山鉾巡行を追いかけて。

今日は、いつもお世話になっている素敵ご夫妻の奥様にご案内頂き、『祇園祭山鉾巡行を見学してきました。先ずは、河原町御池の交差点にて、先頭をきって進んでくる『長刀鉾』を待ちました。

 

↓ 予定の時刻を少し回った頃、ついにやってきました。鉾のてっぺんには、長刀がついています。

f:id:kuksa:20140717232937j:plain 

↓ 竹を敷いたり、打ち水をしたりして一気に方向転換をします。

f:id:kuksa:20140717233053j:plain

 

↓ 無事に方向転換することができました。

f:id:kuksa:20140717233136j:plain

 

待っている間、暑さと待ち遠しい気持ちからか、あちこちでいざこざが起きていたり、警察官や警備員の方々が大きな声をあげてルールを守って貰おうとしたりする様子が見られました。

ここでは、『長刀鉾」』、『占出山』、『芦刈山』、『孟宗山』、『函谷鉾』までを見学しました。そして、先へ進んだ『長刀鉾』のお稚児さんの降りられる姿を一目見ようと、新町通りの辺りまで移動しました。

 

↓ 新町通りの辺りは道幅が狭く、大きな鉾は通るのがやっとです。通り過ぎて行く『長刀鉾』と民家の接近した様子。時に、屋根に足を掛けていました。

f:id:kuksa:20140717233451j:plain

 

この辺りでは、警察や警備員の方々に、「危ないので、後ろに下がってくださ~い」と頻繁に言われますが、近いだけに迫力が違います。車輪の向きを変える際にはギシギシ…と軋む音が地面に響き、体に伝わってきます。また、周辺からは「菊水(鉾)がやっぱりええなぁ、綺麗で安定してる」など、毎年見学されている様子の方がお目当ての鉾や山を見つけては楽しんでいる姿も見られました。

 

↓ 『占出山』の側面。とても美しい装飾がなされていました。

f:id:kuksa:20140717233958j:plain

 

面白かったのは、『蟷螂山』です。一番高い場所にて、カマキリが手を動かし、羽を広げる様子を見ることができました。このように自動で動くものがついているものは他には見られませんでした。

 

↓ 小さいのですが、見えますか?カマキリが乗っています。

f:id:kuksa:20140722011451j:plain

 

今年は、『後祭』も復活するとのこと、もうしばらく、『祇園祭』を楽しめそうです。

素敵ご夫妻の奥様とはランチをご一緒し、その後に大丸にてお別れをしました。夜にはフランスからのお客様との夕食会があったため、お買い物をして急いで帰宅しました。お買い物は、来られた方々へのお土産です。

15名のメンバーで夕食会を楽しみ、忘れられないひと時を過ごすことができました。全員が満足してくださり、とても充実した時間となりました。旦那さんも「誰かが喜ぶっていいね~」とみんなに感謝され、嬉しそうにしていました。

 

では、今日はここまで。

また近い内に~。