春の草花を探して歩く。

今日はお天気が良かったので、京都市内北部で最も美味しいとされるパン屋さん『BRUGGE(ブルージュ) 洛北』迄お散歩に行きました。そして、その道中には、春の草花を探してあっちへフラフラこっちへフラフラです。気温的にも随分温かく過ごしやすい1日でしたが、足元にも確実に春が訪れています。今日見つけた春は…

 

↓ 『オオイヌノフグリ』です。名前の由来が何とも言えないのですが、小さくて可憐な姿は気付くとちょっと幸せな気分になれるお花です。近付いて見てみました。

f:id:kuksa:20170305195256j:plain

 

↓ 離れて見ると「あ、これ良く見るわ…」と言う声が聞こえて来そうな春の定番種です。

f:id:kuksa:20170305195458j:plain

 

↓ 紫色のお花をつける『ホトケノザ』です。実は『春の七草』の中にも『ホトケノザ』と呼ばれる種類がありますが、それは黄色いお花をつける『コオニタビラコ』の事なのです。ややこしい事に『コオニタビラコ』の別名が『ホトケノザ』であり『春の七草』には別名が使用されています。

f:id:kuksa:20170305195641j:plain

 

↓ これは『ナズナ』です。〝ぺんぺん草〟とも呼ばれています。

f:id:kuksa:20170305195715j:plain

 

↓ 『ナズナ』と似ている『タネツケバナ』です。よく間違えられるそうです。

f:id:kuksa:20170305195801j:plain

 

↓ タンポポですが、種類は分かりません。タンポポは1本丸ごとで1つのお花の様に思われがちですが、これは1つの花の集合体で、沢山の花が集まった状態になっています。

f:id:kuksa:20170305195949j:plain

 

↓ 背は低いですが『オニノゲシ』です。葉っぱがトゲトゲギザギザで無ければ、ただの『ノゲシ』ですが、こちらは激しいトゲトゲギザギザなので簡単に判別出来ました。

f:id:kuksa:20170305200024j:plain

 

↓ 続いて、トゲトゲギザギザ繋がりで…〝アザミ〟です。正式な種類は『ノアザミ』かな?アザミは紫色の綺麗なお花が咲きますが、触ると痛くて、ある意味観賞用のお花です。スコットランドの国花です。

f:id:kuksa:20170305200132j:plain

 

↓ この塊は…多分『ギシギシ』です。葉っぱの付け根が割れていれば似た植物の『スイバ』ですが、割れていなかった様な気がします…。

f:id:kuksa:20170305200252j:plain

 

 ↓ 最後は『ヨモギ』です。『ヨモギ』と言えば、よもぎ団子に草餅です!

f:id:kuksa:20170305200206j:plain

 

以前にもよもぎ団子を作った事がありますが、その時には家に『ヨモギ』を粉砕する機械が無く包丁で丁寧に刻んだのですが中々大変でした。ですが、今はベビーちゃんのご飯用ブレンダーがあるので簡単に作れそうです。近い内に、綺麗な場所にてお団子用もしくはお餅用に『ヨモギ』採集をしたい気分になりました。 

 

では、今日は春の草花の紹介でした。

また、近い内に。

ベビーちゃんの初節句。

今日3月3日は雛祭り。和歌山の『アドベンチャーワールド』では、昨年9月に生まれたジャイアントパンダの女の子〝結浜〟が初節句を迎えたそうですが、うちでもベビーちゃんがめでたく初節句でした。

 

↓ 小さな小さなお雛さん。左側に見えるのはミニ掛け軸でベビーちゃんの名前が書かれています。一般的なお雛さんとは違って陶器のお雛さんです。

f:id:kuksa:20170303193427j:plain

 

実家の母は段飾り、私は1段の親王飾り、今の時代とは違って大きいどころでは無い〝どでかい〟お雛さんでしたが、ベビーちゃんには小さい物をお願いしました。それも時代の変化…と言う事で。と言うのも、飾る場所、更には片付ける場所が無いのです。そこで、色々と検討した結果、このお雛さんになりました。小さくて飾るにも片すにもコンパクト!だからこそ、毎年気軽に楽しく飾れそうな気がします。ベビーちゃんも気に入ってくれた様で、飾った初日、お雛さんを「欲しい欲しい…!」と手に取りました。そして、とった行動は…頭からガブリ。ベビーちゃんのヨダレでお雛さんのマットな黒髪が見事なツヤツヤ髪になりました…。

