実家で牡丹鑑賞をする。

今日は実家に帰省していました。「帰る!」と決めたのは昨晩、しかも随分遅い時間で日付も変わっていた様な気がします…。旦那さんからも「明日は帰宅が遅くなる」と聞いていたのと、実家に帰ってやるべき事があったのです。それに、父から「牡丹が咲いてる~」と聞いていたので、「明日だ!」と思い、決めました。やるべき事と言っても用事はすぐ終わり、早速、庭に出てみました。

 

↓ 比較的珍しい『黄冠(おうかん)』が丁度咲いた所でした。黄色い牡丹は種類が少ないです。

f:id:kuksa:20190422230711j:plain

 

黄色い花弁が素敵ですが、牡丹らしいイメージとは少し違うかもしれません。牡丹と言えば、何色が思い浮かぶでしょうか?白?紫系?ピンク系?それらの種類も一通り揃っています。中でも、私は赤と白の絞り模様が入った『島錦(しまにしき)』と言う種類が好きですが、今日は咲いていなかった様に思います。

 

↓ 『連鶴(れんかく)』かと思いますが、もし違っていると、後程、母から「違うよ~!」と指摘を受けそうです…。

f:id:kuksa:20190422230742j:plain

 

実家には、約50種の牡丹がありますが、どれも両親が島根県大根島でお世話になっている牡丹農家さん?から購入した物です。その全てが両親が気に入った物や牡丹農家さんにおすすめして頂いた物です。年に1度、数日しか開花しませんが、年間を通して欠かさず見守り大切にしています。

 

↓ 淡い色も美しいです。この様にしてみると、淡い紫色も好きです。

f:id:kuksa:20190422230825j:plain

 

↓ 明るいピンク色です。もうこの辺りになると私には種類は分かりません。聞けば「あぁ!」と思うのですが、ハッキリとは言えません。

f:id:kuksa:20190422230849j:plain

 

ゆっくり種類も確認して来たかったのですが、植物大好きベビーちゃんがそんな時間を与えてはくれませんでした。牡丹の蕾を握ろうとしたり摘もうとしたり…。どんな事でも「良いよ~」と言う母も、この時ばかりは激しく困っていました。代わりに、終わりかけたシクラメンやチューリップを渡して貰っていました。結局、それでも中々諦めきれず、少し見頃が過ぎた牡丹の花を1つ貰っていました。。。

 

↓ カーネーションの様な咲き方をする種類。

f:id:kuksa:20190422230913j:plain

 

↓ 牡丹は開花して時間が経過したり、日光が強く当たったりすると花弁の色が抜けて周囲からしなしなになっていきます。「写真を撮るなら、早朝じゃないと…」と言われる所以です。

f:id:kuksa:20190422231031j:plain

 

↓ 蹲(つくばい)の近くには、何だか不思議な牡丹が咲いていました。『国芳(こくほう)』と言うそうです。牡丹農家さんの所でも開花していないらしく、未だお花その物を見た事が無いと聞いて来たそうです。日光にも当たりしなしな気味で、更に良く分からない状態になっていました。

f:id:kuksa:20190422230932j:plain

 

既に早咲きの品種の見頃は終え、更に遅咲きの品種は未だ蕾の状態でしたが、十分に見て来る事が出来ました。また、牡丹に限らずお花の季節でした。ベビーちゃんは植物は勿論、池の中を覗き込むのが好きで、最後は池の縁で寝そべってしまい、母を驚かせていました。そして、きのこも発見しました。ちょっとしたきのこが生える事はよくあるのですが、今回は「何でこんな所に???」と思わずには居られない種類でした。

 

↓ 『アミガサタケ』です!母に「フランス料理では人気の食材で食べられる」と言っても、このグロテスクな見た目から母は拒否。「良かったらどうぞ」との事でした。2つ出ていましたが、折角なのでそのままにして置いて来ました。

f:id:kuksa:20190422231459j:plain

 

