形の変なきのこを発見。

昨日は、彩美しいきのこを中心にご紹介しましたが、今日はあまり〝きのこらしくない〟きのこ、一般的なイメージに沿わないきのこをご覧いただきます。今日の写真も『大文字山』で撮影したものです。

 

では、早速…

 

↓ ムーミンのニョロニョロのような形をしたきのこ、これもれっきとしたきのこ『ホウキタケ』の仲間です。『ホウキタケ』には似たものが多いので、正式な名前は分かりません。『?』

f:id:kuksa:20140907231813j:plain

 

↓ ニョロニョロつながりで…こちらは『シロソウメンタケ』の仲間でまたもや正式名称は分かりません。『?』

f:id:kuksa:20140907233523j:plain

 

↓ 同じく、ちょっとプクプクしたニョロニョロですが、これは全くもって可愛くないニョロニョロです。名前を『カエンタケ』と言い、漢字では『火炎茸』と書きます。猛毒きのこです。

f:id:kuksa:20140907234358j:plain

 

見るからに気持ちの悪いきのこですが、万が一触ってきのこの成分が皮膚に付着してしまうと爛れて大変なことになります。わずか数グラム摂取しただけでも致死量となり、中毒症状としては一般的なきのこの中毒症状に加え、多臓器不全や脳萎縮などを引き起こすそうです。決して触れてはいけません!今回はコナラの木の足元に生えていました。

怖ろしいきのこもご紹介しましたが、気を取り直して次のきのこです!

 

↓ 次のきのこは1本だけで生えているきのこで、ニョロニョロではなくニョロなきのこです。名前は『シマイヌノエフデ』です。似たきのこに『キツネノエフデ』というきのこもあります。この写真では、既に取れてしまっていますが、赤い部分に〝グレバ〟という臭い発するものがついているクサいきのこです。

f:id:kuksa:20140907235424j:plain

 

次に、形は一気に変わって…

 

↓ 手前の丸いものを『ホコリタケ』と言います。いずれてっぺんに穴が開き、ほこりのようにパフパフと胞子が飛びます。奥に何となく写っている黄色いものは『ビョウタケ』と言うきのこで、押しピンの〝鋲〟にそっくりです。

f:id:kuksa:20140907232137j:plain

 

↓ こちらのきのこは『ズキンタケ』と言います。ちょっと変なきのこです。というのも、傘の部分があるようで、ないようで…なのです。一般的にイメージされるきのこは傘を開き、傘の下側から胞子を飛ばしますが、このきのこは傘が開きません。傘の部分全面に胞子がついているのです。先程の黄色い『ビョウタケ』も〝ズキンタケ科ビョウタケ属〟で仲間です。

f:id:kuksa:20140908000917j:plain

 

↓ こちらは『ツチグリ』です。これも、中心の穴から胞子を飛ばします。

f:id:kuksa:20140907235631j:plain

 

↓ ラッパのような形をしたきのこ『ウスタケ』です。属もラッパタケ属です。

f:id:kuksa:20140908000034j:plain

 

↓ 『アオゾメタケ』です。きのこの胞子を紙に落とした時にできるものを胞子紋と言いますが、その胞子紋が青藍色になります。その為、このきのこは外から見ても、少し青みがかっているのです。こんな白いモサモサがきのことは、普通、思いませんよね…。

f:id:kuksa:20140908001613j:plain

 

最後に…気持ちの悪い(?)きのこばかりをお見せしたので、形はちょと変でも美味しいきのこをご覧いただきます。

 

↓ 『ウスヒラタケ』です。『ヒラタケ』よりも小ぶりで薄いのが特徴のきのこです。どちらにしても、美味しいきのこには間違いありません。

f:id:kuksa:20140908001830j:plain

 

『ヒラタケ』と聞くと、「食べたことないわ!」と思われる方もいらっしゃるとかと思いますが、以前は栽培品種の『シメジ』として「ツクリシメジ」や「信州しめじ」として販売されていたものです。更に、かつて「ホンシメジ」として販売されていたものは『ブナシメジ』であり、〝香りマツタケ味シメジ〟と言われる場合の〝シメジ〟はこれら『ヒラタケ』とは異なる『ホンシメジ』なのです。その『ホンシメジ』は最近では『大黒しめじ』として販売されています。ちょっとややこしいお話となりましたが、きのこは実際の名前で販売されているとは限らないのです…。

 

ということで、本日は昨日に引き続き〝きのこ〟についてでした。自然のきのこは見るのも美しく、食べるのも美味しいので大好きです。

昨年の秋には、天然『ナメコ』を探しに出掛け、持って行ったお菓子『きのこの山』の空き箱に入りきってしまう程度しか収穫できませんでした。まだまだ先にはなりますが、今年の秋も見つけに行きたいと思います。

 

今日はここまで。

今日は十五夜、空には大きな大きなお月さん、中秋の名月が輝いています。観月しつつ、お団子でも楽しむこととします。

ではでは~。