また、今回の飾り方ですが、向かって左に男雛で右に女雛。これは、京風ではありません。京都では、他の地域と反対に飾ります。と言う事で、左右反対の京風に配置をしてみましたが、何だか違和感があって元に戻しました…。やはり、京都で作られる物は、京風の配置を考えて作られているのでしょうか?単純に入れ替えるだけではダメな様でした。。。

 

今後もベビーちゃんが健やかに成長してくれる事を願いつつ終わりとします。

では、また。

又もや西陣を歩き回る。

先日、友達と『晴明神社』を訪れた際に、西陣周辺のカフェや焼菓子屋さん巡りをしました。中でも、思いがけず見つけた美味しいカヌレを販売する『Pâtisserie café 3ème(トワズィエム)』の他、有名なお店にも複数足を運んだ事は記憶に新しいです!その日の夕方、京都駅方面へ帰る友達を見送り、私もバスに乗ろう…と『千本今出川』にある複数のバス停の中から自宅方面へと走るバス停へと向かいました。と言うのも、京都では大きな通りや沢山の路線が入り乱れる場所に限って、バス停が複数に分かれているのです。そして、バスを待つ事、数分。バス停の後ろには何やら不思議な名前のお店、道を挟んで反対側にはレトロなパン屋さんがあるのを発見しました。これ、気になります!気になれば調べる、これは私の定番です。帰宅後に調べると、何とそれら2つのお店はとても有名店だったのです。なので…今日、行って来ました!

 

↓ 京都で唯一のカステラ、このお店風に言うのであれば〝カステイラ〟の『越後家多齢堂(えちごやたれいどう)』です。何とも不思議な名前!

f:id:kuksa:20170302183112j:plain

 

↓ 店構えも良くある〝京都の老舗〟風ではありません。つい、余計な事を考えて「この立派なビルはカステラ御殿どころかカステラビルだなぁ」と見上げてしまいました。

f:id:kuksa:20170302183332j:plain

 

↓ 江戸時代末期から受け継がれたお店。今回は、1番小さいサイズを購入しました。

f:id:kuksa:20170302183412j:plain

 

↓ こちらのカステラは、当日に販売する分を季節や気候、曜日を元に予想して製造されるそうです。その為、今日買った物は今日作られた物との事。

f:id:kuksa:20170302183522j:plain

 

未だ、食べてはいません。早く食べたい所ですが、先ずは夜ご飯を食べなければなりませんが、きっと美味しいはず!こちらでは、添加物を一切使用せずに材料も4つだけ、卵、小麦、砂糖、水あめだけにこだわっているそうです。ただ、個人的にはちょっと残念な事が…私、カステラは底にザラメがついているのが好きなんです。でも『越後家多齢堂』のカステラも楽しみです。続いて、もう1つの気になったお店が『大正製パン所(たいしょうせいぱんしょ)』です。

 

↓ 看板や外観は比較的新しい感じですが、中に入るとレトロな雰囲気が漂います。

f:id:kuksa:20170302183605j:plain

 

お店の名前の通り、大正8年創業とレトロ風では無くパン屋さんとして本物の歴史があります。こちらは、カレーパンが有名とあり、真っ先にカレーパンをトレーに入れました。カレーパンも3種類あったのですが、とりあえずは定番を2つ。他にも何か…と見ていると大きな大きなコロッケサンドを発見しました。すると、横に〝カドワキさんのコロッケを使用〟と書かれていました。これまた気になって「コロッケのカドワキさんはどこにあるお店なんですか?」と聞いてみました。すると「中立売の商店街で色々なフライを扱っておられますよ。子どもさんが小さかったら揚げ物も大変だと思うので行ってみて下さい」と親切に教えて下さいました。これまた帰宅後に調べてみると『えびフライ カドワキ』と言うお店だと言う事が判明しました。

 

↓ 購入したコロッケパンとカレーパン2つ。

f:id:kuksa:20170302183638j:plain

 

この他、旦那さんもお気に入りのカヌレや『OHAYO biscuit(オハヨービスケット)』にて旦那さんが頂いたバレンタインのお返し、ホワイトデー用のビスケットを買って帰って来ました。でも、実は西陣周辺にはまだまだ行って見たいお店があるのです。それらは、またの機会に!

