雪化粧と桜を纏う大山。

前回の週末は、『米子』と『松江』に行ってきました。

往路・復路ともに高速バスを利用し、途中で車窓から過ぎゆく桜の景色を楽しむこともできました。旦那さんにとっては慣れた道ですが、桜の季節に米子や松江に戻ることが無かったそうで「珍しい、きれいな景色」と喜んでいました。

最近は寒い日と暖かく過ごしやすい日の差が激しい毎日です。そのため、中国地方の最高峰『大山』の麓からは、山頂近くに雪が見え、足元に桜が咲くというアンバランスなようで美しい姿を見ることができました。

 

↓ 高速バスの車窓から見る『大山』。『大山』は〝伯耆大山〟とも呼ばれ、1729mの高さを誇ります。

f:id:kuksa:20140409102704j:plain

 

『松江』に向かう際には、CMで有名になった『江島大橋』を渡ってきました。『鳥取県境港市』と『島根県松江市』を結ぶ急勾配の橋です。CMで見る程の勾配は感じられませんが、他には無い橋でした。

先週は、『銀閣寺』周辺の『哲学の道』にお花見に行きましたが、これからは枝垂桜が見頃を迎えるようです。近々、〝枝垂桜の名所〟へ見に行って来ようと思います。

では、また。