はちみつが大好きです。

昨日、予告をしていた〝はちみつ屋さん〟のご紹介です。

旦那さんのお気に入りのお蕎麦屋さんでお昼を頂き、その後、お散歩も兼ねて歩いていると偶然見つけました!

その〝はちみつ屋さん〟の名前は『Au Bon Miel(オ・ボン・ミエル)』です。フランス語で「良いはちみつ」という意味のこのお店、とても素敵でした。8月3日(はちみつの日!)にOPENしたそうです。

 

↓ お店の中はこんな感じで多種多様なはちみつがずらりと並んでいます。写真の右上にあるお家のようなものは、ミツバチの巣箱のレプリカです。

f:id:kuksa:20141019185212j:plain

 

お店のオーナーさんは、とっても気さくで感じの良い女性です。ご自身も養蜂をされているそうで、はちみつのことなら何でもご存知のような“はちみつ愛”を感じる方でした。

旦那さんと一緒に「はちみつが並んでるお店ってフランスを思い出すね」などと会話をしつつ眺めていると「ご試食いかがですか?」とテイスティングさせてくださいました。小さなスプーンの先にのった1粒のはちみつは、口の中でふんわりと広がり、どれもが優しい香りを放ち、満たされた気分にさせてくれるものばかりでした。ですが、種類によって、味や香りは全て異なり、違いを感じる度に一層幸せな気分でうっとりとしてしまいました。

あれやこれやと頂いている内に、オーナーさんから「はちみつがお好きですか?」と聞かれ、旦那さんはその瞬間に自分がはちみつ好きであることに気付いたようです。びっくりです!旦那さんは、海外に出ると決まってお土産として、はちみつを買って来てくれます。それに、はちみつたっぷりのトーストも大好き、紅茶もミルクティーにはちみつたっぷりです。「はちみつ=たっぷり」の公式を成り立たせる旦那さん、自分のはちみつ好きを今頃気付いたようです。そして、迷いに迷った結果、1つ買って来ました。

 

↓ 買って来たはちみつは…『桃源郷』という名前の山梨産はちみつです。日本ミツバチの貴重なものです。フルーティーな香りと深い甘みが楽しめます。お店のパンフレットも素敵です!

f:id:kuksa:20141019190616j:plain

 

はちみつ瓶に貼られているラベルですが、日本ミツバチと西洋ミツバチによって変えられるなど、親切な工夫が加えられたもので、おしゃれなだけではない本気度が素敵です!

フランスのパリにあるはちみつ屋さん『LA MAISON DU MIEL』を思わせる雰囲気であることを旦那さんと懐かしみつつ話していると、まさにそこの瓶や石鹸が飾られていました。お聞きしてみると、オーナーさんはフランスのあちこちの養蜂場などにも訪れておられました。やはり、本気度が違いました!!!

また、お会計の後に「少ししか無いんですけど…」と販売はされていないブルガリアの『ダマスクローズはちみつ』を味わわせて頂きました。ほのかに香るバラの香りが限りなく贅沢でした。

 

↓ お店の外観はピンクと白のタイルです。お店のパンフレットのピンクと白もこのタイルから来ているそうです。

f:id:kuksa:20141019205143j:plain

 

↓ 入口には、おすすめ(?)の案内が出ています。この日は、『れんげ蜂蜜』の入荷お知らせでした。

f:id:kuksa:20141019205225j:plain

 

場所は、今出川通りに面し、市バスの停留所『銀閣寺道』からも歩いてすぐのところです。京都に来たお友達を是非案内したいお気に入りのお店になりました。

 

そして…この日、お昼を食べたお店は『實徳』というお蕎麦屋さんで、はちみつ屋さんの数件隣です。ここも美味しいお店です。

 

↓ 旦那さんの『鴨せいろ(大)』と私の『おろし』です。

f:id:kuksa:20141019211048j:plain

 

明日は月曜日、また1週間、頑張ろうと思います。

では、今日はここまで。