 

↓ 『OHAYO biscuit』に向かって歩いていると『一条戻橋』横の桜が咲いているのを発見しました。

f:id:kuksa:20170302183720j:plain

 

種類は分かりませんが『ソメイヨシノ』とはまた違った華やかさで一足早い春を感じました。今日は、午後に西陣周辺を散策しましたが、午前中はベビーちゃんのお友達と会っていました。久々の再会です。お互いに「大きくなったね~」と楽しい時間を過ごしました。心配していた人見知りも、何故か今日のお友達は平気で一安心。前回お会いしたお友達には申し訳なくなる位に「嫌い、嫌い!」して大泣きしてしまったのでした。。。また、午前中の後半には記念写真の撮影で写真屋さんにも行って来ました。

 

では、今日は3月に入って初めての更新です。

今月も良い事が沢山あります様に!!!

春だ!春だ!豆ご飯だ。

未だまだ寒い毎日ですが、スーパーに行くと〝春らしさ〟を感じる食材が目をひきます。今日は歯医者さんの帰りに、近所のスーパーで和歌山県産『うすいえんどう』を見つけました。『うすいえんどう』と言えば、決まって豆ご飯をしなければなりません!

 

↓ 『うすいえんどう』を使った豆ご飯。

f:id:kuksa:20170227194920j:plain

 

スーパーに行く前の予定では、今晩は洋食にするつもりでしたが、見つけてしまったものは仕方ありません。豆ご飯に変更、和食です。〝仕方がない〟と思うのは、単純に豆ご飯好きだからですが…。

そして、いつもの「気になる!」です。『うすいえんどう』の〝うすい〟って何でしょうか?豆の色が薄い?豆の味が薄い?そんなはずはありません!色はしっかりと黄緑色、味も濃くほくほくです。きちんと調べてみました。すると『うすいえんどう』の〝うすい〟は地名である事が分かりました。明治時代に、アメリカから入って来た〝えんどう豆〟が大阪の羽曳野市碓井(はびきのしうすい)にて栽培が始められ、それに因んで碓井のえんどう豆=『うすいえんどう』になったそうです。また、その後は、より栽培に適した和歌山県で多く栽培される様になったとの事ですが、確かに今日購入した物も和歌山県産でした。また、関西人は豆ご飯が好きな人が多いのですが、関東人にはあまり人気が無いそうです。その理由は、豆ご飯に用いて美味しい『うすいえんどう』が多く出回るかどうか、なんだとか。。。言われて見れば、同じ豆でもグリンピースご飯はイマイチな気がします…。

 

もうすぐ3月、春本番が待ち遠しい毎日です。

今日はここまで。

うちのクリームパンダ。

ベビーちゃんの日々の成長記録を色々な形で残しておこうと思います。インターネットで検索をすると写真屋さんでの撮影だけでなく、寝相アートを中心に色々と工夫を凝らした〝記録〟ではなく、もはや〝作品〟の数々が掲載されています。うちでも、記念日毎に寝相アートや手形アートに取り組んでいますが、今回は〝合成〟を使った『クリームパンダ』ちゃん作りをしました。

 

↓ 2種類のアプリを使って『クリームパンダ』ちゃんの背景を消し、手の写真に合成しました。

f:id:kuksa:20170226203736j:plain

 

ベビーちゃんの『クリームパンダ』ちゃんです。これを最初に思いついた方は賢いなぁ~と思います。数あるキャラクターの中で、赤ちゃんがグーをした様な形の物はそう多くはありません。そんな中『アンパンマン』のキャラクターから『クリームパンダ』ちゃんを見つけられたのです。

 

フォトショップ等を利用しての加工では無いので、どうしてもクオリティーの低さは出てしまいますが、うちにも『クリームパンダ』ちゃんが来てくれて大満足です。しかも、このアプリは文字も入力できました。

次はキャラクターでは無く、何かオリジナルの合成写真を作ってみようかと思います!!!

 

では、また。

平安騎馬隊のお馬さん。

随分前から、白川通宝ヶ池通の辺りをお馬さんがパカパカ…と歩く姿を何度も見掛けていました。それに、馬を輸送する大型の車を見掛ける事も…。どうしてこんな場所で〝お馬さん関連〟に多々遭遇するのだろう?と思い、調べてみました。すると『宝ヶ池公園』の中に騎馬隊の馬が生活をしている場所がある事が分かりました。その名も『京都府警察平安騎馬隊』です。お天気も良かったので行って来ました!