今日は実家への帰省でしたが、案外自然を感じる事が出来ました。昨日はお気に入りのベーグル屋さんにてベーグルのサンドイッチやキャロットマフィンを買て外で食べました。北山周辺を歩いていたので『京都府立植物園』にも寄ったのでした。

 

↓ 昨日のランチ。ベーグルサンド2種類です。

f:id:kuksa:20190422232141j:plain

 

↓ キャロットマフィンも美味しいです。

f:id:kuksa:20190422232301j:plain

 

植物園では、梅園の周辺がタンポポスポットになっており、写真撮影を楽しむ来園者の姿が多くありました。流石のベビーちゃんもここでは「全部摘む迄、絶対動かない!」とは言わず、楽しそうにお散歩をしていました。

 

さて、明日は何をして過ごそうかな?と思います。週の半ばは雨予報なので、今の内に色々な事をしておきたいと思います。

 

今日はここ迄。

一重から八重の季節に。

「桜の開花」と聞けば思い浮かぶのは『ソメイヨシノ』です。数ある桜の種類の中でも、桜前線として開花情報を追い求めるのもやはり『ソメイヨシノ』だけです。今日18日の時点で、岩手県辺り迄進んでいる様で、ゴールデンウィークの中頃には、函館の辺りが満開になるとの事。その後、北海道内の道北や道東へと進む予想です。京都では既に『ソメイヨシノ』の見頃は過ぎてしまったのですが、この頃から見頃を迎える桜があります。それが八重桜の仲間です。『ソメイヨシノ』は5枚の花弁で、一重咲の仲間としますが、八重桜は複数の花弁を付ける桜の総称で八重咲の仲間です。

 

↓ 種類は分かりませんが『宝ヶ池公園』の近くには、八重桜が多く植えられている場所があちこちにあります。

f:id:kuksa:20190418001236j:plain

 

ソメイヨシノ』の花弁が舞い散り、少し寂しい気持ちになる中で、ほっこりとした温かい気持ちにさせてくれる八重桜。私はこのタイプの桜も大好きです!そして、今年は桜を眺める中で、ふと思う事がありました。それは、来年の春の事です。来年の今頃には、ベビーちゃんも幼稚園児です。私が子どもの頃の幼稚園は、年中・年長の2年が多かったのですが、最近は年少から、もしくはその1年前のプレスクールからで4年間通う事を選択する人が増えています。そんな情報を耳にしつつ、人見知りだけど子どもは大丈夫なベビーちゃんを連れて遂に幼稚園体験に参加して来ました。当日は、ベビーちゃんも朝早く起きて出来る事を自分でして、自分の荷物もリュックで背負いました。「今日、幼稚園に行くから楽しもうね!」と声を掛けると、どことなく真剣かつ嬉しそうな表情でした。いざ出発すると…通学路をしっかり自分の足で歩きました。「まぁ、大文字の山にも登れる位だから大丈夫かな~」と思いつつ見守っていると、猫に遭遇しました。「どうするのかな?」と様子を見ていると、ベビーちゃんは両手を広げて大きな声で「にゃ~!」と威嚇?です。でも、人馴れした猫は全く動じていません。「横、通れるよ」と言うと、猫をじっと見つめつつ通り過ぎました。第1関門クリアです。次は、タンポポのトラップです。正しくは、タンポポは罠に掛けようなんて思ってもいないのですが、ベビーちゃんは自ら引っ掛かります。全然進みません。その場にあったタンポポを全部回収する迄、しばし母は待機です。そして、最後から2本目のタンポポを採ろうと手を伸ばした所で派手に転倒です。見事、おでこと鼻に傷を作りました。ですが、幸いな事に、高いとは言えない迄も、比較的鼻の高さがあったので、おでこと鼻の2ヶ所で済みました。私は子どもの頃、とても鼻が低かったので、おでこと両ほっぺの3ヶ所を怪我したと今でも語り継がれています…。鼻がパパ似で良かったです!第2の関門、タンポポエリアでは転倒があったものの泣かずにクリア、頑張りました。最後の第3関門、園の先生のお出迎えです。人見知りが出るか???と思いましたが、これも何故か出ませんでした。初めての所にも関わらず、途中で爆睡すると言う大物ぶりを発揮したベビーちゃん。どうやら幼稚園体験はとても楽しかった様で、帰りもルンルンでした。来年の春、桜が開花する頃に笑顔で入園式を迎えられたらな…と願うのでした。

