みつばちの甘味が目的。

今日は、出町柳にある甘味処『みつばち』へ行って来ました。これまでにも何度も何度も前を通過しているのですが、何故か前を通るのは定休日の日曜日と月曜日ばかり。「次こそは…」と心に決めつつも伺うことのできていなかったお店です。

ここは、千葉県千倉産の「天草」を使った〝寒天〟が有名なお店です。店内にも、寒天の作り方が書かれた説明が掲示され、手間暇かけられているようすが伝わります。そして、その寒天を使った「あんみつ」が有名なのですが、今回は夏季の期間限定「あんず氷」が目的でした。でも、実際にお店に入ってみると、迷うのです。「あんず氷って決めてきたけど、あんみつも美味しそう…」と。ですが、そこはお店も流石です!どちらも半分のサイズになったセットがありました。それを見た瞬間、迷わず決めました。旦那さんも「僕もそれ」ということで、セットになったものを2つ注文…。

持って来ていただけるのを楽しみに待ちつつ、旦那さんと周囲を見渡しました。人気店である上に、かわいらしいサイズのお店、私たちは運よく並びませんでしたが、次々とお客さんが並び始めました。

 

↓ 期待していた通り、とにかく美味。あんみつの寒天はプリプリで濃厚なのにさらりとした黒蜜、あんず氷は甘酸っぱさが広がるトロトロのシロップでした。旦那さんも「白玉が美味しい!」とお気に入りでした。 

f:id:kuksa:20140812184420j:plain

 

今日の私の目的は『みつばち』でしたが、旦那さんには他の目的がありました。それは、『下鴨神社』にある『糺の森』で毎年開催される「下鴨納涼古本まつり」です。本来であれば、昨日行く予定だったのですが、台風の影響で今日からに変更となり、初日の今日、行って来ました。

そこで今日、私は大金星をあげました!!!

ほんの数日前、何気なく本を手にしながら「このシリーズの本で欲しいのがあるんだけど、絶版になっていて手に入らないんだよね」と旦那さんが話し掛けてきました。「どれどれ?」と言いつつ、以前にも旦那さんが欲しいとしていた絶版の本を見つけ出した経験のある私は「一応、気に掛けておくから教えて」と軽く聞き返しました。調べてみると、その本は確かに絶版で、専門書のお店でも中々手に入りそうにありませんでした。そして今日、見つかるとは思ってもいなかったのですが、旦那さんの興味のありそうな本は…と思いつつ、いくつかのブースを覗いていました。

すると!あるブースの〝この台200円〟と書かれた台に無造作に積まれた本の中から、見覚えのある本を見つけました。一気にテンションが上がりつつも、まだ信じられません。にゅるっと引き出し、見てみるとやはり間違いありません。旦那さんに「これ…?」と差し出すと旦那さんもびっくり。絶版故のプレミアもつき、お目に掛かるのも難しく、手に入れるには1万円以上が相場となっている本ですが、200円で買えてしまいました。大金星です。

そのお会計の場でも、旦那さんは珍発言でした。お支払いの為に、破格の本をお店の人に渡すと、お店のおじさんは「これ、どこ(の棚)から?」と聞かれ、私が「あそこの200円の台です」とこたえると、「じゃ、200円で」との対応。ここまでは普通の流れなのですが、旦那さん、正直すぎます!ご丁寧におじさんにむかって「この本、インターネットとかでは1万円しますよ」と言うのです。おじさんは笑いながら「状態が完璧じゃないから…」というようなことをおっしゃっていましたが、普通は言わないように思うのです…。おじさんが親切な方なのか、価値をご存知でなかったのか分かりませんが、値段を上げられることも無く、無事にそのままの値段で買うことができました。思いがけず早く手に入った本ですが、旦那さんはきっと大切にすると思います。

他にも、旦那さんの興味のある内容にもかかわらず、初めて目にする本を全3巻揃った状態で手に入れることが出来たり、実用書も買えたりと、とてもお得でした。

 

↓ 両サイドにブースがずら~っと並んでいます。一部には、児童書や洋書もあり、見ているだけでも楽しめます。大量買いをされた方への対応でしょうか?その場から送れるように宅急便屋さんも来られていました。

f:id:kuksa:20140812184831j:plain

 

↓ 何の本かも分かりませんが、和綴じの本や手書きのものまで販売されています。寸葉(すんよう)と呼ばれる小さな紙製品、切手や絵葉書も人気があるようで、人だかりができていました。

f:id:kuksa:20140812190523j:plain

 

中には、外国人の方が浮世絵の版画などを買い込んでいる姿を目にしました。そんなようすを見て、古本市のイベントを「外国からのお客さんが来られた時に訪ねてみるのもいいなぁ~」と思いました。

そして…昨日ですが、旦那さんのお仕事に関する打ち合わせの場に同行してきました。2回目ということもあり、スムーズに進めることができました。

 

↓ 打ち合わせ前に食べたランチ。丸太町にある『丸太町十二段家』にて。

f:id:kuksa:20140812192348j:plain

 

ランチは基本的に3コース。基本の〝ぶぶ漬け(お茶漬け)〟+一品やお刺身です。前日に旦那さんが「ここに行ってみたい」と言うので、開店前に行って来ました。それでも、外で30分、中で15分並び、行列のできる人気店を体感しました。が…個人的には好みではありませんでした。本来、〝ぶぶ漬け〟は【お茶】漬けでは無く、【お湯】漬けらしいのですが、ここのお茶漬け、どーにもお茶がよろしくないような…。お湯の方が良いように感じる程です。また、席に案内されるときも、お店の方に「どうぞ」と言われるのですが、どこにどうぞなのかが分からず、みなさん「ここでいいのかな?他には空いてないよね?」と戸惑っておられました。有名人も多く来店されているようですが、再訪は無さそうです。残念でした…。

 

昨日はイマイチでしたが、今日は、美味しいものを食べることができ、旦那さんの欲しいものも手に入り、良い1日でした。

 

では、また近い内に。