 

↓ 『鞍馬号』旧名アポロユウシャくんです。

f:id:kuksa:20170225154333j:plain

 

旧名とあるのは、ここのお馬さんたちは皆、中央競馬地方競馬で活躍をしていた経歴を持つのです。京都府警のホームページによると『鞍馬号』は中央競馬などで3勝しているとの事。どの馬にも〝~代目~号〟と表示されているので、ここで付けられる新しい名前は引き継いでいる様です。

 

↓ 訪れた時、ちょうど『鞍馬号(くらまごう)』がお世話をして貰うタイミングでした。「ちょっと前へ出します」と言われ、見守っていると扉が開いて厩舎から出て来てくれました。

f:id:kuksa:20170225154413j:plain

 

スラッっと伸びた脚、力強くて何とも美しいです。「早く走りたい!」と言う様に蹄をコンコンと鳴らし、前へ前へ…とアピールする中「未だだよ」と言う様に体をポンポンとされ、大人しく待っていました。「良かったら触ってみますか?」と声を掛けて頂き、鼻筋の辺りを撫でなでしました。とっても温かかったです!

 

↓ 乗馬する為の馬具が順番に取り付けられます。先ずは脚から。

f:id:kuksa:20170225154511j:plain

 

↓ いよいよ走り出しました!

f:id:kuksa:20170225154557j:plain

 

↓ やはり、走っている姿がカッコイイです。お世話をして乗馬をされている方も警察官との事。ホームページによると、ここで働きたい場合は、京都府警察の採用試験に合格して…と書かれています。

f:id:kuksa:20170225154645j:plain

 

他に5頭、全部で6頭が生活をしています。灰色っぽい『芦毛(あしげ)』の子は『鞍馬号』1頭で他は、黄褐色で茶色の『栗毛(くりげ)』の子が3頭、茶色っぽい『鹿毛(かげ)』の子と焦げ茶色の『黒鹿毛(くろかげ)』の子が1頭ずつでした。残念ながら、厩舎の中が少し暗かったので、写真を撮ったものの茶系の5頭は写りが悪かったです。

 

↓ 比較的、見やすく撮れたのが『笠置号(かさぎごう)』旧名ワンダージョイアくんです。中央競馬で32戦2勝後、兵庫県の乗馬クラブを経て入隊したそうです。

f:id:kuksa:20170225154721j:plain

 

京都府警察平安騎馬隊』の歴史は、大正10年2月7日に始まり、昭和初期には50人程の騎馬警官がいらしたそうです。と言う事は、1人1頭と考えると50頭程度の馬が居たのでしょう。ただ、戦後になると自動車の普及により、騎馬隊も消滅してしまったのですが、平成5年3月に当時の京都府知事より〝平安京遷都1200年記念事業〟として提案され、平成6年2月に『京都競馬場』を拠点に『京都府警察騎馬隊』が創設されたとの事です。現在の場所に移って来たのは平成9年10月、なので随分前からあったにも関わらず気が付いていなかったのです!知らないなんて勿体ない事をしました…。

 

↓ 厩舎の前には〝お馬さんとのこうつうあんぜんのおやくそく〟パンフレットやスタンプがあります。

f:id:kuksa:20170225154834j:plain

 

そして、気になるのが黄色いテープです。刑事ドラマ等で事件が発生した際に規制線をはる際のテープがあちこちに使用されています…。進入禁止や順路を指示する為に張り巡らされているのですが、妙にドキドキしました。交通安全の約束が書かれているのも当然で、騎馬隊のお仕事はパトロールやパレードが主です。有名な物では『葵祭』や『時代祭』の先導があります。身近な物では、小学校の通学路にて騎馬パトロールをされているそうです。きっと、私が見掛けたのはそれらのお仕事の前後だったのだと思います。

 

↓ ゲートには『京都府警察平安騎馬隊』の文字と共に開門時間が貼られています。

f:id:kuksa:20170225154906j:plain

 

ここでは、毎日10~16時の間、自由に見学が出来ます。事前申し込みをすれば、体験騎乗もさせて頂けるそうです。日常生活の中で日々京都の良さを感じる事が出来ますが、パトロールに騎馬隊…これも京都らしさの1つの様に思いました。

 

↓ ゲートの横で休む猫ちゃんは『シャムネコ』的な雰囲気が…。

f:id:kuksa:20170225160726j:plain

 