 

では、また。

これは何の粉だろう…。

先日、旦那さんの両親とおじいちゃんおばあちゃん、私の両親が京都に集まりました。大人8人とベビーちゃん1人の合計9人で大集合です。元々は、旦那さんファミリーは福井県へ行く予定だったのですが、京都にも立ち寄って下さったのです。午前中は全員集合、その後ランチを一緒に…となりましたが、行こうと思っていたお店に行く事が出来ず、結局ランチはご一緒する事が出来ませんでした。そして、私たちの家に荷物を運んでくれた私の両親と私たち家族が残って5人でのランチとなりました。「どこに行こう?ベビーちゃんが一緒でも大丈夫そうな所…」と相談の結果『ル・カフェ(Le Café)』に決めました。お店に到着すると、満席ではありましたが、すぐに入る事が出来ました。このお店は『アンスティチュ・フランセ関西ー京都』(旧日仏学館)の中にあり、本場フランスの家庭料理が気軽に味わえる場所です。母以外は鶏肉と野菜のトマト風スパイス煮込みの日替わり、母は特製サラダのリヨン風?にしていました。

 

↓ 母が注文したサラダ。真ん中にある白いのはポーチドエッグです。

f:id:kuksa:20190417160726j:plain

 

↓ 私たちが注文をした煮込み料理には、クスクスが添えられ、美味しく頂きました。

f:id:kuksa:20190418000447j:plain

 

その〝クスクス〟とは、小麦粉から作る小さな粒状の食べ物で、国によってはパスタの一種とされています。発祥は北アフリカから中東にかけてとされており、現在ではヨーロッパやブラジルで多く消費されています。食べ始めて暫くすると、父が「これは何の粉だろう?」と不思議そうにしていました。そう、それがクスクスです!「それ、クスクス」と言うと「ほぉ」と納得していたので、知ってはいたものの初めて口にしたのだと思います。特別強い味や香りがある訳ではありませんが、美味しい食べ物です。その後、自宅へと荷物を運んで貰い、無事この日を終えました。この日は、珍しいイベントがあっての大集合でしたが、旦那さんも「来て貰えて良かった!」と、とても嬉しそうでした。ベビーちゃんは終始ベビーカーで大人しくしていたので、いつもの調子で走り回る元気な姿を見て貰う事が出来ませんでしたが、また近い内に会いに帰りたいと思っています。

 

では、また。

セミから生えるきのこ。

昨晩の雨で桜が散ってしまうのでは?と心配しましたが、未だまだ綺麗に咲いていました。今日も何日目?と思いつつも飽きずにお花見がてらお散歩をしてきました。そして、今日の内容は、昨日『宝ヶ池公園』にて発見した珍しい物についてです。それが…これ!

 

↓ 地面からニョキっと生えたきのこです。こんな感じで一見きのこらしい様にも見えますが、とても硬そうで不思議な質感のきのこはあるカテゴリーのきのこにほぼ間違いありません!

f:id:kuksa:20190407135134j:plain

 

旦那さんに「これ!これ見て!これって冬虫夏草でしょ?」と声を掛けます。後ろからベビーちゃんと一緒に歩いていた旦那さんも立ち止まって観察します。「うん、多分そう!」と。その返事を聞いて一気に期待が高まります。ベビーちゃんも、何が見つかったのかは分かっていませんが、大抵、私が何か見つけたと言う時は〝珍しい物〟を発見した時だとは分かっている様で大興奮です。何度も「ダメ!パパに採って貰うから!」と言っても、近付こうとします…。

 

↓ 「絶対に折らないでね!綺麗に採って!」と言われ、旦那さんは丁寧に掘ってくれました。一部、菌糸が見えて来ました。根元にある黄色っぽい繊維状の物です。

f:id:kuksa:20190407135157j:plain

 

