菓子屋さんなどがあります。10時過ぎに『近鉄奈良駅』に到着したため、未だ営業開始時刻になっていないお店もありましたが、のんびり歩いて散策しました。体調が悪くても、「僕も見たい!」と言い張り、旦那さんも一緒だったので、最短コースです。

 

↓ 御堂の中からは、既に拝んでおられる方々の声が聞こえていました。『庚申堂(こうしんどう)』です。災い除けの身代わり申(さる)がたくさんありました。

f:id:kuksa:20141101160825j:plain

 

 ↓ 次に向かった場所は、『ならまち格子の家』で古い奈良の家を見ることができます。奥行を活かした間取りや風通しの良い格子などの工夫が感じられます。さすが奈良!鹿の屏風がありました。

f:id:kuksa:20141101160918j:plain

 

↓ 本当は1番に行っておきたかったのですが、経路的に後になってしまいました。『御霊神社』です。奈良時代は『元興寺』の寺域だった場所ですが、今では縁結びや夫婦円満で注目されるスポットです。これからも夫婦仲良く過ごせるよう、願ってきました。

f:id:kuksa:20141101161004j:plain

 

他にも〝蚊帳生地〟を使った雑貨を販売する『吉田蚊帳』などのお店を見て回り、「ランチはここ!」と決めていた『カナカナ』に向かいました。このお店、この辺り一帯の先駆け的存在で有名なカフェです。近くには『ボリクコーヒー』というロシアや東欧の雑貨も扱う『カナカナ2号店』も展開しています。

 

↓ 『カナカナご飯』1300円です。

f:id:kuksa:20141101160712j:plain

 

その日の内容は外の黒板に書いてありました。この日は…〝温かい鮭の南蛮、きのこのせ豆腐、こんにゃくの含め煮、青菜とゆがき大根のおひたし、柿の白和え、韓国のりご飯、味噌汁、小豆寒天、コーヒーか紅茶かハーブティー〟となっていました。

 

お腹もいっぱいになり、またも気になっていたお店へ。アイシングクッキーがかわいい『幸福スイーツ アルカイック』、小さな小さなパン屋さん『ノモケマナ』、この名前、反対から読むと〝ナマケモノ〟です!パンを包んでくれる袋にはナマケモノのスタンプが押してありました!素敵です。旦那さんと過ごせる時間も少なくなってきたので足早に、奈良の雑貨屋さんの定番『遊 中川 本店』、さらには『きたまち』エリアにも足を延ばし、カレーと理系の本や絵本を楽しめる『ミジンコブンコ』をちょっと覗いてみたり、旦那さんにとっても私にとっても珍しい〝女子大〟である『奈良女子大学』を見学してみたりしました。

 

↓ 写真が斜めですが…。奈良女子大の正門。初めて知ったのですが、国立の女子大学は『お茶の水女子大学』とこちらの2校だけとのこと。素敵な洋館は重要文化財だそうです。男女共学の学校にしか慣れていない旦那さんも私もキョロキョロしてしまいました。

f:id:kuksa:20141024222051j:plain

 

 

ここからは、午後の部です。旦那さんは出張先へ移動し、お仕事です。私は〝鹿さんの時間〟です。たんまりと鹿さんと遊んだ後、大仏殿周辺などを観光し、雑貨屋さん『ジュエヌ』では〝鹿ボタン〟と〝鹿ブローチ〟を購入。存分に歩き、既に足が痛くなりつつありましたが、『近鉄奈良駅』周辺から『学園前駅』に移動するため、駅に戻りました。目的地は『大和文華館』、先日遊びに来てくれた友達が特別展「酒井抱一ー江戸情緒の精華ー」のチケットをくれていたのです。

 

↓ 初めて訪れた『大和文華館』ですが、驚くほどの緑に囲まれ、素晴らしい美術館でした。敷地へのエントランス。

f:id:kuksa:20141024222138j:plain

 

↓ 美術館の建物。チケットと共に。

f:id:kuksa:20141024222351j:plain

 

 近畿日本鉄道の社長であった種田虎雄(おいだとらお)氏が日本の文化の中心地を結ぶ鉄道会社に相応しい美術館を…との思いから始め、初代館長を美術史学者の矢代幸雄氏に任命し、個人の好みよりも価値に重きを置いて収集した美術館とのことでした。その思い、今にも伝わっている印象を受けました。酒井抱一の作品も決して多くはありませんでしたが、見応え十分でした。こんな機会をくれた友達に感謝です!

