ボウズのがれでぼうず。

この週末、神戸市須磨区にある『須磨海づり公園』へ行って来ました。

子どもの頃から家族で魚釣りをすることが多く、夏と言えば豆アジを釣って揚げたてのアジフライを食べることが楽しみのひとつでした。そんなことを思い出し、少し前から旦那さんと「魚釣りに行こう」と話し、計画を立てていました。そして、ついにこの週末、釣りの日がやってきました。

 

↓ 山側からみた『須磨海づり公園』の施設。手前には「JR」の線路が見えています。

f:id:kuksa:20140722015420j:plain

 

当日は朝の6時開園でした。前日から実家に泊まり、開園と同時の入園を目指しました。予定通り入園し、糸を垂らします。早速、30cm程の大きなカワハギが餌を突いている姿が見えました。ですが、カワハギは小さな口でツンツンするだけ。とっても上手に餌だけを持って行きます。そのカワハギが姿を消すと、一向に餌も無くなりません。釣れる気配、全く無しです。

その日は、かなり真剣に臨みました。いつもは普通のサビキ針を使うのですが、「今回は特別に!」と〝ボウズのがれ〟というちょっとお高い仕掛けを使ってみました。パッケージにも、「これでダメなら、とっとと帰りましょ。」と印刷された一品です。それにも関わらず、全く釣れません…。

これまで、大物狙いであれば別ですが、アジをターゲットにしたサビキで釣果0なんて、中々経験したことがありません。その為、珍しく旦那さんよりも先に私の方が飽きてきました。旦那さんに「釣れないね~」と話し掛けるも、旦那さんは「僕、今までに釣れたことがあんまりないからこんなもんだと思ってた」と平然としています。「え!魚釣りは何か釣れるもんだよ!」と言うと「ゴズ(ハゼの方言)なら誰でも釣れるけど海釣りは釣れないもんだよ」との返事。釣れることへの感覚の違いから、ますます飽きてきました…。そして、結局〝ボウズのがれ〟の力をもってしても、旦那さんの〝釣れない力〟におされてか、見事なぼうずとなりました。

 

↓ 暇だったので、周辺の景色を撮影。山側には六甲山系最西端『鉢伏山』が聳えています。山頂へはロープウェーで登ることもできます。

f:id:kuksa:20140722015842j:plain

 

↓ 遠くには「明石海峡大橋」がぼんやりと見えています。晴れている日にはしっかりと見ることができるのですが…

f:id:kuksa:20140722020252j:plain

 

終始曇天で、時より小雨にも見舞われましたが、最終的に6時間粘りました。それでも、ぼうずに変わりはなく、〝釣りの帰りに魚屋さんへ寄る、サザエさんの波平さんの気持ち〟が、ちょっと分かったような気がしました。

 

帰宅後は釣りたて、揚げたてのアジフライを食べる予定が…急遽、外食をすることになりました。何故かお肉です。お魚の予定だったはずなのですが…

 

↓ お魚のはずがお肉に…でも、美味しかったので満足です。目の前で焼いて下さいました。最初に野菜、次にお肉の順です。焼き待ちのお肉は木に乗っています。

f:id:kuksa:20140722021108j:plain

 

週末のメイン、魚つりはダメダメでしたが、楽しい休日を過ごすことができました。

 

では、また近い内に。