↓ そして!遂に採れました。冬虫夏草の仲間『オオセミタケ』です。何とも気持ち悪い見た目…。私は大抵の生き物は大丈夫、むしろ大好きですが〝寄生〟するタイプの物は苦手です。。。

f:id:kuksa:20190407135222j:plain

 

このきのこ、外見に強烈なインパクトがあります。冬虫夏草の仲間は、セミや蛾の幼虫、蜂やクモ等に寄生する菌です。良く見ると、セミの幼虫ときのこが繋がっています。この寄生されたセミは『アブラゼミ』かと思われます。それにしても積極的に見てみたい物ではありませんが、珍しいのは間違いありません。ちなみに、冬虫夏草として漢方薬等に使用されるのは、蛾の幼虫なので、この種類ではありません。今回発見した『オオセミタケ』は残念ながら、薬効は無いそうです…。あっても摂取したくありませんが…。冬虫夏草は、条件によって、とんでも無い高値で取引される事もある品物の様です。

 

気持ち悪いと思いながらも、見つける事が出来て妙に嬉しくなる『オオセミタケ』でした。

では、また。

桜の下でサンドイッチ。

 今日もお花見です。桜が咲いている限り、このお花見は続きます。ですが、どうやら『ソメイヨシノ』は今晩の雨で一部散ってしまう事になりそうです。『ソメイヨシノ』が終わる頃になると、八重桜を中心に遅咲きの桜が開花し始めます。これはこれで楽しみです!!!

 

↓ 今晩の雨に備え、今シーズン最後の〝家族揃ってのソメイヨシノのお花見〟を楽しみました。ベビーちゃんが大好きなタンポポと桜です。

f:id:kuksa:20190407134237j:plain

 

タンポポを見つけると、居てもたっても居られなくなるベビーちゃんですが、ガードやフェンスの向こう側に咲いている場合も、決して諦めません。必死で手を伸ばして摘もうとします。今日はフェンスの隙間に顔を押し潰しながらも頑張っていました。その様子を旦那さんが写真に撮っていましたが、それは見事に頬っぺたがムギュッと潰れていました…。

 

↓ ベビーちゃんは桜を見ながらも、足元のタンポポに集中していますが、大人はやはり桜を見ます。しっかりと開花した一輪が集まって房になっています。

f:id:kuksa:20190407134932j:plain

 

あちこちの桜を眺めながら歩きますが、今日は選挙を済ませ、ランチは少し早めに『宝ヶ池公園』へと向かいました。普通であれば、お弁当を作って行く、もしくは買って行くのだと思いますが、今日はサンドイッチの〝材料〟を持って行きました。しかも、簡易版です!最近、ベビーちゃんはおままごとの様な遊びをします。それに、毎月届くベネッセのおもちゃにもサンドイッチのおもちゃが含まれており、楽しそうに遊ぶ姿を多く目にしていました。そこで、今日のランチは公園でサンドイッチを各自で作って食べる事にしたのです。

 

↓ サンドイッチのランチを思いついた時点では、カツサンドも良いな~。ツナサンドの準備もしようかな?チーズは何チーズにしようかな?と思いを巡らせたのですが、ベビーちゃんが自分で作って食べられる物となると限られて来ます…よって、シンプルに簡易版としたのです。

f:id:kuksa:20190407135106j:plain

 

写真にはありませんが、ベビーちゃんお気に入りのマヨネーズ等、塗る物も幾つか持参しました。とは言っても、ベビーちゃんが好きなのはマヨネーズの入れ物であって、中身では無いのです…。子どもって、不思議な物に興味を示します。そして、いざ作ろう!となると、ベビーちゃんはサンドイッチを作る事に一切興味無しです。元々異なる食感の食べ物が混ざる事を好まないのですが「何で重ねるの!」とでも言いたげな雰囲気でバラバラにします。結局、サンドイッチには仕上がりませんでしたが、今日の経験が今後に繋がればと思います。

