夜の山できのこを観察。

ここ最近、在宅勤務の続いていた旦那さんですが、今日は朝から出勤していました。でも、帰宅は4時頃という早さだったこともあり、久しぶりに夜のお散歩に出掛けました。行き先は『吉田山』です。

出発当初の目的は、「夏の虫がまだ残っているかなぁ~?」と〝虫〟だったのですが着いた途端「秋の虫の音がするね~。夏の虫、いないかも」と早々に諦め、〝きのこ〟観察をしてきました。

 

↓ そろそろ夏のきのこと秋のきのこが同居する季節です。夜はカメラのピントも合い辛く、不気味な写真に仕上がります…。このきのこは『ツルタケ』の仲間。

f:id:kuksa:20140827232626j:plain

 

↓ 『テングタケ』の赤ちゃんです。

f:id:kuksa:20140827232900j:plain

 

↓ 『テングタケ』は大きくなると、絵に描いたような、きのこらしいシルエットになります。

f:id:kuksa:20140827233057j:plain

 

↓ 『イグチ』の仲間、『ミヤマベニイグチ』です。いい色です!

f:id:kuksa:20140827233336j:plain

 

他に、黄色が印象的な『キツネノハナガサ』も見ることができました。今日は未だ傘の開いていない状態のものでしたが、このきのこは開くととっても美しくて可憐なきのこです。旦那さんも私も初めてみました!写真は、夜ということもあって、 中々本来の色を捉えることができなかった為、掲載しません。もし、ご興味のおありの方はインターネットなどで検索してみて下さい。素敵ですよ~。

 

今日は写真がイマイチな上に短い記事となりましたが、久々のお散歩で楽しかったので書いてみました。これからは、秋のきのこの季節、きっと〝きのこブログ〟になると思いますが、お付き合いください!

では、また。