ふと「顔の黒っぽいこんな猫ってシャムネコだった気が…」と思い、念の為…と『シャムネコ』を検索して初めて知りました!日本に居るミックス猫の多くは『シャムネコ』の血を引いているのですね!昔、日本で大流行した事が背景にあるそうで驚きました。

 

↓ 「思ったより沢山居たね~」と騎馬隊の感想を言いつつ歩いていると、鳥の影が見えました。見上げてみると『アトリ』の姿を発見。

f:id:kuksa:20170225161139j:plain

 

集団で飛び回っていると、1羽が飛ぶと全部が一斉に飛び立ってしまうので中々ゆっくり見学できない『アトリ』ですが、今日は2羽しか居なかったので、1羽がゆっくり姿を見せてくれました。ですが、今日は野鳥観察を目的にしていなかったので、野鳥観察に必要な双眼鏡も望遠レンズのカメラも持ち合わせていませんでした…。

 

今日は、親子3人でお馬さん見学に出掛けました。ベビーちゃんも綺麗なお馬さんに興味津々。目をぱっちり見開いてご機嫌で見入っていました。

最近のベビーちゃんの様子ですが、中々やんちゃです。パパと一緒に遊んでいると「痛っ!」と言う声が頻繁に聞こえます。勿論、この声の主はパパです。生えてきた歯で指を嚙まれるだけで無く、自由に動かせる足で蹴りを入れられてプロレス技を掛けられるのです。昨日も、いつもより大きな声で「痛っ!」と聞こえ、何事?と思い様子を見ると眼鏡がずれる程、蹴られて居ました。旦那さんを助ける前に思わず写真を撮りました…。ごめんね、です。。。

 

では、今日はここまで。

西陣のカフェと焼菓子。

昨日は、お昼前に友達と待ち合わせて『晴明神社』に訪れましたが、午後は西陣周辺のカフェと焼菓子屋さん巡りをしました。『晴明神社』のある堀川今出川から一条通を抜けて千本今出川上七軒の辺りです。「どこかでお茶をしよう」と言う話になったものの、目的にしたカフェ『さらさ西陣』は定休日でした。ここも、古い銭湯を改装したレトロなカフェで人気なのです。「じゃあ、どぉする?」と友達が携帯で検索してくれました。「ここが人気の様だけど…」と調べてくれたのが『CAFE1001(カフェいちまるまるいち)』です。名前は聞いたことがあり、携帯に表示された地図を見ると、一条通を西へ向かう…と分かり「大丈夫。分かる!行けるわ~」と早速向かいました。無事到着。

 

↓ そして注文したのが何と〝チョコミントパフェ〟です!!!

f:id:kuksa:20170223012215j:plain

 

私の好みを知っている人なら驚く事、間違いなしです。私の大好物の1つにアイスクリームがありますが、そんな中で唯一興味がない、正しくは嫌いなアイスクリームがチョコミントなのです。でも、メニューに「チョコミントが嫌いな人にこそ試して欲しい」と書かれています。内心「あの〝歯磨きアイス(←チョコミント)〟はどうしたって歯磨きアイスだ!」と思いつつも気になって注文してしまったのです。友達も驚いていました。その結果は…びっくり!めっちゃ美味しい!!!なのです。歯磨き感が全く無く、爽やかなミントの香り。良い意味で大きく期待を裏切られました。後程知ったのですが、ここのチョコミントパフェ、とても人気で全国から食べに来られる程に有名なのだそうです。友達の〝春限定 桜とラズベリーのタルト〟も桜の香りが重厚な一品でした。

 

↓ 私たちは手前のテーブル席でしたが、座敷もあります。また、お手洗いは奥に抜けた場所で、町家らしい感じです。

f:id:kuksa:20170223012450j:plain

 

↓ 絵本や映画のポスターが貼られています。また、足元には昔懐かしいタイプと新しいタイプのストーブが置かれていました。暖かいです。

f:id:kuksa:20170223012528j:plain

 

ホームページを見ると、ランチの時間にパフェのみを注文すると40分はお待たせする事がある、営業中は電話に出られません等と書かれ、ちょっと気難しい感じはあるものの、チョコミントの美味しさに気付かせて貰った初めてのお店となりました。

 

↓ 外観。

f:id:kuksa:20170223012417j:plain

 

また、同じ一条通沿いに可愛らしい暖簾のお店がありました。『キャット アパートメント コーヒー』と言うのだそうです。案内を見てみると、階によって営業形態が異なり、普通のカフェと猫カフェをされているとの事。