 

↓ 今の時期、山々には桜の柔らかいピンク色の彩りが加わる時期ですが、桜に加えてもっと濃い紫色がかったピンク色も目立ちます。『コバノミツバツツジ』です。

f:id:kuksa:20190407135024j:plain

 

↓ 遠くの山々では見えませんが、足元にはスミレも咲いています。スミレは良く見ると、淡い紫色から濃い紫色迄、色々な種類があります。お花の色や形でも見分けが付きますが、葉っぱの形にそれぞれの特徴があるので楽しいです。

f:id:kuksa:20190407135044j:plain

 

桜の他にも色々な植物や自然にある物を観察して歩くのが好きなのは家族全員の共通事項です。そんな中、歩いているとふと左手側の斜面にて、とても珍しい物を発見しました!ですが、今日は美しい物だけで終わっておこうと思うので、続きは次回とします!!!

 

では、今日はここ迄。

桜のかんざしを挿して。

今日は〝家族でお花見の日〟でした。毎年恒例の行事です。行事と言っても、特段何かをする訳では無く、桜が満開になるタイミングに1番近い休日を利用して、お気に入りのお花見コースを散策するのです。今年は、浄土寺にある『青おにぎり』にてランチ用のおにぎりを購入してからのスタートとなりました。営業開始頃に訪れると、既に何名かのお客さんが店内でおにぎりを楽しんでおられました。前回持ち帰り用を購入に訪れた際には、注文用紙に記入してその場で作って頂きましたが、今回は時短の為に既に作ってある分から購入しました。

 

↓ ベビーちゃんも待ちきれない様子で、選んでいます。鮭おにぎり・玄米ご飯おにぎりを美味しそうに食べました。

f:id:kuksa:20190407010840j:plain

 

先にランチの紹介となりましたが、メインはあくまでお花見です。おにぎりは『哲学の道』を散策した後に頂いたのでした。『哲学の道』は定番スポットとして、必ず訪れますが、ここは観光客にも人気のエリアなので「今年の桜はどうかな?」と言いつつ、軽く見て歩くのみです。

 

↓ 今日の『哲学の道』は、丁度良いタイミングで満開でした。昨日の『蹴上インクライン』や『南禅寺』に比べ、今年は案外人出が少なく、鑑賞しやすい雰囲気でした。

f:id:kuksa:20190407010931j:plain

 

↓ 例年、疏水の両サイドは人で溢れていますが、今年は誰も居ない空間が見られました。

f:id:kuksa:20190407010912j:plain

 

この後、おにぎりを食べる為にもお気に入りのコースへ移動しました。そのコースを歩くと、何ヶ所か必見の桜の木があるのです。そこでは、ベビーちゃんも桜を眺めつつもやはり大好きなタンポポを集めて過ごしていました。桜の木の足下に咲くタンポポを摘みながら歩くのです。ふと見ると、桜の花が咲いた状態の小さな房が落ちていました。とても綺麗だったのでベビーちゃんに渡してみますが、予想通りタンポポの勝利であっけなく返却されます。それであれば…と思い、ベビーちゃんの髪をくくっているゴムに挿し込んでみました。桜のかんざしです。ベビーちゃんが走り回る度に、白に近い淡いピンクの桜の花が揺れていました。こんな感じで進んだお花見でしたが、実はベビーちゃん、その後すぐに寝てしまいました…。結局、お気に入りのコースもほとんど寝て過ごし、家の近くになってから目を覚ましました。最後は最寄りの公園で遊んでからの帰宅となりました。

 