 

これで、奈良での予定は終了です。5時です。ですが、旦那さんはお仕事の後に食事会もあるそうで、少なくとも8時半頃までは待たなくてはなりません。食事会が決まった時点で、「お留守番しようか?」と聞いたのですが、「ダメ、一緒に行こうよ!」と言うので来たものの、「これからどうしようかな?」と思いつつ、『近鉄奈良駅』で考え事をしながら歩いていると尋常では無い数の警察官に囲まれました。「えぇ~!?」と驚いていると、囲まれたのではなく、埋め尽くすほどの警察官の方が集まっておられたのです。「何事?」と急に不安になり、携帯で検索してみたものの、事件などは起きていそうにありません。ちょっと怖いので逃げるように、地上に上がってみると、今度は謎の紙を持った集団です。良くよく見ると「皇太子殿下」という文字が見えます。どうやら、皇太子さまがお越しのようでした。「そかそか、それなら安心」と思い、またまた『ならまち』をぐるぐる歩いてみました。ですが、何度回ってもお店は変わりません。結局、駅に戻ってみると、一部は通行規制、さらに近くにいたおじさんに「よかったらこれ、振って出迎えて下さい」と声を掛けられ、日の丸の国旗を渡されてしまいました。何だかよく分からない内に、お出迎え、歓迎の集団に混じることとなりました…。かなりの人数です。6時過ぎに駅にご到着で、移動用のお迎えの御車にお越しになりました。そのタイミングでお出迎えです。周辺の人は携帯で写真を撮っています。だったら…と私も挑戦しました。写り具合はばっちりでした。(←今回はこの写真、掲載いたしません。)

その後、『JR奈良駅』に移動し、柿のお菓子を販売する『かきいろ』で柿のお菓子2種類2つずつを購入し、再度『近鉄奈良駅』に戻ってきました。駅構内で〝柿の葉寿司〟などに値引きシールが貼られるようすを眺めつつ、近くのカフェにて休憩です。それにしても、値引きシールの効果は絶大なのか、次々に買うお客さんの姿がありました。

 

↓ 休憩したカフェの限定、大仏さんアートの1杯です。右側のアイシングクッキーは午前中の『幸福スイーツ アルカイック』のものです。持って帰る前に壊れてしまっては…と思い、ここで記念写真です。

f:id:kuksa:20141024222511j:plain

 

 ここも、オーダーストップが8時半、9時までの営業ですが、実質8時半には閉まりました。さて、いよいよ行くところもなくなり、駅で立っていると、旦那さんからの電話です!「今終わったからすぐ行く!」とだけ言い、走って来てくれました。営業時間の短い場所での待ちぼうけ、中々辛いものがありましたが、何とか終了です。

表情を見てみると…朝より元気そうです。お仕事がうまくいき、楽しかった証拠です。そんな姿をみれば、私の疲れも吹き飛びましたが、珍しくできた足の靴擦れ6個の痛みは消えませんでした…。

今日になって靴擦れの水膨れは随分ひき、半分皺しわになりました。日頃、かなりの距離を歩いてもならないのですが、気がつけば1日歩いてたので、相当な距離だったのかもしれません。

 

↓ 今回買って来たものです。『遊 中川』系列の『日本市 奈良三条店』では月ヶ瀬のほうじ茶を買いました。包装も素敵で富士山の袋に切手のような説明書付きです。他は既にご紹介した〝鹿ボタン〟と〝鹿ブローチ〟です。左上の国旗は…お迎えの際のものです。

f:id:kuksa:20141024222618j:plain

 

日帰りとはいえ、中々大変な1日でした。ですが、楽しく過ごすことができました。

 

※『更新』をクリックするのを忘れ…〝昨日〟の内容が〝一昨日〟になってしまいました。23日の内容です!!!

 

では、また。