黒田清輝展と新キャラ。

先日、『京都文化博物館』で展示されている「没後90年 近代日本洋画の巨匠 黒田清輝展」に行って来ました。ここでは、画家、黒田清輝(1866~1924年)が描いた多くの作品の中から、重要文化財の『湖畔』や『智・感・情』など有名作品を含む160点が展示されていました。

 

↓ 『湖畔』をモチーフにした看板と旦那さんと2人分の前売り券。

f:id:kuksa:20140713000040j:plain

 

最高傑作とされる『湖畔』、やはり最も目をひく作品でした。画面全体の質感からも日本らしい湿度の高い夏が感じられ、その一瞬を捉えたようすがうかがえます。また、描かれた地点は芦ノ湖の遊覧船乗り場や箱根駅伝のスタート地点のすぐ近くとのこと。そして、この作品は当初『避暑』というタイトルだったそうです。当時から、芦ノ湖にはほんとひと時の涼を求める人々が集まる、人気の場所だったのかもしれません。

そして、個人的な感想ですが、『京都文化博物館』が、どうも好きになれません。〝旧日本銀行京都支店〟にあたる別館の雰囲気は大好きなのですが、展示が行われるスペースは何だか違和感を感じてしまいます。

また、帰り際に何気なく手に取ったリーフレットの中から「絶対に行ってみたい!」と思う展示を見つけました。それは、『京都国立博物館』にて7月19日より開催される「うるしの近代―京都、「工芸」前夜から」です。漆黒の広がるもの、蒔絵などの装飾がなされたもの、とにかくいろいろな漆芸作品を楽しむことができそうです。早く、19日にならないかな…?

 

話は変わって…今日、朝の10時頃に郵便局の方が来られました。

友達が送ってくれたレターパックのお届けです。中を見てみると…先日より『東京ディズニーシー』にて、ダッフィーの新しいお友達として仲間入りをした新キャラ〝ジェラトーニ〟のグッズでした!!!

まだ、登場して数日です。気になっていたので、とーっても嬉しいです。

ジェラトーニは左側のファイルと真ん中にあるメモに描かれているネコ。かわいいです!ありがと~!!!

 

↓ 沢山頂いてしまいました☆

f:id:kuksa:20140713000149j:plain

 

今日はここまで。