明日は午後にはお天気が崩れる様です。桜が散ってしまわないかな?と心配ですが、未だ午前中はお花見が出来そうです。

では、今日はここ迄。

蹴上~北山への大移動。

今日は大学時代からの友達とのお花見。桜もそろそろ咲き揃い、気温も春らしくて完璧です。計画を立てたのは数日前、友達が京都に来てくれる事になり、いつもの様に「どこに行くー?」と相談です。結果、友達が「落ち着く」と言って好きな『南禅寺』周辺を目的地に定めました。そして、それと同時に「北山のスパイス屋さんは遠いかな?」と聞かれたので、行く事にしました。遠いと言っても、歩いて行くわけでは無いので大した距離ではありません。先ずは烏丸御池駅にて待ち合わせ、東西線蹴上駅に向かいました。最初の目的地『南禅寺』を目指してです。蹴上駅から『南禅寺』へ向かう途中には、私の思い出のホテル『ウエスティン都ホテル京都』や『蹴上インクライン』があります。『蹴上インクライン』はとにかく混雑しており、桜の下で写真を撮ろうにも人だらけでした。友達にも付き合って貰い、長時間粘って色々な写真を撮りました。ですが、ベビーちゃんとの写真を撮る事に集中していたので、風景だけの写真は良い物が無く、今回は掲載しません。

 

↓ 朝一番には肌寒かった気温もどんどん上昇し、少し暑いと感じる迄になりました。そんなタイミングで訪れたのが『BLUE BOTTLE COFFEE(ブルーボトルコーヒー)』です。

f:id:kuksa:20190405231051j:plain

 

友達はコーヒー好きで、あちこちのコーヒーを飲んでいます。『BLUE BOTTLE COFFEE』も、私が東京に出掛けた際に清澄白河のお店でのおつかいを頼まれた事もあります。今でこそ、関西にもここ、京都と神戸にありますが、京都にオープンした時は関西初でした。

 

↓ 一杯一杯、丁寧にドリップされるコーヒーたち。

f:id:kuksa:20190405231259j:plain

 

↓ クッキー類もおしゃれです。ピーカンナッツがのった焼菓子はナッツ以外、ベビーちゃんのお腹の中におさまりました。

f:id:kuksa:20190405231513j:plain

 

↓ 明るい店内にはお花も飾られています。自然光がアレンジのグリーンを綺麗に見せてくれます。

f:id:kuksa:20190405231535j:plain

 

↓ 築100年以上と思われる町家をリノベした店舗で、土壁の竹組が見えているのもそのまま活用です。ただ、全体を撮影すると味わい深い壁ですが、竹組が見えた壁の前で写真を撮ると、ただ単に手入れの行き届いていない古い家でお茶をしている様になってしまいました…。

f:id:kuksa:20190405231628j:plain

 

↓ コーヒーの他、色々なグッズも販売されています。どの商品にも青いボトルのイラストがあり、可愛らしいです。チョコレートはサイズが2種類。大と小があります。意味もなく、大小1つずつ買いたくなる大きさです。

f:id:kuksa:20190405231653j:plain

 

↓ 写真右下の青いカップが妙に左端に寄せられています。これは、ベビーちゃんの仕業です。何故かとても気に入った様で手に持って欲しそうにしていました。「これは買わないよ!買わない!」と言っていると、偶然かもしれませんが「買って!」と言われました…。

f:id:kuksa:20190405231717j:plain

 

「買って!」と言われてもどうにもこうにも大きさがベビーちゃんにあっていません。飲み物を入れたら持つのが大変な位、たっぷりと入る大きさです。結局、返却する様に言ったせいで左端の方にちょこんと置いたのでした。続いて目的地の『南禅寺』へ向かいました。

 

↓ 『南禅寺』も紅葉の季節程ではありませんが、観光客が多くいました。ここでも写真を撮ろうにも、通行人を撮影する事になるので、空近くの高い場所を撮影しておきました。

f:id:kuksa:20190405231749j:plain

 

南禅寺』からの移動ですが、来た時と同じ様に蹴上の駅に戻っても良かったのですが、緩やかな上り坂になる事もあり、隣の東山駅迄歩く事にしました。初めは疏水沿いを、途中からは住宅街を歩きました。

 

↓ 何だか暖簾がひらひらするお店です。以前から何度かお店の前を通っていますが、特に気にする事無く歩いていました。すると今日、友達が急に「ヒサシがこんな所に!」と言いました。

f:id:kuksa:20190405231811j:plain

 