 

↓  中学生迄は普通のカフェのみしか利用出来ないので、ベビーちゃんが一緒のうちは当分ご縁が無さそうです。

f:id:kuksa:20170223012604j:plain

 

カフェでの休憩もそこそこに切り上げ、焼菓子屋さん巡りをスタートです。京都で最も有名な焼菓子屋さんと言っても過言ではないお店と言えば…

 

↓ 『坂田焼菓子店』です。

f:id:kuksa:20170223012647j:plain

 

白とブルーの可愛らし店構え。ドアを開けて中へ入ると…しーん。。。静かです…。営業中とは思えない静寂ぶりで、友達と話す声もヒソヒソと。悪い事は何も言っていませんが、絶対に大きな声(普通の声)で話せる空間ではありません。お店のお姉さんも物静かな方でした。

 

↓ キャロットケーキが買いたかったのですが、この日は見当たらず、そして「ありますか?」とも聞けず…クッキーのみ数枚購入しました。

f:id:kuksa:20170223012724j:plain

 

↓ 大きめサイズのクッキーやスコーンが並んでいます。

f:id:kuksa:20170223012757j:plain

 

友達と共にお店を出るなり「静かやった~!」と言いつつ、次へ向かいました。そして、その次となったのがこちら。

 

↓ 全く予定していなかったのに偶然通り掛かって気になったお店です。フランスの国旗が印象的な『Pâtisserie café 3ème(トワズィエム)』です。

f:id:kuksa:20170223012833j:plain

 

何故気になったのか…それは、お店の外にカヌレを販売していると書いた看板があったからです!実は、旦那さんはどんなお菓子でも大好きなのですが、パサパサするお菓子、クッキー等がちょっと苦手です。「口の中の水分を奪われる…」と嫌がります。反面、しっとりとしたお菓子は大好きで中でもカヌレは大好物なのです。

 

↓ カヌレは大小2種類あります。

f:id:kuksa:20170223012910j:plain

 

↓ 写真には、大サイズしか写っていませんが、購入したのは勿論、大サイズ!!!

f:id:kuksa:20170223013056j:plain

 

帰宅後に食べてみました。今回購入した焼菓子類の中でどれよりも美味しかったです!旦那さんも「美味しい!」とご機嫌。外がパリパリで中はもっちりしっとりです。

 

↓ 他のお店でも買ったから…と、今回はカヌレ以外のお菓子の購入を見合わせましたが、大失態!絶対に他のお菓子も美味しいと思います。機会があれば、次回は色々と買い占めたいと思います。

f:id:kuksa:20170223012951j:plain

 

しかも、友達は必要分を買っていた様で、こちらでは何も購入していませんでした。ここでご報告「美味しかったよ~」と。きっと、これを見て「買えば良かった…」と思うのでは無いかと思います。

最後にご紹介するのは、『晴明神社』近くの焼菓子屋さん『OHAYO biscuit(オハヨービスケット)』です。

 

↓ ビスケットの形をした看板が素敵です!!!

f:id:kuksa:20170223013130j:plain

 

↓ パウンドケーキ類は1本丸ままとカットした物、どちらも販売されています。

f:id:kuksa:20170223013211j:plain

 

↓ 友達は「クリームパンを買った」と言っていたので、きっと写真右下の〝ブリオッシュのクリームパン〟を購入したのだと思います。

f:id:kuksa:20170223013249j:plain

 

↓ 1種類当たりの数はそう多くありません。

f:id:kuksa:20170223013325j:plain

 

本当は、ここでもキャロットケーキを買いたかったのですが、売り切れでした。見た目がとても良い感じのキャロットケーキがあるのですが、残念です。何度も〝キャロットケーキ〟の文字が出て来ていますが、私はキャロットケーキが大好きなのです。学生時代に友達と卒業旅行で東欧を中心に周遊しました。その際、ドイツのベルリンで食べたキャロットケーキが美味しくて美味しくて。それ以来、キャロットケーキがあると聞けば必ず注文してしまうのです。海外では頻繁に見掛けるキャロットケーキ、日本ではあまり見掛けないのが寂しいです。その時に一緒だった友達も今回の友達でした。「卒業旅行だ!」と称して何度か旅行に出掛けましたが、その内の1回、東欧周遊は今でも鮮明に覚えています。

 

少し話が逸れましたが、今日は西陣周辺のカフェと焼菓子屋さんについてでした。

では、また。