「ヒサシ」と聞けば、GLAYのギタリストHISASHIしか思い浮かびません。「へ?」とマヌケな返事をしつつ、内心「何のHISASHI?」と思っていると、友達の熱のこもった説明で有名なチョコレート屋さんである事が分かりました。ショコラティエとして、世界コンクールでも優勝している方のお店だそうです。また、帰宅後にホームページを見てみると、クラブハリエで15年間修行されていたとありました。お店の名前は『Chocolaterie HISASHI(ショコラトリー ヒサシ)』です。私も何かと新しい物好きで〝新規オープン〟探しが好きですが、友達も相当新しいお店が好きです。ずっと訪れたかったそうで「ランチの前やけど…」と食べたそうにしていたのでイートインで寄り道する事にしました。店内は、カウンター席のみです。

 

↓ 友達は食べたいケーキが決まっていた様で「ガチャPにする!」と。私は「いや、これはもはやガチャピンやん!」とツッコミながら、他の物と迷います。

f:id:kuksa:20190405231849j:plain

 

↓ 私自身は着込んだ服のせいで少し暑く、ケーキの気分では無かったので、ソフトクリームを選びました!しかも、追加料金でボンボンショコラをトッピング出来るとあったので決断です。写真1番右のソフトクリームです。

f:id:kuksa:20190405232019j:plain

 

置いてあったガイドブックを友達と眺めながら頂きます。ベビーちゃんはこの時、爆睡でした。半分食べた辺りでお腹いっぱいです…。濃いチョコレートソフトがコーンの先迄詰まっています。トッピングしたスペキュロスのボンボンショコラは本当に美味しく、1粒で満足の味わいでした。

 

↓ 続いてはランチです。今回、珍しくランチの場所を決めていませんでした。そこで、東山駅から乗車して、北山に向かう際に烏丸御池駅で乗り換える事から、烏丸御池駅周辺で考えました。既にランチの時間を過ぎようとしており…急いで『cafe火裏蓮花(カフェ かりれんげ)』に行きました。京都でも人気の町家カフェです。

f:id:kuksa:20190405232051j:plain

 

ここは、スイーツ系は種類が多いのですが、ランチは1種類しかありません。随分前に訪れた時は、少ないながらも2種類はあったと思うのですが…今日は1種類でした。

 

↓ 1種類だけなので迷う事も無くピラフを注文です。一見、ピラフには見えませんが、これがこちらのピラフです。信楽焼の器も素敵です。

f:id:kuksa:20190405232129j:plain

 

↓ ランチとセットになっているドリンクは、アイス柚子茶を選びました。柚子茶は家でも良く飲みますが、アイスは初めてでした!さっぱりと飲みやすくて美味しいです。冷たい柚子茶は初めての発見でした!

f:id:kuksa:20190405232152j:plain

 

↓ 小さなデザートも付いています。苦みが美味しいコーヒーゼリーでした。

f:id:kuksa:20190405232213j:plain

 

↓ 隠れ家的なお店で、入口に繋がる路地を見逃すと、辿り着けません。店内からも囲まれた周りの建物が見えています。

f:id:kuksa:20190405232234j:plain

 

この後、再度地下鉄に乗って、北山駅を目指しました。ここは、最後の目的地であるスパイス屋さんの最寄駅です。昨日も訪れた植物園を通過し、更に北山通を西へと進みます。北山大橋を渡ってすぐ到着です。友達は南インドのカレーを作るスパイスのセットを購入していました。

 

↓ 最後に、北山大橋近くの桜の木の下にあるベンチで休みました。

f:id:kuksa:20190405232303j:plain

 

今日は旦那さんが夜に歯医者さんの予約があり、5時迄に帰宅する約束をしていたので、北山駅迄戻った所でお別れしました。友達にも事前に伝えていたので問題無しです。ベビーちゃんも友達に遊んで貰ってとても楽しそうにしていました。

 

今年も良いお花見が出来ています。

では、今日はここ迄。